SUBARU BRZ FANCLUB CLUBREEZE

CLUBRZ on Social

  • Facebook
  • Twitter

CLUBRZ MAIL MAGAZINE Archive

2017年9月30日

CLUBRZで月に2回配信している無料メルマガ。メルマガ内でBRZの豆知識を紹介する「BRZ Tips」とスバリストならではのマニアックな情報を紹介する「スバリスト井元のスバルの常識非常識」の内容を振り返る「CLUBRZ MAIL MAGAZINE Archive」今回は2012年10月31日に発行された第11号からピックアップしたものを紹介しよう。

スバリスト井元のスバルの常識?非常識?

「第4回:スバル車定番のメータースイープ機能は演出だけじゃない!」

BRZのタコメーターを初め、スバル車の多くに採用されているメータースイープ機能ですが、カタログ上では走りの演出として記載されている機能で、エンジン始動前の“儀式”とも言える動作には思わず高揚してしまいますよね?


実はこのスイープ機能には走りの演出だけではなく、もう一つ意味があるのをご存知ですか?
最近のクルマはエンジンを初めほとんどが、コンピューター制御となっていますが、エンジン始動時にキーをいきなりスタート位置へ持って行くのではなく、ONの位置で一旦止めて、一呼吸置くのが望ましく、その理由として、コンピューターの電源が入ると同時に外気温、水温、油温等、あらゆる情報を集め解析します。


時間にして瞬時に終わる解析ですが、コンピューターに情報が行く前にセルモーターを回してしまうと、状況によっては通常よりクランキングが長くなる場合があり、ON位置で一呼吸置くのが理想的とされています。

※画像は3代目インプレッサWRX STI

この解析時間を得る為に、ON位置で一旦キーを止め、スイープ動作を見てから始動すると、ベストな状況でエンジンを始動させられる事から、この機能が組み込まれているとも言われています。

しかし最近ではプッシュスタート式のクルマも多く、その場合はコンピューター側で解析後に自動的にエンジンが始動出来る為、演出の意味合いの方が大きくなって来ていますが、BRZを初め、他のスバル車でもプッシュスタート非装着車のラインナップが存在する為、まだまだ、演出以外の役割を担っているクルマも多く存在します。


プッシュスタート非装着車で、スイープ動作前にいきなりエンジンを始動しても壊れてしまうなんて事はありませんが、クルマへの労わりを考えたら“儀式”が終わってからエンジンを掛けた方が良いかも知れませんね。

 

 

BRZ Tips【BRZのパワステはいずこ?】

BRZは水平対向エンジンのメリットを最大限に活かし、エンジンの搭載位置を極限まで下げる事により、ピュアなハンドリングと高い運動性能を持ち合わせているのは皆さんもご存知だと思います。

BRZの低重心化には、エンジニアの方々の並々ならぬ努力により実現していますが、その低重心化にはスバルでは初となる試みも数多く盛り込まれています。

※画像は5代目レガシィの電動パワーステアリング

例えばBRZには全車電動パワーステアリングが採用されていますが、スバルの場合、パワステモーターは車軸に近い位置に搭載されているのが一般的であり、実際レガシィやインプレッサ等、電動パワーステアリングを搭載する他のスバル車ではかなり低い位置にパワステモーターが搭載されています。

BRZの場合、本来パワステモーターを装着する部分にエンジンが搭載されており、モーターを設置する場所が無く、開発陣を大いに悩ませたそうですが、なんとモーターを車内に搭載する事でそれを解決したそうです。
パワステモーターをステアリングの近くに設置するコラムアシスト式と呼ばれる電動パワーステアリングは、設置スペースの問題から大きなモーターを設置する事が難しい為アシスト力が弱いとされていますが、BRZではサーキットを走行する事も考えられている為モーターのアシスト力やそれを支えるステアリングビームの強度に関しては一切の妥協をせず搭載する事を実現しました。

アシスト力や強度を確保する事に成功したBRZのコラムアシストパワーステアリングはピニオンアシスト式に比べ構造がシンプルであり部品点数が少なくなる事から軽量化にも貢献しています。スバルとしてはBRZ用にコラムアシスト式電動パワステを新開発してでも、エンジンの搭載位置は妥協を許さなかったと言う事になります。エンジンの搭載位置へのこだわりがパワステモーターの搭載位置まで変更してしまうとはちょっと驚きですね。

※記事内容は2012年10月のものです。

(Text by 井元 貴幸 Photo by 株式会社SUBARU)

緊急告知!SUGO 86 Style with BRZ 2017会場にてCLUBRZオフ会を開催!

2017年9月27日

7月30日に開催されたFuji 86 Style With BRZ の会場で好評を博したCLUBRZオフ会を10月1日に宮城県にあるSUGOサーキットにて開催される。

主な内容は

・CLUBRZトークショー(ドライバー、開発者)

・BRZ専用駐車場での公開取材・開発者交流会(後日CLUBRZ WEBサイトにて紹介)などを実施予定。

ほかにも、BRZ GT300レプリカ展示・BRZ STIカスタマイズカー展示のほか、BRZ GT GALS 「BREEZE」も参加予定となっている。

また、#スバコミとしてモータースポーツ応援プロジェクトも開催!86/BRZ Raceへ参戦するBRZへの応援メッセージの募集や手旗配布を実施予定だ。

もちろん86Style withBRZのイベントとして、86/BRZ専用駐車場の設定やサーキットタクシー、パレードランなども開催される。事前申し込みが必要なプログラムもあるのでスポーツランドSUGOのイベントページを要チェックだ!

