SUBARU BRZ FANCLUB CLUBREEZE

CLUBRZ on Social

  • Facebook
  • Twitter

STI NBRチャレンジの舞台裏 チームを支えるニュルカレーとは?

2017年5月31日

5月27日にスタートしたニュルブルクリンク24時間レース。すでにご存じの方が多いと思うが、今年のSTI NBRチャレンジチームは壮絶なレース展開ののち、車両トラブルでリタイアとなった。しかし、レースの舞台裏ではギリギリまであきらめず、クラスV3を目指すチームの姿があった。

今回はSUBARU MOTOR SPORT応援プロジェクトの一環として、実際に飛んだ筆者が見た、チームを支えるニュルカレーの秘密を紹介しよう。

2008年からニュルブルクリンクでの挑戦を続けているスバルは、今年で参戦10回目。戦いの舞台裏にはチームを支えるスタッフが数多くいる。なかでもスバリストたちの間で「食べたい!」と話題になっているのが通称”ニュルカレー”だ。

ニュルカレーはチームスタッフの手作り。カレーといえば野菜を大きく切った具が大きいものが一般的だが、ニュルカレーは、たまねぎやニンジンをみじん切りにして調理する。

その理由は、チームテントで使える調理器具は限られていて、火力も強いものが使えないそうだ。そこで、具材をみじん切りにすることで、火を通りやすくする工夫がされている。

カレーのルーにはトマトソースをたっぷり入れることがニュルカレーの隠し味となっているそうだ。

実際に筆者もいただいたが、ピリッとスパイシーな味わいで、深夜のケータリングにぴったりの目の覚める味だった。本格的な味わいにちょっと辛いかも。。。と感じるスタッフも多いことから、最近ではトッピングにチーズをのせているそうだ。これにより味がマイルドになり、辛さが苦手な人もおいしく食べることができるそうだ。もちろんトッピングのチーズにはニュルブルクリンクサーキットを模した型で抜いたものが乗せられている。ちなみにこの型は、サーキット内のお土産屋さんで販売している。

そして、今年登場したのがNBRチャレンジチーム特製カレー専用スプーン。市販品でもカレーを食べやすくする形状のスプーンが販売されているが、こちらのスプーンは柄の部分をサンドブラスト加工し、NBRチャレンジ2017のロゴが入る。

マニア垂涎のアイテムだが、チーム専用の非売品となっているそうだ。ほかにも気になるアイテムとしてはNBRチャレンジ専用の炊飯ジャーSTIバージョン。こちらはカレーのほかに、おにぎりなどを作る際にも活躍するそうで、NBR専用の備品だとか。

勝利に向けて突き進むSTI NBRチャレンジチームには、こうしたケータリングスタッフのほかにも数多くの人が舞台裏で活躍することで、心を一つに勝利を目指して走っている。監督、ドライバー、メカニック以外にもたくさんの人が携わっているのは、SUPER GTやほかの競技も同様。是非レース観戦の時はそうした裏方の人たちの活躍も思い浮かべてほしい。

(Text&Photo by 井元 貴幸)

 

SUBARU Drivers CLUBメンバーがやってきた!(SUPER GT 観戦編)

前回に続き、ドイツのスバリストグループSUBARU Drivers CLUBの皆さんに同行した模様をレポートする。今回はSUPER GT第2戦 富士500kmRACEを観戦した一行に密着した。

SUPERGT第2戦は5月3日に予選、4日に決勝が行われたが、SDCの一行は、5月3日の午前中はモータージャーナリストの河口まなぶとともに、都内の観光をしていた。SNSを通じ富士で様子を見ていたが、連休中の渋滞も考慮し、おそらく予選終了には間に合わないと危惧していた。

