SUBARU BRZ FANCLUB CLUBREEZE

CLUBRZ on Social

  • Facebook
  • Twitter

2014 BRZ/SUBARU NEWS Review

2014年12月31日

2014年も残すところあとわずか。年次改良をはじめ、イベントの開催など今年もいろいろな話題を提供してくれたBRZ。そこで2014年の締めくくりに、BRZとスバルにまつわるニュースや出来事を振り返ってみた。

■1月

■東京オートサロンにてCLUBRZがブース出展

国内最大規模のカスタマイズカーの祭典「東京オートサロン2014」に、今年もCLUBRZからクラブカーをはじめ数多くのBRZを出展。昨年に続きBRZ/86のカスタマイズカーが多数出展された。

SUBARU]/STIブースでは2014年のモータースポーツの新体制発表なども行われたほか、レヴォーグのカスタマイズバトルなども開催され、大盛況となった。

東京オートサロン2014 BRZ出展車両全車紹介 Part1:http://clubrz.jp/article/?p=2157

 

■2月

■新型「レガシィ」を2014年シカゴオートショーにて世界初公開

米国シカゴオートショー2014にて、新型「レガシィ」(米国仕様車)を世界初公開した。

新型レガシィは1989年の初代レガシィ誕生から25年を経て6代目のモデルとなる。レガシィの歴代モデルは四半世紀にわたり一貫して、フラッグシップモデルにふさわしい価値と存在感を追求してきた。6代目レガシィでは、その想いを受け継ぎ、今まで築いてきた信頼関係をより一層強固なものとするため、走りや環境性能、新型アイサイトやスバル初となる後側方視界支援機能といった安全性能などの機能価値にとどまらず、デザインや質感といった情緒価値においてもその本質を磨き上げ登場した。

 

■3月

■CLUBRZミーティング@Tipo OverRev Meeting2014開催

昨年に引き続き、今年もTipo OverRev MeetingとジョイントしたCLUBRZミーティング@Tipo OverRev Meeting2014が開催された。 3月30日に千葉県にある袖ヶ浦フォレストレースウェイで開催されたこのイベントは、CLUBRZ専用の走行枠も設けられた。この走行枠には、事前の応募により決定したBRZ 22台、トヨタ86 1台、レガシィ 1台の計24台と、クラブカー、河口部長のドライブするBRZ tSの計26台が走行。   当日は雨と強風に見舞われた大荒れの天候となったが、参加者が楽しめるプログラムが数多く催された。

CLUBRZミーティング@Tipo OverRev Meeting2014イベントレポート:http://clubrz.jp/article/?p=2670

 

■4月

■BRZが一部改良

発売から2年が経過したBRZが、2回目の年次改良を行った。年次改良とは、一年毎に行われる部分改良のこと。この改良では新色のボディカラーや、スタイリッシュなシャークフィンアンテナのほかアクセスキーのデザインに至るまで細かい部分の変更によって、より魅力的なスポーツカーになったといえる。

B to C -スバルBRZがマイナーチェンジ-:http://clubrz.jp/article/?p=2851

 

■5月

■BRZ納車2周年記念オフin浜名湖開催

自動車専門SNSサイト「みんカラ」を中心にオフ会などの活動を活発に行っている「BRZ Owner’s Group」。 CLUBRZとのジョイントも積極的におこなっているこのグループでは5月3日から5月4日にかけてBRZ納車2周年記念オフin浜名湖が開催された。 関西地区をメインに活動するグループだが、関東をはじめとした地域のオーナー同士の交流と納車2周年を迎えたオーナーの記念を兼ねて静岡県浜名湖周辺でオフ会が開催された。

BRZ納車2周年記念オフin浜名湖レポート【オフ会編】:http://clubrz.jp/article/?p=2961

 

■6月

■SUPER GT 2014 第3戦オートポリスにて、BRZが2014シーズン初のポディウム獲得

6月1日(日)に大分県日田市のオートポリスにてSUPER GT第3戦の300kmレースが行われ、ポールポジションからスタートした#61 SUBARU BRZ GT300(佐々木孝太/井口卓人)は2位で表彰台に上がった。

 

 

