SUBARU BRZ FANCLUB CLUBREEZE

CLUBRZ on Social

  • Facebook
  • Twitter

Tokyo Motor Show 2013 SUBARU Booth Review

2013年11月30日

12月1日に幕を閉じた「東京モーターショー 2013」。スバルブースのコンセプトは「SUBARU TOURS」。“その先の安心と愉しさ”を体感することのできるブースとなっていた。 今回は、東京モーターショーに足を運べなかった方や、混雑していてゆっくり見学できなかった方のために、東京モーターショー スバルブースを徹底紹介しよう。

■ レヴォーグ 1.6 GT EyeSight クリスタルホワイトパール

LEVORG ZONE(レヴォーグ ゾーン)向かって右側の白いレヴォーグが、1.6L エンジンを搭載したベースグレード。燃費に貢献する空力を考えた17インチホイールや、メッキタイプのヘッドランプべゼル、フロントグリルに注目。ベースグレードでありながら、レヴォーグのクオリティの高さを感じることのできる1台だ。

 

レヴォーグ 1.6 GT-S EyeSight スティールグレーメタリック

スバルブースの中央に位置するステージには1.6L の上級グレード、1.6GT-S EyeSightを展示。スポーティな18インチホイールやブラックのヘッドランプべゼルが精悍な印象だ。背面にある大型スクリーンと連動してデモンストレーションもおこなわれた。デモンストレーションの様子はすでに公開中のプレスブリーフィングの動画からも確認できるので、要チェックだ。

レヴォーグ 2.0 GT-S EyeSight ギャラクシーブルー シリカ

レヴォーグゾーン右手にあるブルーのモデルが、最上級グレードの2.0GT-S EyeSightだ。ビューイングギャラリーからはレヴォーグを様々な角度から見ることができるほか、実際に運転席に座ることのできるLEVORG試乗体験もおこなわれた。

■ 1.6L 水平対向4気筒 直噴ターボ DIT エンジン 展示 レヴォーグに搭載される、新開発1.6L水平対向エンジンのカットモデルを展示。エンジン直下に配置されたタービンやエンジン内部も忠実に再現されていた。

FORESTER  X-BREAK(フォレスター エックス ブレーク)

SUVゾーン左手には、フォレスターをベースに、アウトドアでの使いやすさをさらに高めた特別仕様「X-BRAEK」が展示されていた。エクステリアにはホイールアーチモールが追加されているほか、インテリアでは撥水シートや防水ラゲッジが装備されている。

XV HYBRID(XV ハイブリッド) サテンホワイトパール

SUVゾーン中央には、人気のXV ハイブリッドも展示。サテンホワイトパールのボディカラーにオプションのルーフレール装着モデルを展示。

CROSS OVER 7 CONCEPT(クロスオーバー セブン コンセプト)

7人乗りでもアクティブにアウトドアを楽しめる新発想のクロスオーバー。エクステリアには専用のフロントグリルや専用バンパーを与え、よりアクティブなイメージとなっている。タンレザーを使用した個性的で上質なインテリアにも注目が集まった。

BRZ Premium Sport Package(BRZ プレミアム スポーツパッケージ)

MOTOR SPORTS/BRZ ZONEには、BRZの特別仕様車 Premium Sport Package(プレミアム スポーツパッケージ)STI パフォーマンスパッケージ装着モデルを展示。STIパフォーマンスパッケージは、フロントアンダースポイラー、スカートリップ、サイドアンダースポイラー、リヤサイドアンダースポイラー、フレキシブルタワーバー、フレキシブルドロースティフナーをセット。さらに「STI Performance」エンブレムも装着。大人の上質なスポーツカーに、STIパフォーマンスパッケージが装着されたBRZは会場でも注目を集めていた。

BRZ GT300

2013年シーズン、ついに悲願の初優勝を果たしたBRZ GT300がモータースポーツ/BRZゾーンに展示されていた。 ステージにはBRZ GT GALS「BREEZE(ブリーズ)」も登場した。

■SUBARU VIZIV EVOLUTION CONCEPT(スバル ヴィジブ エボリューション コンセプト)

東京モーターショー2013でジャパンプレミアとなったヴィジブ エボリューション コンセプト。1.6L 水平対向4気筒 直噴ターボにプラグインハイブリッドシステムを組み合わせたコンセプトカーだ。

 

10日間に渡り開催された東京モーターショー2013。スバルブースではレヴォーグのワールドプレミアが話題となったが、他にも数々のコンセプトカーや参考出品車に注目が集まった。
BRZのシューティングブレークを感じさせるクロススポーツデザインコンセプトや、新発想のクロスオーバー7コンセプトなど、市販化に期待したいモデルにわくわくした方も多いのではないだろうか?

