SUBARU BRZ FANCLUB CLUBREEZE

CLUBRZ on Social

  • Facebook
  • Twitter

CLUBRZ MAIL MAGAZINE Archive

2018年8月28日

CLUBRZで月に2回配信している無料メルマガ。メルマガ内でBRZの豆知識を紹介する「BRZ Tips」とスバリストならではのマニアックな情報を紹介する「スバリスト井元のスバルの常識非常識」の内容を振り返る「CLUBRZ MAIL MAGAZINE Archive」今回は2013年3月19日に発行された第21号からピックアップしたものを紹介しよう。

スバリスト井元のスバルの常識?非常識?

「第13回:スバリストイチオシの水平対向エンジン専用オイルとは?」

水平対向エンジンに限らず、エンジンの重要な役割を担うのがエンジンオイル。
エンジンオイルにはご存知の通り、潤滑、密封、冷却、正常、防錆の5つの作用があります。
この5つの性能を維持するためにも定期的なオイル交換が必要になります。
スバル車の特徴とも言える水平対向エンジンは、エンジンの全高を低く抑えられることで車両の低重心化が図れるほか、左右に向かい合ってピストンが動くためエンジンの振動を抑制できるなどのメリットがあります。しかし、デメリットとしてその名の通りピストンが水平に往復する構造上、重力によりシリンダーライナー上部の油膜が切れやすい傾向にあるほか、エンジンの全長(クランクシャフト)が短くクランクメタルが細いためより強力な油膜が必要となります。
そこで、より強力な油膜を維持できる水平対向エンジン専用オイルがあるのをご存知ですか?
そのオイルとは、ディーラーで取り扱っているLES PLEIADES(レ・プレイアード)エンジンオイルメーカーのトタル社と富士重工業株式会社が共同開発した水平対向エンジン専用エンジンオイルです。
こちらのエンジンオイルは登場後、スバル車オーナーから好評であり口コミで評判が広がるほどの人気となっています。
人気の理由はなんといっても、高い信頼性。スバル技術本部がエンジン開発時にも使用しているほか、富士重工業株式会社スバル技術本部にて行われる225時間にもおよぶエンジンベンチ試験に基づいています。
水平対向エンジン用に厚い油膜を形成するLES PLEIADES(レ・プレイアード)は油温の異常上昇によるオイルの粘度低下に見舞われた場合でも油圧を維持できるエンジンプロテクション性能を誇り、街乗りからサーキット走行まで幅広く使用できるのも人気のヒミツと言えます。
スバル車オーナーが太鼓判押すLES PLEIADESはEから始まるエンジン形式のBOXERエンジン用であるLES PLEIADES 10W-50とBRZに最適と言われるFから始まるエンジン形式の新世代BOXER用のLES PLEIADES ZERO 0W-30 の2種類が存在します。
BRZオーナーの皆さんも次回のオイル交換にはLES PLEIADES ZERO 0W-30にしてみてはいかがでしょう?

(井元 貴幸)

BRZ Tips
【BRZのホーンパッドに秘められたこだわりとは?】

BRZのインテリアはブラックを基調とし、「S」、「Rスポーツインテリアパッケージ」には随所に赤ステッチを散りばめたスポーツカーらしいスポーティなインテリア。
ダッシュボードにソフトパッドを使うなど質感にこだわっている部分も随所に見受けられます。
ドライバーが一番触れることの多い、ステアリングには「S」、「Rスポーツインテリアパッケージ」に本革巻きステアリングが採用されています。

現在発売されているクルマのほとんどは、メーカーを問わず運転席エアバッグが装備されていますが、BRZはエアバッグが収まるホーンパッド部分の質感にも秘められたこだわりがあります。
クルマのインテリアに使われる樹脂部品の多くは、シボとよばれる皮製品のシワ模様を表現していますが、BRZのホーンパッドにはリアルなシボを表現するために、なんと本物の皮から型を取っているそうです。
樹脂部品のシボの表現は、金型に人工的に模様を付けるのが一般的です。しかし、質感を追求する高級車などでは本物の皮から型を取り、より本物に近いシボを表現する手法がとられています。

これまでのスバル車ではホーンパッド部分のシボは金型に模様を付ける一般的な手法が使われてきました。しかしBRZでは質感を重視し本物の皮から型を取り、リアルなシボの表現を実現しています。本来であればコストのかかる作業工程ですが、スポーツカーといえどインテリアの質感にこだわるBRZには、こんな隠されたこだわりがあったとは驚きです。

(井元 貴幸)

※メルマガの内容は2013年当時のものであり、現在の情報と異なる場合がございます。

【動画】夏休みの締めくくりは新型フォレスターでお台場アドベンチャー!

