SUBARU BRZ FANCLUB CLUBREEZE

CLUBRZ on Social

  • Facebook
  • Twitter

カーオブザイヤーを受賞した新型インプレッサがレンタルスタート!

2017年1月31日

日本カーオブザイヤー2016-2017を見事受賞した新型インプレッサ。クラスを超えた上質なインテリアやスバルが提唱する新デザインコンセプト「ダイナミック×ソリッド」を採用した美しいデザイン。そして、新時代を切り開く新プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」など、魅力あふれるモデルだ。

この新型インプレッサが早くもレンタカーとして登場。そのレンタカーとはスバルの新型車がいち早く導入されるレンタカーとしてこれまでもBRZなどをレンタル車両として用意された「ニッポンレンタカー北海道」だ。今回設定された新型インプレッサはセダンのG4がS-Bクラスとして1月20日から。5ドアのインプレッサスポーツがS-Aクラスとして2月10日からそれぞれレンタルスタートしている。

もちろん車種指定のプランもあり、北の大地で新型インプレッサを思う存分乗ることができるのだ。新型インプレッサ最速導入のニッポンレンタカー北海道でレンタルすれば、ディーラーでの試乗では味わえないロングドライブでその実力を試すこともできるのだ。いまなら新型インプレッサのミニカーがもらえるキャンペーンも実施!是非WEBサイトをチェックしてほしい!

北海道へお出かけの際は是非車種指定プランでカーオブザイヤー受賞車を満喫してみては。

ニッポンレンタカー北海道:https://www.nrh.co.jp/charge_v3/ja.shtml?id=VIB1SD4CKB

今年は中部地区での開催も!スバルをゲレンデで満喫できるゲレンデタクシーがいよいよ開幕!

2017年1月23日

スバルのSUVがスキー場のゲレンデをリフトの代わりに駆け上がるゲレンデタクシーが今年も開幕する。今年はゲレンデタクシー初の東海地区での開催が予定されており、中部、関西の人にも体験しやすいスケジュールとなっている。

ゲレンデタクシーは雪上走行体験イベントとして2014年に初開催され今年で3年目を迎えるスバルの冬のイベントとして定着している。通常、クルマで走ることのできないスキー場のゲレンデをリフトの代わりにスバルのSUVに乗車して、雪上での走行性能も体験できるイベントだ。


今シーズンのスケジュールは2017年2月4日~5日に長野県「エコーバレースキー場」で、2017年2月18日~19日に岐阜県「高鷲スノーパーク」でそれぞれ開催。

乗車は無料で方法もカンタン!ゲレンデタクシー会場の受付にて誓約書を記入。展示されているゲレンデタクシーの前で記念写真を撮影して、TwitterなどのSNSに「#ゲレンデタクシー」というハッシュタグと共に投稿することで乗車可能となる。

スバルの誇るシンメトリカルAWDの実力と、ゲレンデを来るまで駆け上がる非日常を是非体験してみては?

 

「ゲレンデタクシー2017」オフィシャルWEBサイト:http://www.subaru.jp/gelandetaxi/

 

Tokyo Auto SALON 2017 SUBARU Booth Report【Part2】

2017年1月20日

前回に続き東京オートサロン2017スバルブースの出展車両をご紹介!今回はWRX S4 STI SportやレヴォーグSTI Sport STI PerformanceなどAWDモデルを中心に紹介しよう。

●WRX STI NBR CHALLENGE 2016

昨年2連覇を達成したWRX STIが東京オートサロンSUBARU/STIブースに凱旋!今シーズンも3連覇に向け挑戦が続けられる!SUPER GTと並びスバルのモータースポーツの人気カテゴリでもあるニュルブルクリンク24時間レース。今季も是非応援しよう!

●WRX S4 STI Sport CONCEPT

「大人のセダン」として人気のWRX S4に専用の内外装とSTIの走りを融合させ、プレミアムスポーツセダンとして提案されたWRX S4 STI Sport CONCEPT。エクステリアでは標準仕様のフロントマスクとはまた違った印象のバンパーが与えられる。

フォグランプまわりのデザインはレヴォーグのSTI Sportと同一のイメージを取り入れつつもS4ならではのアグレッシブさも備わる。

インテリアはSTI Sportシリーズ共通のボルドーインテリアが採用されているが、シフトパネルまわりなどはSTIのイルミネーションなどが備わり、またレヴォーグとは異なった印象だ。

●レヴォーグSTI Sport STI Performance

レヴォーグのSTI SportをベースにSTIからすでに発売中、または開発中のSTI Performanceパーツが装着されたカスタマイズ提案モデル。注目はWRX S4 tSに装着されているブレンボ製4POT対向ピストンキャリパー(フロント)やCVTクーラーが装着されている点。関係者によれば会場での反響次第では製品化も検討しているそうだ。

ほかにもドアハンドルプロテクターや赤色のスカートリップなど、すでに発売が予定されているものや発売したばかりのNEWアイテムにも注目!特にカーボン調のドアハンドルプロテクターは多くのクルマに適合するので登場が楽しみだ。

今回の東京オートサロンで出展されたクルマは、2月10日からインテックス大阪にて開催される「大阪オートメッセ2017」にも出展予定。東京オートサロンへ足を運べなかった方は是非このCLUBRZ のブースレポートで予習をして、現地で実車を見ることをお勧めする。画像だけではわからないディテールなどにも注目だ!