しかし、なんとQ1を突破したBRZが、いよいよQ2スタートというタイミングで一行が到着!ファンシートで日本のスバルファンと交流を果たした。

会場ではSUBARU BRZ GT300チームのピットに、公式応援団長マリオ高野氏と私応援プロジェクトリーダーの井元の2人で案内をさせていただいた。

間近に見る本物のGTマシンに彼らも興奮気味で、記念撮影やチームスタッフなどとの交流を果たした。

SDCのメンバーにはトヨタ86に乗るメンバーも来日しており、この日は86でSUPER GTを戦うVivaC team TSUCHIYAのピットも来訪。ドライバーの松井 孝允選手に86のTシャツをプレゼントしていた。

この日観戦していたファンのほとんどが富士周辺での宿泊を予定していたのみ関わらず、SDCのメンバーはなんと宿のある池袋へ戻るという。現地で交流をしたすべての日本人が「無茶だ!」と思っていたにもかかわらず、彼らは翌日の決勝スタート前に姿を現した。

日本に住み慣れた人間としては、連休中の富士と都内の往復をやってのける彼らのパワフルさに圧倒された。連休中の過酷な渋滞の往復でも決して疲れを見せることなく観戦に訪れた一行は決勝でも日本のスバリストたちと交流し、ドイツからの様々なプレゼントを手渡したり、SNSの連絡先を交換したり、しっかりと日本のファンと交流を深めた様子であった。

毎年、SDCのメンバーが来日し、CLUBRZ部長でもある河口まなぶがアテンドをしてきた。今年は来日メンバーも増え、より深い交流ができた様子だ。もちろん来年も、日本を訪れてくれると約束をしてくれた。また来年も彼らの笑顔に会えることに期待したい。

SUBARU Drivers CLUB WEBサイト:http://www.subaru-drivers-club.de/

SUBARU Drivers CLUB Facebookページ:https://www.facebook.com/SDC-Subaru-Drivers-Club-252469911534928/

(Photo by 重田信哉・井元 貴幸 Text by 井元 貴幸)

SUBARU Drivers CLUBメンバーがやってきた!(ショッピング編)

2017年5月21日

前回お伝えした、ドイツから来日したスバリスト、「SUBARU Drivers CLUB」のメンバー一行。東京三鷹にあるSTIギャラリーでの見学と「すびーちゃんねる」の動画収録の様子はご覧いただけただろうか?
SDCメンバーとマリオ高野氏、河口まなぶ、井元貴幸の一行は収録後、東京スバル立川店内にある「SUBARU CUSTOMIZE SHOP(スバルカスタマイズショップ) 立川」へ」向い、彼らの来日目的の一つであるスバルグッズの購入にお供した。

スバルカスタマイズショップ立川は、STIをはじめ、スバル車を得意とする人気メーカーの様々なパーツを豊富に在庫しており、個性を追求するワンランク上のカーライフを提供してくれる。また、店頭にはすでに完売したアイテムや廃盤となったレア物まで豊富に取り揃えていることでも多くのスバリストに知られている。

立川に到着した一行は、さっそくグッズ類を物色。なんとドイツでチェックしていたグッズやパーツをA4ファイルへ印刷して持参していた。

ドイツでは手に入らないパーツやグッズを次々とセレクト。あっという間に山積みされたグッズに河口部長も驚きを隠せない様子だった。

購入金額は割引も含めてなんと27万円オーバー。これがSvenさん一人の金額だから驚きだ。購入したアイテムはウェアやグッズをはじめ、海外では手に入らないというSTI フレキシブルタワーバーやSTIのオイルフィルターなどのパーツも含まれている。