■7月

■スバルBRZが米国IIHSの2014年安全評価で「トップセイフティピック(TSP)」を受賞

北米地区で2014年型SUBARU BRZ1が、IIHS(道路安全保険協会)が行う最新の2014年の安全性評価において、「トップセイフティピック」を受賞した。この受賞により、IIHSの2014年安全評価において、スバルの7車種が受賞したことになります。

 

■8月

■CLUBRZミーティング@86 Style with BRZ 2014開催

富士スピードウェイで開催された86 Style with BRZ。このイベントは、トヨタ AE86のオーナーイベントとして十数年以上前から開催されてきたイベントを起源とするもの。2010年から富士スピードウェイの主催となり、昨年からは名称を86style withBRZに変更し、86の兄弟車であるBRZも対象としたイベントとなった。CLUBRZでは昨年に引き続きブース出展や、じゃんけん大会などを開催。さらに今年はパワーアップして独自のイベント「G-circle Experience」を開催した。

CLUBRZミーティング@86 Style with BRZ 2014イベントレポート:http://clubrz.jp/article/?p=4029

 

■9月

■富士重工業 スバルビジターセンター見学者数 100万人達成

スバルの見学施設「スバルビジターセンター」の見学者数が100万人を達成し、記念式典が開催された。スバルビジターセンターは、群馬県太田市にある富士重工業群馬製作所矢島工場内に設置されている見学施設のことで、富士重工業の創立50周年記念事業として2003年7月15日に開設された。施設内にはスバル360をはじめ数多くの貴重なスバルの名車などを展示。工場見学とセットで見学が可能だ。

見学者100万人を突破した スバル・ビジターセンターの名車を紹介【Part1】:http://clubrz.jp/article/?p=4182

見学者100万人を突破した スバル・ビジターセンターの名車を紹介【Part2】:http://clubrz.jp/article/?p=4199

 

■10月

■SUPER GT Rd.7パブリックビューイングが開催

恵比寿の新ショールーム、二回目のイベントとして開催されたのが、SUPER GT Rd.7パブリックビューイング。当日は台風の影響による悪天候にも関わらず、多くのBRZファンがつめかけた。ゲストにはCLUBRZ部長の河口 まなぶも参加。来場者とともにSUBARU BRZ GT300を応援したほか、BRZの魅力やR&D SPORTチームの裏話等を語った。現地タイとのスカイプ中継や限定グッズが当たるじゃんけん大会も行われた。

 

■11月

■TGRF2014に今年もCLUBRZがブースを出展。

11月23日(日)静岡県にある富士スピードウェイにて、今年もTGRF(Toyota Gazoo Racing Festival)が開催された。CLUBRZでは昨年同様SUBARU/STI CLUBRZブースを展開。トークショーやじゃんけん大会など、様々なコンテンツで盛り上がった。ブース前には話題のフォレスターtS CONCEPTをはじめ、新井 敏弘選手の駆る新型WRX STIのラリーカーや全日本ラリー選手権で見事クラス優勝を果たした鎌田 卓麻選手のBRZラリーカーも展示。もちろん河口部長のBRZ tSも展示された。トークショーやBRZ GT300の整備デモンストレーションなど、コンテンツ盛りだくさんで昨年以上に盛況となった。

CLUBRZinTGRF2014 Event Report:http://clubrz.jp/article/?p=4341

 

■12月

■「KR」×「NEOPLOT」コラボレートモデル発売記念イベント開催。

12月13日、14日の2日間にわたり、東京スバル 立川店(Subaru Customize Shop 立川)にて、佐々木考太選手のブランド「KR」と株式会社プロトの4輪パーツブランド「NEO PLOT」のコラボモデルの発売記念イベントが開催された。イベントでは「NEO PLOT」以外にも「湾岸」・「柿本レーシング」・「オカダプロジェクツ」・「エンリッチ」・「ディクセル」といったスバル車のカスタマイズを得意とする6社による出展もおこなわれた。さらに12月14日には佐々木考太選手のトークショーや同乗試乗、さらに佐々木選手自らセレクトした豪華賞品を懸けたじゃんけん大会も開催された。

