SUBARU BRZ FANCLUB CLUBREEZE

CLUBRZ on Social

  • Facebook
  • Twitter

スポーツカーでも趣味を楽しめる!CLUBRZが提案する吸盤式キャリア

2015年1月31日

東京オートサロン2015では、SUBARU/STIブース以外にもBRZファンには外せない出展といえば、もちろん我らが「CLUBRZ」ブース。
今年も数多くのBRZファンやCLUBRZメンバーがブースを訪れ、大盛況とな った。

今年の出展はGAZOO 86/BRZ Race参戦車両と、お馴染みCLUBRZ クラブカーの展示が行われたほか、CLUBRZ部長 河口 まなぶがMCとなり、SUPER GT BRZ GT300ドライバーの井口 卓人選手、山内 英輝選手を迎えたトークショーも開催された。

CLUBRZブースを訪れた人々の注目を集めていたのは、走りを楽しむという価値だけではなく、生活を楽しむ相棒としてのBRZを表現したクラブカーだ。
クラブカーのBRZにサイクルキャリアを装着し、 スポーツカーでも幅広く趣味を楽しめることをアピールした。

BRZはスポーツカーでありながら、トランクスルー機構によりタイヤ4本と工具を搭載できる 積載性をもつことは皆さんご存知の通り。大人2名乗車であれば、タイヤを外せる自転車が車内に搭載できる。しかし自転車以外のアイテムも搭載することを考えると、キャリアを使用し、車外に搭載するのが理想的だ。

それをかなえるシステムキャリアなどは残念ながら国内の大手キャリアメーカーからは発売されていないのが現状だ。そこでCLUBRZが提案するアイテムが吸盤式のキャリアだ。

今回出展されたクラブカーに装着されているサイクルキャリアは、強力な吸盤でルーフやリヤウインドウ、トランクなどに簡単に装着できることが特徴だ。現在BRZ/86に対応したシステムキャリアが国内では正規発売されていない点も、オーナーなどから注目を集めたといえるだろう。

CLUBRZブースに展示されたキャリアは部長の河口 まなぶが アメリカのamazonでみつけたseasuckerというブランドのものだが、国内でもHOH CORPORATION(ホウ コーポレーション)という会社がオリジナルで製作したものが発売されている。HOH’S WORKSというブランドで販売されているUNIVERSAL-BIKE-01 汎用型サイクルキャリアには、米国Powr-Grip社のバキューム吸盤を使用。

Powr-Grip社は、1960年代からガラス運搬用の吸盤式工具などを発売している ”吸盤界のパイオニア”ともいえるメーカーだ。この信頼性の高いバキューム式吸盤にアルミパイプを組み合わせたキャリアはBRZ/86以外にも、キャリアの設定されていないスポーツカーオーナーなどから支持されている。

このホウコーポレーションの吸盤式キャリアはAmazonで購入が可能。価格は3万2400円で販売されている。もちろんホウコーポレーションの通販サイトからも購入が可能で、メーカーとの密接なコンタクトが取れるホウコーポレーションの通販サイトからの購入がオススメだ。

紹介画像にはBRZに装着されている画像もアップされている。ほかにも20kgまで対応できるトランクキャリアなども発売されているので、こちらも要チェックだ。いずれも受注生産となっているが、注文から1週間で手元に届く素早さもオーナーにとっては嬉しい対応だ。

ちなみにCLUBRZ のFacebook公開グループにも、吸盤式キャリアを装着している画像がアップされている。実際にBRZ tSでホウコーポレーションの吸盤式キャリアを使用している染谷さんにお話しを伺ってみた。

実際に使用してみての感想をお聞かせください

染谷さん:「着脱が非常に便利であることです。吸盤式なので、固定するときは、空気を抜くだけでしっかりと固定されます。外すときは、逆に抜くだけで外せます。ここが購入のきっかけでした。やはり、BRZ はかっこよさが売りなので、無骨なキャリアーを乗せたままは妻にも大反対され、自転車を一台しかトランクに入れられなく。。。しかし、これは、私でも妻でも簡単に扱えるものでした。使わないときは外してしまえば、いつものルックスに戻ります。使うときは、トランクから出せばオッケーです。」

ここがもう少し改善されたらいいな。という点はありますか?

