SUBARU BRZ FANCLUB CLUBREEZE

CLUBRZ on Social

  • Facebook
  • Twitter

いよいよ明日開催!86Style withBRZ 最新詳細情報!

2017年7月29日

BRZ/86オーナーが待ちに待ったBRZ/86の祭典「86style withBRZ2017」の開催がいよいよ明日に迫った! 気になるイベント内容やタイムスケジュールなどを紹介しよう!

■BOXER Lounge開設

今年はスバル、BRZファンのために無料ラウンジを解放!! SUBARU BRZによる、夢の空間が実現。 SNS投稿でもらえるオリジナルかき氷や、無料でドリンクやスナックがもらえるほか、トークショー、CLUBRZオフ会など楽しいコンテンツ盛り沢山。イベント来場者はどなた様でも無料でご利用いただけます。

■内容

・#BXL 車両展示(Boxer エンジン搭載のSUBARU BRZ、 TOYOTA 86の共演

・#BXL グラフィックギャラリー&テクニカル展示

・SNS、#スバコミ投稿で富士天然氷を使用した、“スペシャルかき氷”をプレゼント!※限定300個

・CLUBRZ スペシャルトークショー【HOST 河口まなぶ】

・10:00〜 BRZ&86開発者トークショー  【GUEST スバルBRZ開発責任者 阿部一博 佐藤公彦 トヨタ86開発責任者 多田哲哉】

・12:30〜 CLUBRZ オフトークショー  【GUEST スバルBRZ開発責任者 阿部一博 佐藤公彦 スバルドライビングアカデミー】

・15:45〜 スバルモータースポーツトークショー  【GUEST STI総監督 辰己英治 BRZドライバー 山内英輝】

■SUBARU BRZ GT GALS「BREEZE」撮影会

Aパドックステージ前に展示するBRZ GT300と一緒に、SUBARU BRZ GT GALS「BREEZE」の撮影会を開催。

・1回目 9:00〜9:30

・2回目 16:30〜17:00

■STI物販出店

Aパドックにて、STIグッズなどの物販が出店予定!スバルファンには見逃せない人気アイテムを多数取り揃え。

■CLUBRZ公開取材

14:30より、p20(BRZ専用)駐車場にて、CLUBRZ公開取材を開催!河口部長とライター井元、そしてスペシャルゲストが駐車場内のBRZを公開取材!我こそは!というオーナーの皆さんは是非14:30にP20駐車場にお集まりください!

明日はP19.20(BRZ専用駐車場)やAパドック頭文字D カローラレビン&トレノ&インプレッサGC8&RX-7「オフミーティングエリア」にて、スバルマガジンの突撃オーナー取材も予定されているとのこと。愛車自慢のBRZオーナーやGC8インプレッサオーナーは雑誌に掲載される可能性も!

86Style withBRZ2017は、屋外のイベントだ。気温の上昇で熱中症にも気を付けたい。こまめな水分補給や「BOXER LONGE」で快適に休憩しよう!

 

BOXER Lounge presented by SUBARU BRZat Fuji 86 Style With BRZ 2017:https://www.subaru.jp/lifeactive/programs/boxer_lounge_2017/

Fuji 86Style withBRZ 2017:http://www.fsw.tv/freeinfo/006930.html

 

CLUBRZ MAIL MAGAZINE Archive

2017年7月22日

CLUBRZで月に2回配信している無料メルマガ。メルマガ内でBRZの豆知識を紹介する「BRZ Tips」とスバリストならではのマニアックな情報を紹介する「スバリスト井元のスバルの常識非常識」の内容を振り返る「CLUBRZ MAIL MAGAZINE Archive」今回は2012年10月3日に発行された第9号からピックアップしたものを紹介しよう。

スバリスト井元のスバルの常識?非常識? 「自分好みに設定変更できるカスタマイズ機能とは?」

キーレスエントリーでの解錠や施錠をする際にルームランプやハザードランプが点灯するイルミネーテッド機能やアンサーバック機能はとても便利な機能ですよね?
しかしながら、駐車場所によってはブザー音が小さく聞き取りづらかったり、キーレスアクセス装着車に接近した際にいちいちルームランプが点灯したりしてしまうのが煩わしいと感じる方もいらっしゃると思います。
そんな時に設定を変更できるのがカスタマイズ機能。BRZに搭載される電装の一部動作を変更する事が出来ます。
変更できるのは、

