SUBARU BRZ FANCLUB CLUBREEZE

CLUBRZ on Social

  • Facebook
  • Twitter

5代目フォレスター 堂々誕生!

2018年3月31日

現地時間3月28日(日本時間3月29日)のニューヨークオートショーにおいて、スバルは同社の基幹車種フォレスターの新型モデルを発表した。今回は河口部長が実際にワールドプレミアで撮影してきた動画をもとに、新型フォレスターの魅力に迫ってみた。

新型フォレスターは既にインプレッサやXV、海外専売モデルのアセントなどに採用されている新世代のプラットフォームであるSGP(SUBARU GLOBAL PLAT FOROM)を採用したモデルだ。デザインについては4代目のイメージを踏襲しつつ、力強さや機能性を強調。SUBARUのデザインフィロソフィーであるダイナミック×ソリッドを用いて5代目の持つ広さやたくましさ、力強さを表現しているそうだ。

特にリヤコンビランプのコの字のモチーフはVIZIVフューチャーコンセプトで用いたものを具現化。コの字をきれいに光るようにデザインし、走り去ったときの印象を重視して作りこんでいるという。

SPORTと呼ばれるグレードには内外装の各部にオレンジ色の差し色を使っているが、ルーフレールやサイドクラッティング、エアコンベンチグリルやX-MODEのセレクター回りなど機能を持たせる部分にオレンジが使われているという。シートのステッチもオレンジとなっているほか、撥水加工も施されているそうだ。

一方ベースグレードのほうは加飾類はシルバーとなっているほか、ブラウンのレザー仕様はかなりシックな印象だ。

インテリアデザインは現行型インプレッサやXVと同一の造形をベースとしているが、MFD(マルチファンクションディスプレイ)の上部にはドライバーモニタリングシステムのセンサーを搭載。この機能はドライバーをモニタリングし、居眠りなどの恐れがある場合は警告音などで注意喚起をしてくれるという。

エンジンは新開発の水平対向4気筒の直噴NA 2.5Lを搭載。布目PGMによればトルクがあってしっかり走れ、ラフロードでも十分な動力性能と燃費両立し、従来のターボモデルのユーザーでも低速からしっかりトルクを感じられる仕様となっているそうだ。

従来モデルで評判の良かったルーミーで取り回しが良いという部分はそのままに、新たに家族や大切な人といった同乗者の快適性を追求、さらにトルクがあってしっかり走れるラフロードも走れる動力性能など、フォレスターのパッケージングとしてはやり切ったという5代目。国内仕様の登場が待ち遠しい一台だ。

(Text:井元 貴幸 Movie:河口 まなぶ)

 

CLUBRZ MAIL MAGAZINE Archive

2018年3月19日

CLUBRZで月に2回配信している無料メルマガ。メルマガ内でBRZの豆知識を紹介する「BRZ Tips」とスバリストならではのマニアックな情報を紹介する「スバリスト井元のスバルの常識非常識」の内容を振り返る「CLUBRZ MAIL MAGAZINE Archive」今回は2013年1月22日に発行された第17号からピックアップしたものを紹介しよう。

「スバリスト井元のスバルの常識非常識 第9回:スバルの原点は直4+FRだった!」
2013年は富士重工業株式会社設立60周年、スバルのブランド55周年という節目の年です。富士重工業の設立とスバルのブランド設立に時間差がある理由は、富士重工業が当初「ラビット」でお馴染みのスクーター等を作っていた会社であり、その後1958年に自動車部門を設立し、初めてスバルというブランド名を冠した市販乗用車であるスバル360を発売した経緯があるためです。


しかし、実は初めてのスバルの乗用車は、スバル360とは別に存在するFRレイアウトを採用したクルマだったということをご存知ですか?
既に記したようにスバル初の市販乗用車は“てんとう虫”の愛称でお馴染みスバル360です。しかし初めてのスバルの乗用車は、それ以前に市販されなかった幻のモデルが存在しているのです。


それが1954年に公開された富士重工初の乗用車であるスバル1500。1.5L直列4気筒OHVを搭載する6人乗りの小型乗用車で、駆動方式はFRを採用していました。このモデルは試作段階で“P-1”と言う名前が与えられていた…と聞けば、知っている方も多いのではないでしょうか?
スバル1500は国産初のモノコックボディを始め、フロントに独立懸架サスペンションを採用するなど、当時としては最新の技術を取り入れた1台でした。またデザインも輸入車に負けない美しさを有していました。
スバル1500は当時の運輸省(現在の国土交通省)の性能テストで最優秀の成績を収め、群馬や埼玉のタクシー会社へ6台がモニターテストの形で販売されました。