染谷さん:「やはり吸盤式のため、横G がかかるとやや心配です。自転車を積んでるときに、そんなにG をかける乗り方はしませんが、その辺りの対策がされると本当に安心ですね。あと、やはり、吸盤なので、車内から緩んだことが分かるような仕組みがあると最高です。そんなにるゆるみはしないのですが、購入の際は、そこが一番心配になる部分なので」

やはりBRZオーナーは、キャリア装着時もその美しいフォルムが崩れてしまうことが気になるようだ。しかし、実際に使用した感想としては、やはり吸盤式の手軽さと、BRZでも自転車を2台搭載できるところが決め手となっているようだ。

今回はさらに、発売元であるホウ コーポレーションの代表取締役 久保田 要さんにも商品の特徴などをお聞きした。

装着車両をBRZと限定した場合には、それほど調整は必要ありません。ただし、このキャリアはあくまで「汎用型」を謳っておりますので、吸盤の位置はご自分の車両の形状に合わせて位置決めしてください。

河口様が入手された米国製のものは、フレームが1体型であることでスタイリングは抜群なのですが、フレームがABS(強化プラスチック)であり、尚且つ吸盤が固定式の為、車両のいろんな部分のカーブ”R”に対応しているようで、できておりません。BRZのリアガラスに吸着させた場合に、時間の経過ではがれてきたという報告を受けています。ABSフレームはある程度「弾力」があるので、車両のカーブにあわせることができるのですが、その「反発力」が吸盤を剥がす方向に働くのが原因と思われます。

しかし、当社の製品の場合は、 フレームにアルミパイプをあえて使用することで剛性を確保した上で、

①吸盤の位置の微調整を可能に
②十字型の形状で、フレームの角度の調整を可能に
③吸盤とフレーム部の連結部で、吸盤自体の角度調整
と3段階の調整ができるようにしており、これが大きな特徴でもあります。

また吸盤と吸盤用ブラケット以外は、簡単に手に入るパーツを使用しておりますので、万が一破損した場合でも、非常に安価で修復できます。
アップデート要素として、3段階を用意しております。

①オリジナルカラーで製作することができます。 カラーリングは3Mのカーラッピングシートを使用していますので、その範囲内でオリジナルのカラーでの製作が可能です。 基本は、ブラックカーボン調のシートで製作しておりますが、画像のようにカラーリングすることもできます。例えば、SUBARU BRZのイメージカラーである「ブルー」や 「ホワイトカーボン」など。

②バイクのフロントフォーク固定金具を、標準のDELTA製から キー付きのYAKIMA製にすることもできます。

③リアタイヤホルダーも通常のベルクロベルト仕様から、YAKIMA製のプラスチックストラップ仕様にすることもできます。

オーダーメイドにも対応してくれるホウ コーポレーションの吸盤式キャリアは、趣味のギアをBRZとともに楽しむ夢を広げてくれる画期的なアイテムといえるだろう。

(Text by 井元 貴幸・Photo by 井元 貴幸・染谷剛史・ホウ コーポレーション)

ホウ コーポレーション:http://www.hoh.co.jp/products/index.html

ホウ コーポレーション 通販サイト:http://www.hoh.co.jp/shopping/index.html

Amazon: HOH’S WORKS UNIVERSAL-BIKE-01 汎用型サイクルキャリア 受注生産

TOKYO AUTO SALON2015 SUBARU/STI Booth Review 【Part2】

2015年1月27日

前回に続き、千葉県千葉市にある幕張メッセにて世界最大級のカスタムカーのイベント「東京オートサロン2015withNAPAC」でSUBARU/STIブースに展示された主なモデル、特にモータースポーツ参戦車両を中心に紹介しよう。

■BRZ GT300

BRZファンには見逃せないマシンといえばこのBRZ GT300。今シーズンもSUPER GTに参戦するスバルはBRZの戦闘力をさらに高めてレースに挑む。2015モデルはタイヤサプライヤーをダンロップへ変更したことがトピックだ。ドライバーは昨シーズンから引き続き井口 卓人選手がステアリングを握るほか、新たに山内英輝選手を起用。シリーズチャンピオンを狙う。

■SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE2015

スバルのモータースポーツで外せないレースといえばニュルブルクリンク24時間レース。昨年と同じくWRX STIをベースに空力、サスペンション、車体剛性、エンジン出力といった各部を改良。最高出力340ps、最大トルク47kgmを発揮するEJ20エンジンを搭載し、STIのノウハウを惜しみなく注いだセットアップで、チーム一丸となってクラス優勝奪還を目指す!今シーズンはドライバーに佐々木 孝太選手、マルセル・ラッセー選手、カルロ・ヴァン・ダム選手に加え、2014年VLN(ニュルブルクリンク長距離選手権)チャンピオンであるティム・シュリック選手を新たに起用した。

■SUBARU WRX STI 全日本ラリー参戦予定車

WRX STIで世界を舞台に戦ってきたラリードライバー新井 敏弘選手が今年も全日本ラリーに参戦。今シーズンは新型WRX STIを投入し、ワールドチャンピオンの走りを披露。トランスミッションは5速ドグミッションに換装し、最高出力はリストリクターなどにより265psに抑えられる。新型WRX STIがラリーフィールドで活躍する姿に期待したい。

■WRX S4 CUSTOMIZED By PROVA

チューニングパーツメーカーPROVAがWRX S4をベースにカスタマイズ。至高のドライビングプレジャーと究極のグランドツーリングセダンとしてのスタイリング、走行安定性能を高次元でバランスさせたコンセプトモデルだ。今回装着されているエアロパーツは今シーズンのスーパー耐久レースに参戦するPROVAチームのWRXにも装着予定。実戦でも使用されるエアロパーツは見た目だけでなく、空力にも大きく貢献してくれる本格派であることが特徴。以前オートサロンに出展されたBRZ同様にオレンジの差し色がPROVAのスポーツマインドを象徴している。

■SUBARU FORESTER tS

今回の出展車両唯一の市販モデル。SUVであるフォレスターにSTIの誇る走りのチューニングやセットアップを惜しみなく注いだコンプリートモデルだ。定番のフレキシブルシリーズに加え、tSならではの専用セッティングECUやTCUを装備することにより、ベースのフォレスターの走りをブラッシュアップ。スペックは不変ながら中間トルクの向上やS#時の専用ギヤレシオはtS専用となる。もちろんアイサイト(Ver2)も装備され、専用のセッティングが施されている。

 

今回のオートサロンは新型WRXの出展が多く見られ、カスタマイズメーカーの注目度の高さがうかがえる。しかし、BRZのカスタマイズモデルやデモカーの出展もまだまだ数多く、これからも新製品などのリリースにも期待大だ。また、新体制となったSUPER GT BRZ GT300は新ドライバーの起用、さらに新たに採用されたダンロップタイヤの戦闘力にも期待したい。

(Text&Photo by 井元 貴幸)

 

 

 

 

TOKYO AUTO SALON2015 SUBARU/STI Booth Review 【Part1】

2015年1月17日

2015年1月9日から3日間にわたり、千葉県千葉市にある幕張メッセにて世界最大級のカスタムカーのイベント「東京オートサロン2015withNAPAC」が開催された。

スバルブースには、スバルのデザインコンセプトモデルである「LEGACY B4 BLITZEN CONCEPT」や「SUBARU XV SPORT CONCEPT」、STIパフォーマンスチューニングモデルの「LEVORG S CONCEPT」など、スバルの新しいカスタマイズの世界を提案するモデルを展示、2015年のモータースポーツ参戦予定車として、ニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦予定車である「WRX STI NBR CHALLENGE 2015」や、SUPER GT参戦予定車の「SUBARU BRZ GT300 2015」の展示もおこなわれた。

今回は東京オートサロン2015 SUBARU/STIブースに展示された主なモデルをご紹介しよう。

 

LEGACY B4 BLITZEN CONCEPT

新型レガシィB4 Limitedをベースに、スポーツ性を高め、独自の存在感を打ち出したモデル。2000年から9年間にわたりラインナップされていたレガシィ BLITZENモデルのコンセプトを継承している。エクステリアは、外装色にBLITZENのイメージカラーである「プレミアムレッド」を設定。フロントは、ワイド&ローをテーマにバンパー部分をBOXERエンジンをイメージしたデザインとし、ホイールやリヤスポイラーには歴代ブリッツェンをオマージュしたデザインを取り入れているのが特徴だ。インテリアには、カーブキルトを施したベージュ色の革に、ボディカラーとコーディネートしたピアノブラックと赤ラインによるアクセントで引締めている。参考出品車ながら完成度の高い仕様は市販化に期待だ。