「KR」×「NEOPLOT」コラボレートモデル発売記念イベントレポート:http://clubrz.jp/article/?p=4406

 

今年は、SUPERGTでBRZが苦手と言われてきた富士スピードウェイでの優勝をはじめ、BRZがC型へのマイナーチェンジするなど数多くの話題をお届けした。スバル全体ではレヴォーグを皮切りに新型WRX、新型レガシィ、さらにSTIコンプリートカーのフォレスターtSの登場など、スバルファンにとっても忘れられない1年となった。CLUBRZでは会員数が1400名を突破!来年もBRZファン、スバルファンが楽しめるイベントやミーティングを積極的に開催していく予定だ。2015年も是非、CLUBRZにご期待ください。

(Text by 井元 貴幸)

 

「KR」×「NEOPLOT」コラボレートモデル発売記念イベントレポート

2014年12月23日

12月13日、14日の2日間にわたり、東京都立川市にある、東京スバル 立川店(Subaru Customize Shop 立川)にて、佐々木考太選手のブランド「KR」と株式会社プロトの4輪パーツブランド「NEO PLOT」のコラボモデルの発売記念イベントが開催された。

イベントでは「NEO PLOT」以外にも「湾岸」・「柿本レーシング」・「オカダプロジェクツ」・「エンリッチ」・「ディクセル」といったスバル車のカスタマイズを得意とする6社による出展もおこなわれた。

今回のイベントの目玉ともいえるのが、12月14日に開催された佐々木考太選手のトークショー。今シーズンのSUPER GTを振り返ったほか、自ら監督を務める86/BRZ Raceに参戦中の「KOTA Racing」の裏話なども飛び出した。

トークショーのなかでは、今回発売となったBRZ用「ダンパーキット」についての開発秘話なども語り、自らもBRZオーナーである佐々木 考太選手自身が「あったらいいな」と思えるものを開発したという。ダンパーキットの開発では標準モデルのBRZでテストした後、BRZ tSに装着した際に乗り味の違いなどによりセッティングにも苦労したそうだ。

もちろんBRZを知り尽くす佐々木 考太選手こだわりのセッティングにより、tS でも標準モデルでも気持ちの良い走りを実現しているとのこと。ストリートユースをメインで使うことの多いBRZオーナー向けに街乗り7:サーキット3の比率で開発されているそうだ。

 

トークショー終了後は佐々木 考太選手自らチョイスした豪華賞品を懸けたじゃんけん大会も開催。賞品にはサイン入りのグッズをはじめ、ダンパーキット装着車を佐々木選手がドライブする同乗試乗権も用意された。

 

そして、会場では発売記念イベントで、ダンパーキット購入第1号のBRZオーナーも登場!特典の限定ヘルメットバッグにその場で佐々木選手直筆のサインを入れてもらい、ダンパーキットの購入が忘れられない思い出となったことだろう。

 

今回発売となったのは佐々木考太選手がプロデュースするBRZ専用のストリート向け「ダンパーキット」。最適なドライビングポジションをサポートする「フットレストバー」。サーキットユーザー向けのグッズ「ヘルメットバッグ」の3点。いずれも佐々木考太選手が「もうちょっとこうなれば」と思ったものや、「こんなものが欲しい」と思い、プロデュースしたものばかりだ。

佐々木選手によれば、今後もBRZオーナーが「こんなの欲しかった!」と思えるパーツやアイテムを「KR」ブランドとしてリリース予定とのこと。

SUPER GTでBRZ GT300のステアリングを握り、86/BRZ Raceでは監督をつとめ、さらには愛車としてBRZを所有するBRZを知り尽くした佐々木選手。これからもBRZオーナーが喜ぶ逸品のリリースに期待大だ。

NEOPLOTEX(ネオプロテックス)4輪ブランドTOPページ:http://www.plotonline.com/car/neoplot/index.html

KR×NEOPLOT / コラボレーション企画、特設ページ:http://www.plotonline.com/car/neoplot/kr/index.html

(Text by 井元 貴幸 Photo by 雪岡 直樹・井元 貴幸)

 