そして1年間にわたるモニターテストも好評で市販化が期待されていましたが、残念ながら当時の国内情勢その他の事情により市販には至りませんでした。
しかしスバル1500の開発で得られたノウハウはその後に登場するスバル360やスバル1000に活かされました。その意味でもスバル1500が歴代スバル車の原点といえるでしょう。


スバル360がスバル初の乗用車ではないということは意外に知られていないようですが、実はBRZのルーツがスバル初のFR車であるスバル1500にあるということも意外と知られていないのです。
(井元 貴幸)
BRZ Tips【ドライバーを不安にさせないメーカーの心配りとは?】

現代のクルマはあらゆる部分がコンピュータ制御されています。エンジンをはじめABSやVDC(横滑り防止装置)などの走りに直接関わる部分から、メーターパネルやルームランプといった細かい部分まで、ECUと呼ばれるコンピュータが制御を行なっています。


エンジンやABSといった重要なメカニズムはセンサーから送られた情報により、ECUで異常がないかチェックする機能も備えており、万が一の際にはメーターパネルの警告灯等でドライバーに異常を知らせます。
そうしたチェック機能のひとつにABSのシーケンスチェックというものがあります。これはABSユニットが正常に作動しているかをECUがチェックする機能です。

かつてのスバル車に乗っていた方で、エンジンを始動した後にクルマからコトコトという音が聞こえてきた経験がある方もいるのでは? 実はこれこそがABSユニットが発するシーケンスチェックの音なのです。

この音はある意味、異音ともとれるもの。それだけに敏感なドライバーの方からは「異音がでている」という指摘が少なからずあったそうで、スバルではシーケンスチェックの動作やタイミングを変える改良がなされた経緯があります。


2代目レガシィが登場した1998年頃のスバルのモデルでは、エンジン始動後の最初のブレーキング時にシーケンスチェックが作動していました。しかし駐車場などからクルマを出した時などはすぐにブレーキを踏むことが多く、それだけに低速なので音に気がつく人も多かったようです。
その後の改良でブレーキを踏んだ時にシーケンスチェックができるようになり、時速15キロ前後で走行中にこれを行うようになりました。結果シーケンスチェックの作動音に気がつく人はかなり減ったそうです。

BRZではそのシーケンスチェック機能がさらに進化しています。これは現行型インプレッサから採用されている最新のシーケンスチェック機能で、時速40キロでシーケンスチェックを行なうため、ほとんどの人は音に気がつかなくなったそうです。
安心してクルマに乗るためにはこうしたチェック機能は必須ですが、作動音でドライバーを不安にさせない制御もメーカーの心配りともいえるのではないでしょうか?

(井元 貴幸)

※内容は2013年1月現在のものです。

SUBARU 2018 MOTOR SPORT FUN MEETING EVENT REPORT【Part2】

今回は前回に続き、3月11日に開催された「SUBARU MOTOR SPORT FUN MEERING」のイベントの後半の様子をご紹介しよう。

当日は皆さんもご存知のように東日本大震災7年目の3月11日。地震の発生した時刻には会場で黙祷を行った。3月11日という日を忘れぬ様、イベントを開催する事で、チームはもちろん会場にいる全員で心から祈りを捧げた。

黙とうのあとは休憩を挟み後半のプログラムをスタート。まずはSUBARU BRZ GT GALS「BREEZE」の新コスチュームを初披露。メンバーは東京オートサロンで発表された「宮本あかり」さん、「野田桃加」さん、「沢すみれ」さん、「綾瀬まお」さんの4名。

BREEZEの専用ページから彼女たちのプロフィールを是非チェックしよう!
「SUBARU BRZ GT GALS BREEZE」オフィシャルWEBサイト→https://www.subaru-msm.com/breeze/

新コスチュームの披露のほか、今シーズンのファンシート応援グッズも紹介。新デザインのキャップや応援手旗のほかトートバックが新登場。今年も是非SUBARUファンシートでBRZを応援しよう。

また、昨年より始まったスバルのモータースポーツ活動とスバルファンを繋げ、より一層モータースポーツを盛り上げていくためのプロジェクト。「#スバコミSUBARUモータースポーツ応援プロジェクト」が今年も行われることが発表された。

昨年の応援プロジェクトで、スーパーGT、ニュルブルクリンク24時間レース、全日本ラリーの各会場で集められた応援メッセージが書き込まれた応援フラッグが登場。びっしり書き込まれたメッセージに登壇したドライバーの皆さんがその時の様子などを振り返った。

応援プロジェクトのイメージキャラクターでもある「スバコミベアドッグ」の生みの親、中野シロウさんと昨年応援プロジェクトリーダーを務めさせていただいた筆者が今年の応援プロジェクトについての活動内容を紹介した。今年はレースやラリーの会場はもちろん、応援プロジェクトの特設ページより応援メッセージを送る事が出来るようになり、WEBからの応援機能も強化される。