 

 

LEVORG S CONCEPT

STIコンプリートカーの最高峰モデルである「S」シリーズのコンセプトを、スポーツツアラーであるレヴォーグで実現したコンセプトモデル。吸排気系を含めSTIで独自にチューニングすることで、圧倒的なパフォーマンスを発揮するモデルとして仕立てられている。FA20型2.0L水平対向直噴ターボ“DIT”エンジンに、6速マニュアルミッションを初めて組み合わせたモデルとしても注目が集まった。もちろんパワーユニットだけでなくフレキシブルタワーバーをはじめとするSTIオリジナルパーツを装着することで、シャシー、ボディをも強化され、質感高い乗り味と、高い直進安定性、気持ちの良いコーナリング性能を両立しているとのこと。「走る愉しさ」と「所有する悦び」を突き詰めた「S」シリーズに相応しいSTIパフォーマンスチューニングのコンセプトモデルだ。

 

SUBARU XV SPORT CONCEPT

XVの特別仕様車「POP STAR」にも採用されている好評のボディカラー「サンライズイエロー」をまとい、車高を下げ、イエローストライプを施したスポイラー類を装着することで、スポーティな印象を高めたモデル。グリルやホイールをブラックアウト化することで、サンライズイエローとのコントラストを強め、より迫力あるスパルタンな印象とているのが特徴だ。インテリアはブラック内装にボディ色に合わせたイエローステッチやラインを随所に織り込むことで、引締まった印象を高め、よりスポーティさを強調している。カジュアル&スポーティなSUBARU XVの世界観を広げ、スバルの愉しさをより際立たせたデザインコンセプトモデルとなっている。

 

OUTBACK SUPER GT 2015 FRO(First Rescue Operation)

2015シーズンのSUPER GTにレスキュー車両として投入されるのがOUT BACK SUPER GT2015FRO。新型レガシィアウトバックをベースにレスキュー車両に欠かせないライトバーやストロボライトを装備。さらに、サーキットを走行する車両に装着が義務付けられている牽引フックも取り付けられている。走破性の高いアウトバックなら、万が一の際にはサーキットのランオフエリアなどでも駆けつけることができるため、とても心強い存在となるだろう。

 

今回紹介した4台の展示車両はいずれも 恵比寿スバルビル内のショールーム「スバル スタースクエア」にて2月6日(土)まで展示中。もちろんBRZファンには見逃せない「BRZ GT300 2015」モデルとBRZ GT300に搭載されている「SUBARU BRZ GT300 エンジンモデル」も同時に展示されている。オートサロンに行けなかった方や当日ゆっくり見学できなかった方は是非恵比寿スバルビルに足を運んでみてはいかがだろう。

スバルスタースクエア【TOKYO AUTO SALON2015出展車両の期間限定展示を開始!】:http://www.subaru.jp/showroom/event/tokyo-auto-salon2015/

(Text&Photo 井元 貴幸)

東京オートサロン2015 SUBARU/STI ブースみどころガイド

2015年1月10日

1月9日より、1月11日までの3日間にわたり、千葉県千葉市にある幕張メッセで「東京オートサロン2015」が開催中だ。

国内最大規模を誇るカスタムカーの祭典として知られるオートサロンは、国内外の自動車メーカーからアフターパーツをリリースしているカスタマイズメーカーまで数多くのメーカーが出展している。

なかでもBRZファン、スバルファンには外せないのがSUBARU/STIブースだ。会場内の東ホール8とホール7にまたがるカタチで展開されるブースには、今年も魅力的なモデルが多数展示されている。

今シーズンのSUPER GTを戦うBRZ GT300 2015をはじめ、ニュルブルクリンク24時間レース参戦車両や新型WRX STI全日本ラリー参戦車両など、2015年のスバルのモータースポーツの第一線で活躍が期待されるマシンが勢ぞろいしている。

 

もちろんカスタムカーの祭典らしく、スバルやSTI、スバル車専門のカスタマイズメーカーPROVAの手がけるWRXや新型レガシィ、WRX S4、レヴォーグなどにも注目だ。