■ワイヤレスドアロック・解錠後、ドアを開けなかった際に施錠されるまでの時間(3段階)・ハザードランプによるアンサーバック点滅の有無・キーレスアクセス装着車のアンサーバックブザーの音量7段階・キーレスアクセス装着車の半ドア警告ブザーの有無・トランク解錠時の操作法(3種類)・キーレスアクセス装着車盗難警報装置の作動の有無

■オートライト・感度の調整(標準設定から+-40%)・ランプを点灯するまでの時間(2段階)

■リヤウィンドゥデフォッガ―のタイマー作動の有無

■イルミネーション機能・消灯までの時間(3段階)・解錠時のルームランプ点灯の有無・エンジンスイッチOFF後の点灯の有無・キーレスアクセス装着車に接近した際のルームランプ点灯の有無・ルームランプの点灯の有無

このように、かなり細かく設定が出来ます。例えばオートライトのタイミングやリモコンキーのトランク解錠の操作、エンジンスイッチOFF後のルームランプの点灯の有無等、特に他メーカーからの乗り換えで違和感を覚えるような部分が設定変更できるようになっています。設定には、ディーラーに出向く必要がありますが、上記の設定変更可能箇所の中から気になる部分をピックアップしておき、定期点検等の際にサービスフロントや担当者に伝えておけば全て無料で設定してもらえます。
カスタマイズ機能を有効に利用しBRZをより使いやすく、あなた好みに設定してみてはいかがでしょう?

 

BRZ Tips「BRZのPCDはなぜ114.3が採用されなかったの?」

 


BRZのホイールPCDが100である事はご存知の方が多いと思いますが、スバル車のほとんどが、部品の共通性を持たせる事からもPCDは100となっています。

スバル車のPCDが5H 100になったのはAX9型アルシオーネVXであり、それまでのスバル車では4H PCD139.7というこれまたレアなサイズとなっていました。アルシオーネも4気筒モデルは4H PCD139.7であり、アルシオーネVX以降のスバル車は初代レガシィを初め、インプレッサ、フォレスターと5H PCD100がスバルのスタンダードになって行きます。

では一般的なサイズと言われる5H PCD114.3のスバル車は無いのか?実はアルシオーネSVXは5HのPCD114.3であり、SVX生産終了後はGDB型アプライドモデルEタイプのインプレッサWRX STIが登場するまで5H PCD100で統一されていました。


部品の共通化を図る事が目的とされながらも、なぜWRX STIだけPCDが114.3となったのでしょうか?インプレッサWRX STIは登場当時より国内外のラリー等の競技で使用され、酷使される条件での剛性確保と言う理由から114.3が採用されたそうです。

BRZも競技に使われる事を前提としたRA(現在はR Customize Edition、RA Racing)がありますが、車両重量の軽いBRZではハブに掛かる負担も少ないという事でPCD100が採用されたようです。

一見適合サイズが少なく不便に見えそうなサイズですが、スタッドレス用のホイールなどにはフォレスターや5代目レガシィアウトバックの純正ホイールサイズがPCD,ハブ径、インセット、全てBRZの純正ホイールと全く同一サイズですので、タイヤさえ用意すればそのまま使用する事が可能です。

デザイン的にはSUV向けの武骨なデザインですが、先代フォレスターのクロススポーツ用にはメーカーオプションの17インチBBS製ホイール等があり、人とは違うドレスアップを好む方にはおススメと言えそうです。

無料メルマガ登録はコチラから→http://clubrz.jp/member/?p=index

(Text by 井元貴幸 Photo by 株式会社SUBARU)

集え!CLUBRZ FES 2017開催!今年はBRZのほかに、GC8インプレッサも大歓迎!

2017年7月10日

静岡県にある富士スピードウェイにて7月30日に開催されるFUJI 86style withBRZ。年に1度の86とBRZの祭典に、今年もCLUBRZでは会場で「CLUBRZ FES 2017」を開催!BRZオーナーが楽しめる様々なコンテンツを予定しています。

CLUBR FES 2017で開催予定のコンテンツは、「CLUBRZ ミーティング」や、スペシャルゲストによるトークショーも開催!