残念ながら足を運べなかった関西圏の方には、2013年12月20日(金)~12月23日(月・祝)の3日間にわたり、 インテックス大阪にて第8回 大阪モーターショーが開催されるので、そちらにも足を運んでほしい。

現時点では詳細は不明だが、スバルブースの出展は決定しているので、こちらにも期待したい。

第8回 大阪モーターショー:http://www.osaka-motorshow.com/

(Text&Photo by 井元 貴幸)

 

 

【東京モーターショー2013】 スバルブース出展車両を動画でチェック!

2013年11月28日

2013年11月23日(土)より一般公開が始まった「第43回東京モーターショー2013」。二年に一度のクルマの祭典がお台場にある東京 ビッグサイトで開催されている。

スバルブースでは「SUBARU TOURS」というコンセプトで“その先の安心と愉しさ”を体感できるブースを展開。東京モーターショー2013でワールドプレミアとなった新型スポーツツアラー「LEVORG(レヴォーグ)」のほか、スバルが将来目指す技術の方向性を具現化した「SUBARU VIZIV EVOLUTION CONCEPT」、スポーツカーの走りとユーティリティを融合した「SUBARU CROSS SPORT DESIGN CONCEPT」などが展示されている。

今回は、東京モーターショー2013 スバルブースに出展されている主なモデルの動画を一挙にご紹介しよう。

■SUBARU プレスブリーフィング 東京モーターショー 2013

11月22日におこなわれたSUBARUブースでのプレスブリーフィングの模様をご紹介。「REVORG(レヴォーグ)」の登場する貴重な瞬間だ。

 

■【SUBARU】LEVORG World Premiere Concept Movie @東京モータ―ショー2013

レヴォーグのダイナミックでスポーティな走りと、メカニズムを紹介するコンセプトムービー。

 

SUBARU LEVORG 開発映像 25年目のフルモデルチェンジ

レヴォーグのコンセプト、開発の狙いなどを開発責任者である 熊谷 泰典PGMが解説。レヴォーグに懸ける意気込みを走りの映像と共に熱く語る。

 

SUBARU CROSS SPORT DESIGN CONCEPT 開発者インタビュー

スポーツカーの走りの愉しさと、SUVのユーティリティを融合した都市型SUV、SUBARU CROSS SPORT DESIGN CONCEPT(スバル クロススポーツ デザイン コンセプト)。デザインを担当した難波 治氏が開発コンセプトなどを紹介。

 

SUBARU VIZIV EVOLUTION CONCEPT 開発者インタビュー

東京モーターショー2013でジャパンプレミアとなったVIZIV EVOLUTION CONCEPT(ヴィジブ エボリューション コンセプト)。コンセプトとメカニズムを開発責任者の樋渡 穣氏が徹底解説。

 

スバルブースではほかにも、BRZ GT300や BRZ プレミアムスポーツパッケージSTIパフォーマンスパッケージ装着車など、全部で10台ものコンセプトモデルやプロトタイプ、特別仕様車が展示されている。
体感型ブースを展開しているスバル ブースに是非、足を運んでみてはいかがだろう?

東京モーターショー2013は月曜日から土曜日までは20時まで見学可能となっている。比較的空いている平日の夕方も狙い目だ。

当日券のみの販売となるが、15時以降入場可能なアフタヌーン券(一般1300円・高校生400円)、18時以降入場可能なナイター券(大人500円・高校生200円)も好評発売中だ。

(Text by 井元 貴幸)

 

CLUBRZ in TGRF2013 イベントレポート

2013年11月13日

■11月10日(日)静岡県にある富士スピードウェイにて、今年もTGRF(Toyota Gazoo Racing Festival)が開催された。今年からは入場料が無料となり、例年以上に多くのクルマ好きが各地から詰めかけた。

■TGRF2013最初のプログラムは「世界最大の86/BRZパレードラン」。実に608台ものBRZ/86が富士スピードウェイの国際レーシングコースを埋め尽くした。

■パレードランの先頭は辰己 監督の乗るBRZ tSと、トヨタ自動車の多田チーフエンジニアの乗るオープンの86。その後ろには86/BRZRace参戦車両、一般参加車両と続いた。

■最後尾はパナソニックコーナーまで及び、先頭からは最後尾がどこまで伸びているのか全く見えない状態。

■写真では伝わり切らない世界規模のパレードランを収めた動画がコチラ。ラジコンによる空撮は迫力満点だ。

■昨年に引き続き、今年もCLUBRZではブースを出展。お馴染みのCLUBカーをはじめ、話題のBRZ tSやWRX STI tS TYPE RAも展示された。

■CLUBRZブースの目玉は、ニュルブルクリンク24時間レースで活躍したWRX STIの車両解説とCLUBRZ 部長 河口まなぶと辰己 英治監督によるトークショーだ。

レースマシンのドライブフィールや市販車両に活かされている部分の話など、興味深い内容に詰めかけたファンも聞き入っていた。

■トークショー終了後はニュルブルクリンクを走ったWRX STIの撮影タイムも設けられた。普段近くで見ることのできないレースマシンのコックピットを間近で撮影できるとあって、ファンも大興奮の撮影タイムであった。