これら5台のカスタマイズカーの魅力に迫る「ロックオン フィールドスタジアム」というコンテンツも用意されている。CLUBRZ部長でもある、モータージャーナリスト 河口 まなぶが開発者を交えてライブで語り合う様子は必見だ。

ステージでは「ロックオンディスカッション」と名付けられたトークショーも予定されている。様々なモータースポーツの裏話をプロドライバーたちがパネル形式でキーワードを選びトークを展開する。

ほかにもスバルスターズによるブース紹介をライブでおこなう「スバルスターズがロックオン!」などライブイベントも盛りだくさんだ。

さらに、ブース内では会場限定のスバルグッズなども販売されており、ファンにはたまらないレアグッズなども購入可能となっている。

北ホール11では、今年も86/BRZ WORLDを展開。CLUBRZでもブースを出展しているのでぜひ足を運んでほしい。出展内容は86/BRZ Race参戦車両の展示と、注目はBRZで新しいライフスタイルを提案するクラブカーの展示。スポーツカーであるBRZに自転車を2台搭載可能なサイクルキャリアを装着。すでに特別公開日の時点で多くの問い合わせが殺到している。

さらに、トークショーも開催予定。2015シーズンをBRZで戦う井口 卓人選手と新たに起用された山内 英輝選手を迎え、CLUBRZ部長 河口 まなぶとトークを展開する。

イベントホール横の屋外会場特設コースでは、世界ラリー選手権 PWRCクラスで2度のワールドチャンピオンに輝いた 新井 敏弘選手の駆るWRX STIの華麗なデモランも見ることができる。コンパクトなコースを縦横無尽にドリフトやスピンターンを決める世界レベルの走りも必見だ!

オートサロン会場へお越しの方は是非、SUBARU/STIブース、CLUBRZブースへお立ち寄りください。

また、残念ながら会場へ行くことができないファンの方にはスバル公式USTREAM配信は要チェック!SUBARU/STIブースのあらゆるイベントをLIVEで配信!ステージイベントの合間にはドライバーや辰巳監督を迎え、SUPER GT BRZ GT300チーム応援団長のマリオ高野氏がバックヤードからここでしか聞けない裏話などを配信!

 

■SUBARU/STIブース(東ホール7) ライブイベント タイムスケジュール

1/10(土)

10:00 – 10:30ロックオンディスカッション

11:00 – 11:30フィールドスタジアム

12:00 – 12:15スバルスターズがロックオン

12:45 – 13:00スバルスターズがロックオン

13:30 – 14:00ロックオンディスカッション

14:30 – 14:45スバルスターズがロックオン

15:15 – 15:30スバルスターズがロックオン

16:00 – 16:30フィールドスタジアム

17:00 – 17:30ロックオンディスカッション

 

1/11(日)

9:30 – 9:45スバルスターズがロックオン

10:15 – 10:45ロックオンディスカッション

11:15 – 11:45フィールドスタジアム

12:15 – 12:30スバルスターズがロックオン

13:00 – 13:30ロックオンディスカッション

14:00 – 14:15スバルスターズがロックオン

14:45 – 15:15フィールドスタジアム

15:45 – 16:00スバルスターズがロックオン

 

■CLUBRZブース (北ホール 11) トークショー タイムスケジュール

1/10(土) 15:20-15:40

1/11(日) 12:10-12:30

14:00-14:20

 

■屋外会場 特設コース SUBARU DEMORUN タイムスケジュール

1/10(土) 10:30-11:00

15:00-15:30

 

1/11(日) 10:00-10:30

14:15-14:45

■LIVE配信URL

SUBARU公式USTREAM:http://www.ustream.tv/channel/subaru-ustream

ニコニコ生放送 スバルチャンネル:http://ch.nicovideo.jp/subaru-channel
■東京オートサロン2015会場

幕張メッセ国際展示場 (日本コンベンションセンター/千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)

■開催時間

1月10日(土) 9:00~18:00

1月11日(日) 9:00~17:00

■入場料

当日:2,000円(大人)  1,500円(中・高校生) 前売:1,700円 小学生以下無料 ※保護者同伴に限る

(Text&Photo 井元 貴幸)