(井元 貴幸)

Tokyo Auto SALON 2017 SUBARU Booth Report【Part1】

2017年1月13日

大盛況のうちに閉幕した東京オートサロン2017.今年もファンが気になるコンセプトモデルや参考出品車が多数出展されていた。スバルブースではBRZ GT300やNBR24H参戦車両のWRX STIをはじめ、新井敏弘選手の駆る全日本ラリー選手権参戦車やGR 86/BRZ Race参戦車両といったスバルのモータースポーツを支える競技車両が数多く出展された。もちろん、注目のコンセプトカーや参考出品車も多く、BRZ STI Sport CONCEPTやWRX S4 STI Sport CONCEPT、レヴォーグSTI Sport STI Performance、インプレッサG4 STI Performanceといったモデルも会場で注目されていた。

今回はスバルブースに出展されたモデルを紹介。会場へ足を運べなかった人もじっくり見ることができなかった人もぜひこちらでチェックしてほしい。

SUPER GT BRZ GT300(2016モデル)

会場に展示されたのは2016モデルだが、スバルのモータースポーツ参戦体制発表やステージトークイベントなどで、2017年モデルは大幅な改良がくわえられることが発表された。これまでコーナーでの速さが光るBRZだが、今年のモデルでは直線でライバルたちから離されることがないよう、空力面やパワートレーンが改良されるそうだ。注目はトランスアクスル化によるリアの安定性向上。これまでは後輪の空転などでパワーロスが発生していたが、トランスアクスル化により、後輪の荷重を増やすことで空転を軽減。よりパワーを無駄なく使うことができるようになるそうだ。空力面も改善され、さらなるスピードアップも図られるとのこと。今シーズンはシリーズチャンピオン獲得に向け、チーム一体となってマシンにも磨きがかかる。

 

BRZ STI Performance CONCEPT

BRZファンのみならず、会場で注目となっていたのがBRZ GTをベースとしたBRZ STI Sport CONCEPT。レヴォーグ STI Sport同様ボルドーのインテリアを採用しているが、シートはスポーツ走行を前提とし、あえてレザーではなく表皮をアルカンターラとしている。

パンチング部分からはインテリアカラーのボルドーが見えるよう工夫がされている。ほかにも専用のメーターパネルも与えられ、STIロゴが配置されるほか目盛りも見やすいものへと変更されている。助手席のインテリアパネルにもSTIロゴが入り、特別感を演出。ステアリングの華飾パネルもシルバーからダーク系のものへ変更されシックな印象だ。

エクステリアではマットカラーの専用ホイールにミシュランのパイロットスポーツ4を組み合わせ、STI Sport CONCEPTの走りに磨きをかけている。

注目は専用デザインのフロントマスク。フォグランプをレス化し、ガーニッシュ回りの横桟もなくすことでウイングレット形状のデザインを強調している。ほかにもリヤウイングの翼端板とウイング台座部分にグロスブラックを採用することでエクステリアにも上質なイメージを与えている。

 

インプレッサG4 STI Performance

 

インプレッサG4をベースにSTIスポーツパーツを中心にカスタマイズされた参考出品モデル。すでに市販されているアイテムから、今後登場予定のもの、さらには会場での反響によりリリースを検討しているパーツなどが装着されており、期待度が高まる1台だ。新型インプレッサはSGP=スバルグローバルプラットフォームを採用した初のモデルとして、すでにそのシャシー性能は様々なメディアからも高く評価されている。

このSGPのハイレベルな走りの性能をさらに引き上げるSTI Performanceパーツにより、インプレッサG4のスポーツ性能とコンフォート性能を引き上げスポーツサルーンへと進化させる。

 

GR 86/BRZ Race  参戦車両

 

86/BRZ Raceへ参戦しているCG ROBOT レーシングチームは、今シーズンから参戦車両をE型RA Racingへスイッチ。カラーリングも新デザインとなった。基本性能の向上でさらに戦闘力の上がったBRZと、このマシンを駆る久保 倫太郎選手にも期待が高まる。

 

次回はPart2としてWRX S4 STI Sport CONCEPTやレヴォーグSTISport STI Performanceなどを紹介予定。まだまだ魅力的なモデルが続々登場するのでお楽しみに!

(Text&Photo by 井元 貴幸)