「いよいよ冬本番!備えて安心冬用アイテムベスト5」

2014年12月21日

12月に入り、気温もグッと下がってきている毎日。BRZ限らず、クルマにとっても厳しい季節。

そこで、今回は冬に備えておきたいアイテムを紹介。なかでもオススメのものを5つピックアップしてみた。

■AUTO SOCK(オートソック)

冬場にぜひ備えておきたいアイテムのひとつがタイヤチェーン。特に今年関東を襲った大雪や、先日の爆弾低気圧などでは全国的に記録的な積雪を観測した。出先で突如の大雪でも簡単に取付けのできるオートソックなら、場所もとらずジャッキアップの必要もない。ぜひ雪に備えてBRZのトランクに常備しておきたいアイテムだ。もちろんBRZの標準サイズ【215/45R17・205/55R16】に対応したサイズも設定。

オートソック:http://www.tirechain.jp/autosock/index.html

 

■ブースターケーブル・牽引ロープセット

冬のトラブルで多いのがバッテリー上がり。夏の間酷使されたバッテリーが、気温が低い冬場に一気に弱まりバッテリー上がりを起こすケースが多い。万が一の際にはブースターケーブルが必須となる。カー用品店などでは牽引ロープなどがセットになったものも多く発売されており、スタック状態から脱出するのに使えるほか、ほかのクルマの救出にも使える。クレトムのレスキューセットには牽引フックを取り付ける際にバンパーのカバーを簡単に外せる工具も付属。前後ともカバーが装着されているBRZにおすすめのセットだ。

クレトム レスキューセット100【EA-13】:http://www.cretom.co.jp/winter_item.php?ctno=4-2

 

 

■ウインターブレード

降雪がはじまると、ワイパー本体が凍りついて視界不良となるケースがよくある。ワイパーブレードのスプリングが、フレーム金属部のすき間に入った水分が凍ることでワイパーの機能を果たさなくなるのだ。その点ウインターブレードはゴムがブレード全体をカバー。氷点下の中でも凍結することはない。
ウインタースポーツを楽しむオーナーはもちろん、降雪のおそれがある関東でもウインターブレードはオススメだ。ワイパーゴムにシリコンコートが施されているものであれば、ガラスの撥水も同時におこなわれ、雨天時でもクリアな視界を確保できる。

BRZのブレードは運転席側550mm、助手席側500mmとなるので、サイズや適合を確認してほしい。

 

 

 

 

■CCI(シーシーアイ) スマートエアー アロマティックデオドラント

冬場になると、やっかいなのが静電気。乗り降りの際にパチっと来るのは誰でも避けたいところ。カー用品店などでは、静電気を逃がすキーホルダーやクルマにつけるアンテナなど様々な静電気防止グッズが発売されている。

なかでもCCIのスマートエアーは除菌、消臭スプレーに静電気防止の機能を加えた優れもの。車内の消臭ついでに静電気を防止してみては?

CCI スマートエアー アロマティックデオドラント:http://www.smartmist.jp/air/index.html

 

■エックスマールワン 解氷撥水ジェット

氷点下になるとフロントウインドウやミラーについた水分が凍結。ウオッシャーではなかなか解氷できずイライラするオーナーも多いのではないだろか。こんな時に簡単に解氷することができるのが解氷スプレーだ。なかでもエックスマールワンの解氷撥水ジェットは霜や氷を解かすだけでなく、撥水成分を含むことで再凍結を防止するほか、高濃縮タイプなので外気温がマイナス40℃でも使用可能だ。

エックスマールワン 解氷撥水ジェット:http://prostaff-jp.com/index/index/page/detail/id/F-60.htm

 

ほかにも様々な便利アイテムが数多く存在するが、手ごろな価格や大きさで携帯しておけば、安心なアイテムを紹介した。もちろん、これからの季節、降雪地帯へのドライブやウインタースポーツをするオーナーにはスタッドレスタイヤや、バッテリーの点検をおすすめする。特に、登場から2年が経過するA型(2012/3月~2013/9月までのモデル)ではバッテリーなどが要注意だ。点検をしっかり実施して快適なウインタードライブを!

(井元 貴幸)

【告知】東京スバルSCS立川で佐々木孝太選手のブランド「KR」×「NEOPLOT」コラボレートモデル発売記念イベントを開催!