■会場内ではチューニングメーカーの出展、物販もあり、BRZのデモカーも多数展示されていた。

■レーシングコースでは様々な体験型イベントが実施され、サーキットタクシーにはBRZ tSも登場。ドライバーを務めたのは部長の河口 まなぶだ。

■パドックでは来場者によって優秀車両を決める「愛車自慢コンテスト」も開催。カスタムカーや旧車など200台を超えるクルマが集結した。

■CLUBRZでは恒例のじゃんけん大会も開催。ニュルブルクリンク・エキシビジョンレースに参戦するWRX STIをピットから見送り、BRZ tSの車両解説も開催された。

■今年はあいにくの空模様となってしまったTGRFであったが、よりパワーアップした充実のプログラムで存分に愉しめたのではないだろうか。また来年もBRZファン、スバルファンも楽しめるイベントとして開催されることを愉しみにしたい。

(Text&Photo by 井元 貴幸)

 

富士スバル太田店オープニング記念ミーティングレポート

2013年11月6日

■11月4日(月・祝)、群馬県の富士スバル太田店がリニューアルオープン記念のグランドオープンフェアを開催した。ここにCLUBRZもジョイントし、クラブとしては群馬県初開催のミーティングとなった。

 

■太田店は富士スバルの旗艦店舗で、ショールームには実に14台もの展示車が並ぶ規模を誇る。全国的に見てもこれだけのスバル車を一度に展示できるのは太田店ならではだ。

 

 

■かつてから太田店の特徴であるSTIカフェもリニューアル。広々とした空間とオープンテラスで、作業の待ち時間等を過ごせる。今回はSTIカフェのオープンテラスで様々なステージイベントが行われた。

 

 

■また今回は数多くの協賛ショップも出展。クスコ、シムス、ゼロスポーツ、プローバのBRZのデモカーが太田店に集結した。そして我らがCLUBカーも展示した。

 

 

■他にもレガシィ10万キロ世界速度記録車や、新井選手が実際にラリーで使用したグループR4 WRX STIなど貴重なマシンの展示も行われ、スバルファンにとっては嬉しいイベントとなった。

 

 

■さらに今回のイベントではBRZ tSの試乗が行なわれたのが最大のトピック。実際にステアリングを握ったBRZオーナーに聞くと、「価格やスペックだけではわからないtSならではの乗り味走り味に感動しました。大径ドライブシャフトの効果が大きくて驚いた!」とのこと。こうしてなかなか体験できないtSの試乗会は大盛況となった。

 

 

■ステージイベントではご当地アイドル「Otan43」が駆けつけ会場は大盛り上がりとなった。「Otan43」は太田市を盛り上げ、ニッポンを元気にするご当地アイドルユニットとして3か月前に結成。ユニットメンバーの選考や練習、育成にはテレビでも活躍中のモノマネタレント「ざわちん」さんが応援リーダーとして参加している。今回のイベントでは新曲を披露した他、来場者とのコミュニケーションをかねた振り付け練習やじゃんけん大会を行なった。

 

 

■そしてトークショーではニュルブルクリンク24時間レースのエースドライバーである吉田 寿博選手と、ERC(ヨーロッパラリー選手権)で活躍中の新井 敏弘選手が駆けつけ、MCにはCLUBRZ部長の河口 まなぶが登場し、爆笑トークを繰り広げた。

 

 

■トークショーのなかでは富士スバル太田店長 須長 隆則氏と新井 敏弘選手が同級生であることが発覚。新井選手と須永店長のかけあいも見ることができた。

 

 

■また会場には新井選手の息子さんで、APRCなど国際格式ラリーにも参戦中の新井 大輝選手も駆けつけ、アライモータースポーツのアピールなどを行っていた。

 

 

■今回のイベントにも沢山のCLUBRZメンバーが各地から駆けつけてくれた。

 

 

■恒例のじゃんけん大会では協賛ショップの豪華賞品に加え、富士スバル 太田店からたくさんの賞品が協賛され、BRZ用のインテリアパネルをはじめとした豪華賞品をかけ大盛況となった。

 

 

■じゃんけん大会には地元群馬テレビで放送中の富士スバル提供番組「レッツゴーカースポット」の人気コーナー「Dr.スダのカーライフアドバイス」に出演中のDr.スダとホシノ君も登場。

 

 

■今回のイベントでは、CLUBRZミーティングに参加した県外のユーザーと、地元の方々がコミュニケーションできるイベントとなった。富士スバル 太田店はリニューアルして広大なショールームやカフェが新しくなっただけなく、スタッフの細かい心配りやナンバー読み取りシステムなどの最新の設備など、全国のスバル販売店のベンチマークとなるような店舗となったのだ。

富士スバル オフィシャルWEBサイト:http://www.fujisubaru.co.jp/

Otan43:オフィシャルWEBサイト:http://otan43.com/

(Text&Photo by 井元 貴幸)