さらに、今年は応援プロジェクトリーダー改め、プロジェクトマネージャーを務めさせていただくことになった筆者が、ニュルブルクリンクレース車両に応援プロジェクトステッカーを貼り、スバコミモータースポーツ応援プロジェクト2018を宣言した。

続いてはモータースポーツという極限状況の中で戦う選手たちの集中力、動体視力、反射神経を体感するスペシャル企画「SUBARUドライバーズチャレンジ」。ゴルフパターゲームやバランスボールを使ったゲームをはじめ色々なゲームで、ファンと選手たちが勝負した。

また、ドライバーや監督が持ち寄った超お宝のレアグッズを抽選でプレゼントする「SUBARUグッズ抽選会」も開催された。

イベントの締めくくりはドライバーや監督、BREEZEと共にイベントに参加したファンの皆さまと、記念撮影。握手会を実施。記念撮影では、”やっぱりSUBARUがNo.1″の掛け声で会場全体がひとつになり、今シーズンを戦う監督、ドライバーの皆さんと来場したSUBARUファンの結束力は最高潮に達した。

参加者との一体感が楽しめる『モータースポーツファンミーティング』に参加したファンの皆さんは、ドライバーたちとともに週末のひと時を大いに楽しんだようだ。

(Text by 井元 貴幸 Photo by 重田信哉・土屋勇人)

 

 

SUBARU 2018 MOTOR SPORT FUN MEETING EVENT REPORT【Part1】

2018年3月16日

3月11日に、株式会社SUBARU本社 恵比寿ショールーム「SUBARU STAR SQUARE」にて、毎年恒例となった「SUBARU2018モータースポーツファンミーティング」が開催された。

このイベントはSUBARUが参戦するSUPER GT、ニュルブルクリンク24時間レース、全日本ラリー選手権、86・BRZレースの総監督やドライバー、レースクイーンが集合し。ファンの皆さんと交流を深めるイベントだ

まず、STIの代表取締役社長 平川良夫氏から、挨拶があり60年前の3月に「スバル 360」が発売され、STIが30年前の4月に誕生した貴重な節目にモータースポーツを通じてスバルとユーザーの絆が深まればとの想いと、7年前の東日本大震災で犠牲になった方々への冥福を祈りたいと語った。

最初のパートでは今シーズンはSUPER GT GT300クラスにBRZで挑むほか、ニュルブルクリンク24時間レースにWRX STIで参戦する井口卓人・山内英輝選手が参加したほかSUPER GTの渋谷真監督、ニュルブルクリンク24時間レースの辰己英治監督が登場した。すでにシェイクダウンがおこなわれ、シーズンインに向け様々なテストが繰り返されている。今回のイベントではマシンの感触や今年の抱負などが語られた。

SUPER GTのBRZについては、テストで今までにないLAPタイムをたたき出しているという報告も井口選手からあり、ファンにとっては期待できる1年となりそうだ。

また、渋谷総監督から昨年の反省点を踏まえ、得意なコーナリングを伸ばしたうえ、ストレートでの速さに磨きをかけていると語られた。エンジンについては燃焼効率の向上と空力についてもボディを進化させコーナリングでもストレートでも速いマシンを作り上げているそうだ。

ニュルブルクリンク24時間レースについては、山内選手から昨年より確実に速くなっているという感触で早くニュルを走ってみたいと語られた。また井口選手が新たに、WRX STIでニュルブルクリンク24時間レースに参戦することで王座奪還への熱い思いも語られた。

続いて全日本ラリー選手権、86/BRZ Raceのパートでは、競技の裏話が語られたほか、今シーズンの意気込みが語られた。全日本ラリー選手権の新井選手はシリーズチャンピオンはもちろん、シーズン最多勝も目指していきたいと語られた。勝田選手はシリーズ優勝連覇はもちろん、唐津での13連勝を目指しているそうだ。鎌田選手は開幕戦での優勝で気分的には楽であると語りシリーズチャンピオンを目指していくそうだ。

また、86/BRZ Raceについては今シーズン過去最大数のエントリーを誇るそうだ。久保選手からはもっと多くの人に86/BRZ Raceを知ってほしいと語り、ぜひサーキットへも足を運んでほしいと語った。井口選手は数少ないBRZで1-2を目指すと語った。また、ドライバーの紅一点、池島選手は昨年からBRZを駆り、フォーミュラやカートの経験は豊富ながらもワンメイクレースでは当初不慣れな部分もあったものの、シーズン後半は慣れも出てきたこともあり着実にステップアップしているようだ。 今シーズンは参戦するレースも数が増える予定で是非応援をしてほしいと語った。

 

次回はモータースポーツファンミーティングでの後半の様子をお届けする。

(Text by 井元 貴幸 Photo by 土屋 勇人・重田 信哉)