2014年12月5日

 

スーパーGTやニュルブルクリンク24時間耐久レースのスバルのドライバーとして活躍する佐々木孝太選手。その佐々木孝太氏のブランド「KR(ケーアール)」と(株)プロトの四輪パーツブランド「NEOPLOT(ネオプロト)」がコラボレート

 


第1弾として、佐々木孝太氏が想い描く理想のスバルBRZ専用のストリート向け「ダンパーキット」。最適なドライビングポジションをサポートする「フットレストバー」。サーキットユーザー向けのグッズ「ヘルメットバッグ」が発売される。

 

これを記念して12月13日(土)・14日(日)の2日間、東京スバル(株)スバルカスタマイズショップ立川にて「KR×NEOPLOT」コラボレートモデル発表・発売イベントを開催。イベント当日は、KR×NEOPLOTコレボレートモデル装着車両による体感試乗のほか、「GAZOO RACING 86/BRZ RACE」参戦車両の展示や佐々木孝太選手のトークショー(14日のみ)も行われる。

同日は、カスタマイズパーツメーカー6社による販売イベントも開催されておりクルマ好きには堪えられない2日間となるだろう。特にBRZを知り尽くした佐々木孝太選手のプロデュースする「ダンパーキット」はBRZオーナー必見だ。

もちろんKR×NEOPLOT KRダンパーキット装着車両の助手席試乗も用意されているので是非会場で体感してほしい。
◆◇◆ イベント内容 ◆◇◆
1.KR×NEOPLOTコラボレートアイテム発表・発売イベント
◆ レーシングドライバー佐々木孝太選手トークショー   スケジュール : 12月14日(日) 1回目 11:00~11:30 / 2回目 15:00~15:30
※トークショーは14日(日)のみ。
◆ GAZOO RACING 86/BRZ RACE 参戦車両(BRZ)の展示
◆ KR×NEOPLOT KRダンパーキット装着車両の助手席試乗
◆ KR×NEOPLOTコラボレートモデルの販売  ※本イベントでKRダンパーキットご成約の方には、佐々木孝太選手の直筆サイン入りKRヘルメットバッグをプレゼント。

2.カスタマイズパーツメーカー6社による販売イベント (参加メーカー)・ワンガン・カキモトレーシング・オカダプロジェクツ・エンリッチ・ディクセル・プロト

◆ プロトブースのイベント内容 ◆ ○ KR×NEOPLOT コラボレートモデルの販売 ○ BRZデモカー展示&試乗(KR×NEOPLOT KRダンパーキット装着車) ○ NEOPLOTEX Fエンジンオイルの特別企画販売 ○ 新製品展示、販売、取り付け ○ カスタマイズ相談&メンテナンス相談 ○ イベント当日のみの特典をご用意
◆ 当日販売を予定している商品 ◆ ○ KR×NEOPLOT(ケーアール×ネオプロト)KRダンパーキット、KRフットレストバー、KRヘルメットバッグ ○ NEOPLOT(ネオプロト)ライトウェイトプーリーシリーズ、アクセルペダルNEO、フットレストバーNEO、DDPサスペンションNEO、マスターシリンダーストッパーNEOなど ○ NEOPLOTEX(ネオプロテックス)F エンジンオイルシリーズ ○ DCUATRO(ディーキャトロ)グランドエフェクターGE1(フロント用) ○ SWAGE-LINE(スウェッジライン)スウェッジライン(ステンレスメッシュブレーキホース)

当日は、お買い得商品など用意されるとのこと。詳しくは、東京スバル(株)SCS立川の店頭まで。

日時 : 2014年12月13日(土)・14日(日)

場所 : 東京スバル(株) SCS立川

住所 : 東京都立川市富士見町7-37-25 CAR DO SUBARU 立川 内

TEL  : 042-524-1302
東京スバル(株) SCS立川 のホームページはこちらから

NEOPLOTEX(ネオプロテックス)4輪ブランドTOPページ:http://www.plotonline.com/car/neoplot/index.html

KR×NEOPLOT / コラボレーション企画、特設ページ:http://www.plotonline.com/car/neoplot/kr/index.html