86スタイル withBRZでは毎年恒例となる「86&BRZパレードラン」などオーナーだからこそ参加できるスペシャルコンテンツや、富士スピードウェイのクリスタルルームにて、BRZ開発責任者の阿部氏を迎えた「SUBARU BRZトークショー」等も開催予定。会場にはBRZ GT GALS {BREEZE」の佐藤美央里さん、森脇亜紗紀さんも来場予定!BRZオーナーなら是非参加してほしいイチオシプログラムです。


「CLUBRZ ミーティング」では、今年はP19駐車場をBRZ専用駐車場として設定。先着順でBRZオーナーだけが駐車できる特別なスペース。オーナー同士の交流の場としてもぜひ活用してほしい。もちろん、オフ会などの開催も大歓迎だ。

※内容は、予告なく変更となる場合がございます。

また、今年の86Style withBRZ2017では。「 頭文字D カローラレビン&トレノ&インプレッサGC8&RX-7オフミーティングエリア」を設定。頭文字Dに登場するカローラレビン&トレノ&インプレッサGC8&RX-7の専用駐車場が用意され、GC8型(初代)インプレッサのオーナーの方も是非お誘いあわせの上、ご参加ください!

BRZオーナーは、今年も富士スピードウェイで盛り上がろう!イベントの詳細などは、更新され次第、随時CLUBRZ WEBサイトやFacebookページでお知らせしてまいります。まずは7月30日はスケジュールを開けてお待ちください!

※画像は昨年、一昨年の様子です

Fuji Speed Way「Fuji 86 Style with BRZ 2017」:http://www.fsw.tv/freeinfo/006930.html

(Text 井元 貴幸 Photo by 株式会社SUBARU、 井元 貴幸)

世界初!?20万キロ走行したBRZのパワーを測定してみた!

2017年7月8日

以前、おそらく世界初であろう2年で10万キロを走破した稲富さんのBRZで、下取り価格を査定した。その稲富さんが、5年を迎える今年、ついに走行距離が20万キロを達成した。

そこで、21万キロ目前のBRZが、いったいどれだけのパワーが出ているのか、シャシーダイナモでチェックしてみた。稲富さんのBRZはディーラーにて定期点検や車検を受けている保安基準適合車。エンジン関連のチューニングは吸排気を中心としたライトなチューニングメニューが施されている。

直接パワーに関わるエンジン関連は、吸排気はHKSで統一され、PROVAのT-REVを装着。ECUはスーパーオートバックス柏沼南店がプロデュースするBRZ/86用のもので現車セッティングは行っていない。ちなみにこちらのスポーツパーツコーナー担当の川北さんは、BRZで全日本ジムカーナ選手権に参戦しているBRZを知り尽くしたプロフェッショナルだ。

●稲富さんBRZ エンジン関連チューニングメニュー

ZC6A SUBARU BRZ  S 6MT

吸気

HKS GTサクションPROVA T-REV

排気

HKSスーパーエキゾーストシステムHKSハイパワースペックLマフラー

ECU

スーパーオートバックス 柏沼南店オリジナル

今回の測定はスーパーオートバックスかしわ沼南店に設置されている「サクラダイノシステム」を使用した。

カタログスペック、最高出力200ps/700rpm、最大トルク20.9kg・m/6400~6600rpmのBRZが20万キロ走行した時点での気になる実測値は

 

なんと!201.3ps 22.8kg・m

 

チューニングしているとはいえ、ライトなメニューで21万キロ走行のBRZがこの数値とは驚きだ。

もちろんエンジンのオーバーホールなどは行っていない。いかにオイル交換をはじめとした日常のメンテナンスが重要かがわかる。稲富さんはサーキット走行といった高負荷で走るケースもあり、決して過保護な扱いをしているわけではなさそうだ。愛車を乗っていくうえで、決められた距離での油脂類の交換、定期点検整備といったごく当然のメンテナンスをきっちり行っているだけだ。

みなさんもきちんとしたメンテナンス次第で、パワーを維持していくことが可能になるので、ぜひとも定期点検やオイル交換は欠かさず行ってほしい。

 

協力

「スーパーオートバックスかしわ沼南店」

住所 千葉県柏市風早1-3-13
電話番号 04-7192-4000
営業時間【 月~金 】10:00 – 21:00【 土 】10:00 – 21:00【日・祝日】10:00 – 21:00
URL:http://www.woowcity.com/

(Photo&Text by 井元 貴幸)