見ているほうが不安になるほどの”爆買い”をしたSUBARU Driver CLUBの皆さんは、とても満足げの様子だった。

最後にドイツからのお土産を河口部長とマリオ高野氏に手渡していた。もちろん私井元にも、お土産としてSDCのオリジナルキャップをいただいた。

彼らが日本での移動に使用したエクシーガ クロスオーバー7には手荷物と購入したグッズが満載され、彼らは一路宿泊するホテルへと向かった。

海外のスバリストも満足できるSCS立川に、是非皆さんも足を運んでみてはいかがだろう。きっと手に入りにくいレアアイテムも見つけることができるはずだ。

最後に前回紹介した「すびーちゃんねる」の世界初!「日独スバリスト対談」後編が公開されたので是非こちらもチェックしてほしい。

次回は海外のスバリストがSUPER GTを観戦!ファンシートでSUBARUファンとの交流を深めた様子などを紹介する。

SCS立川:https://www.tokyo-subaru.co.jp/service/customize/scs.html

すびーちゃんねる世界初!「日独スバリスト対談」〜前編〜:https://www.youtube.com/watch?v=8NB60wCnKPk&t=1571s

すびーちゃんねる世界初!「日独スバリスト対談」〜後編〜:https://www.youtube.com/watch?v=J3tG1YzQFSQ

(Text&Photo by 井元 貴幸)

SUBARU Drivers CLUBメンバーがやってきた!(来日編)

2017年5月12日

ドイツでスバル車のオーナーたちが集う「SUBARU Drivers CLUB」のメンバーがゴールデンウィークに来日した。彼らはニュルブルクリンク24時間レースへプライベーターチームとしての参戦経験もあるクラブだ。ニュルブルクリンクではCLUBRZ部長でもあるモータージャーナリストの河口まなぶと交流があり、今回の来日も3度目で毎回アテンドをおこなってきたそうだ。

今回の来日に際し、SUPER GT BRZ GT300公式応援団長でもお馴染みの自動車ライターのマリオ 高野氏と、CLUBRZでもおなじみ、私井元 貴幸がドイツのスバリストを迎えるスバリスト代表としてお声がけしていただいた。羽田でのお出迎えのあとは、クルマでSTI本社のある東京 三鷹市へ移動。三鷹に到着後も、目に入るすべてのスバル車に「ファンタスティック!」を連呼!特にドイツへまだ輸出されていない新型インプレッサやレヴォーグの2.0Lモデルには興味津々の様子だ。

ちなみに三鷹のSTIでは、スバリストのための動画配信チャンネル「すびーちゃんねる」の収録が行われた。気になる内容は、おそらく世界初!である「日独スバリスト対談」だ。

以下に動画を貼りつけたので是非チェックしてほしい!
すびーちゃんねる・世界初!「日独スバリスト対談」〜前編〜

この収録では、ドイツ語と英語が堪能な通訳の方をお招きし「 SDC Subaru Drivers Club」のメンバー5名と、日本のスバルファンを代表してマリオ高野氏と井元貴幸の両名がおそらく世界初であろう日独スバル会談を実施!なぜ彼らはスバルに魅了されたのか?アウトバーンでのスバル車の実力は?といった、海外で実際にスバルを愛用している人だから語れるここだけの話が満載だ。動画の中に収録されている羽田空港での初対面シーンは、河口部長自らが撮影したもの。

ニュルで深めた交流をそのまま継続してきた河口部長あっての夢の会談であった。彼らはきっとまた日本へやってきてくれるに違いない。その時はもっとたくさんのスバルファンと交流してほしいと感じた。彼らの中にある”スバル愛”は、日本のスバルファンと全く変わらなかったからだ。

今回は、来日早々熱きスバルトークを繰り広げた動画の前編を紹介した。次回はスバルグッズを購入するショッピングツアーの様子とSUPER GT 第2戦を観戦に訪れた彼らの様子、そして動画の後編を紹介予定だ。是非お見逃しなく!

SUBARU Drivers CLUB WEBサイト:http://www.subaru-drivers-club.de/
SUBARU Drivers CLUB Facebookページ:https://www.facebook.com/SDC-Subaru-Drivers-Club-252469911534928/

(Text by 井元 貴幸・Photo by 藤原 洋平・河口 まなぶ・井元 貴幸)