10月1日は、BRZオーナーの皆さん是非SUGOへお集まりください!

スポーツランドSUGO イベントページ:https://www.sportsland-sugo.co.jp/race/20171001_86style/749

 

ここが変わった!新型レガシィ アウトバック/B4大幅改良モデル!

2017年9月24日

SUBARUのフラッグシップに君臨するレガシィ B4/アウトバックがビッグマイナーチェンジされ10月5日より発売されると発表された。
今回の改良では、内外装をブラッシュアップしたほか、アイサイトも進化。大きく変更された部分を紹介しよう。

エクステリアではアウトバックはフラッグシップSUVならではの上質さと力強さ、存在感を強調するものに、B4はプレミアムセダンらしい上質かつスポーティーなものへと改良された。

ボディーカラーにはアウトバック専用に「ワイルドネスグリーンメタリック」、B4/アウトバック共通色「クリムゾンレッドパール」を新たに設定した。

インテリアは、センターパネルのデザインを一新。インパネにダブルステッチを施したほか、空調コントロールパネルのデザインも一新されている。ステアリングには新型インプレッサやXVと同じ新デザインのステアリングスイッチを配置した小径ステアリングホイールを採用して質感をアップした。

また、新たに後席用USB電源を追加し、後席の機能性も向上。さらに車速検知式オートドアロック機能の追加などにより、使い勝手を高めている。

アイサイトについては、後退時自動ブレーキシステムを追加したほか、全車速域追従機能付きクルーズコントロールの車速域を0km/h~約120km/hへと拡大した。

また、「アイサイトセイフティプラス」としてフロント&サイドビューモニターやアダプティブドライビングビーム、ステアリング連動ヘッドランプも搭載した。

走行性能では、サスペンションのチューニング変更や電動パワーステアリングの改良を実施。これによりフラットな乗り心地とリニアなハンドリングを実現したとされる。また、エンジン部品の軽量化やフリクション低減および制御の見直し、さらにリニアトロニックチェーンの改良などにより、燃費と静粛性の向上も実現している。

アウトバック:329万4000円
アウトバック リミテッド:356万4000円
B4:302万4000円
B4リミテッド:324万円

SUBARUのフラッグシップを担うレガシィ アウトバック/B4。まずは専用サイトを要チェックだ!

<SUBARUオフィシャルwebサイト レガシィ アウトバック>https://www.subaru.jp/legacy/outback/<SUBARUオフィシャルwebサイト レガシィ B4>https://www.subaru.jp/legacy/b4/

 

BRZ typeF Debut!

2017年9月16日

9月11日に発表された新型 SUBARU BRZ。発売開始は10月5日からとなるが、発売前にアプライドモデルがF型となったBRZの改良ポイントを紹介しよう。

SUBARU BRZは昨年の大幅改良(E型)で内外装を一新。フルLEDヘッドランプの採用や新デザインのバンパーなどでリフレッシュされたエクステリアはスポーツカーらしいBRZのデザインにより磨きをかけた。

インテリアでも新デザインのメーターパネルやエアコンコントロールダイアル、インパネパネルなどで質感や使い勝手が向上した。そして、ブレンボブレーキやザックスダンパーなどを採用する最上級グレードの「GT」の登場にも注目が集まった。

今回の改良では車体前後のパーツを補強することにより、ボディ剛性が向上。これまで追求してきた走りの性能を更に進化させました。また、方向指示レバーの軽い操作によってターンランプ及びメーター内表示が3回点灯する「方向指示器のワンタッチ機能」や、ヘッドランプやテールランプがリモコンキー・アクセスキーと連動して点灯する「ウェルカムライティング」の機能を追加。運転時や乗降時の利便性を高めている。

BRZはスポーツカーらしさに磨きをかけてきた。昨年大幅改良を実施したばかりだが、わずか一年で改良を実施することで進化を止めず、常にスポーツカーとしての魅力が色あせることがない。特に今回のボディ剛性の向上により、走りの部分の進化が気になるところだ。

そして、スポーツカーでありながら日常生活での使いやすさにも定評のあるBRZならではの改良ポイントがウエルカムライティングの採用だ。(「S」「GT」)アクセスキーを携帯してクルマに近づくだけでヘッドランプやテールランプが点灯し、オーナーを迎えてくれる心昂る演出だ。

2012年に登場したBRZだが、登場から5年が経過した今回の改良では、最新のスバル車で定番となっている方向指示器のワンタッチ機能も追加された。これは車線変更時などに、ウインカレバーを軽く入れることで3回だけ点滅。交差点や曲がり角以外でもウインカーレバーを戻す動作から解放される。ちょっとしたことだが、ドライビングにより集中することに貢献できる機能だ。

 

詳しい装備や価格などは是非SUBARUのオフィシャルサイトをチェックしてほしい。

SUBARU BRZ オフィシャルWEBサイト:https://www.subaru.jp/brz/brz/