2018年8月25日

東京お台場にあるフジテレビ本社屋、青海特設会場で開催されている「ようこそ!! ワンガン夏祭り THE ODAIBA 2018」にて、今年もSUBARUが体感イベントを開催中!

今年は「新型フォレスター」のSUV性能を思う存分体感できる「SUBARU FORESTER ADVENTURE」を開催中だ。
なんとフジテレビ本社屋の大階段を新型フォレスターで走り抜ける「Giant Hill」のほか、青海の特設会場ではアトラクションコースを使用した「Wild Road」を設置。いずれも体験同乗が可能で、新型フォレスターのX-MODEをはじめとした卓越したラフロード性能や様々な機能を体験することができるのだ。

また、9月14日発売予定のe-BOXER搭載の「Advance」も運が良ければ同乗することが可能。いち早く試乗できるチャンスがあるかも!

もちろん今年も人気のアニメ『紙兎ロペ』に登場する「ロペ」や「アキラ先輩」などのキャラクター達が盛り上げてくれる。SUBARU FORESTER ADVENTUREの様子を「#お台場スバル」のハッシュタグをつけてインスタグラム、ツイッター、Google+のいずれかに投稿すると『紙兎ロペ』とSUBARU FORESTER ADVENTUREのコラボフレームにプリントした写真ももらえる特典もある。

イベントはいずれも無料で楽しむことができる。期間は9/2(日)まで!夏休みの締めくくりはお台場で新型フォレスターを思う存分体感しよう!

CLUBRZ MAIL MAGAZINE Archive

2018年8月11日

CLUBRZで月に2回配信している無料メルマガ。メルマガ内でBRZの豆知識を紹介する「BRZ Tips」とスバリストならではのマニアックな情報を紹介する「スバリスト井元のスバルの常識非常識」の内容を振り返る「CLUBRZ MAIL MAGAZINE Archive」今回は2013年3月15日に発行された第20号からピックアップしたものを紹介しよう。

スバリスト井元のスバルの常識?非常識?

「第12回:BRZ登場前から存在したボアストローク86×86の水平対向エンジンとは?」

水平対向エンジンは、低重心というメリットの代わりに、左右に幅を取るため物理的にロングストローク化が難しいとされてきました。実際、これまでの主力であったEJ20エンジンはボア×ストローク92mm×75mmのショートストロークエンジンであり、他のスバル製水平対向エンジンでもショートストロークが基本でした。

スバルBRZとトヨタ86に搭載されるFA20型水平対向エンジンは、ボア×ストロークが86mm×86mmというスクエアストロークのエンジン。
この数値は3S-GEや2JZ-GEといったトヨタのスポーツエンジンと同じです。トヨタ86という名前は、ボアストロークの数値も関係していることは、メディアにも取り上げられており、ご存知のかたも多いのではないでしょうか。

しかし、BRZ・86に搭載されるFA20エンジン登場前に、86mm×86mmのスクエアストロークの水平対向エンジンが存在したのをご存知ですか?

それは輸出仕様に搭載されるBOXER DIESELのEE20エンジン。

水平対向エンジンは、向き合うピストンが互いの振動を打ち消し合うことで振動を消すため、バランサーシャフトが不要であることからディーゼルエンジンには有利とされていました。しかし、車体幅の決まっている既存車種への搭載はディーゼルエンジンに必要なロングストローク化が難しく、実現不可能では?といった意見もありました。
既存車種の限られたエンジンルームにおさめるべく、新開発の水平対向ディーゼルエンジンは、ピストン高を抑えシリンダーヘッドを削り目一杯ストローク取る設計となりました。結果86mm×86mmというディーゼルエンジンに必要なボアストロークを稼ぐことに成功。

スクエアストローク化に成功したEE20エンジンは、バランサーシャフトが不要と言うメリットを活かし、フリクションロスを低減。滑らかな回転フィールと低燃費を実現し、市販車初となる水平対向ディーゼルとして注目されました。登場後はディーゼルが主役のヨーロッパにおいて高評価のエンジンとなっています。

スポーツカー専用ユニットとして生まれたFA20のボアストロークと低燃費ディーゼルエンジンであるEE20が同じ数値だったのは意外だとおもいませんか?

(井元 貴幸)

BRZ Tips

【BRZと86のスピードメーター。違いは文字盤以外にもあった!】

BRZと86のメーターパネル、2台の違いは文字盤にあることは多くの方がご存知だと思います。

BRZには全車デジタルスピードメーターが標準装備され、タコメーターの文字盤はブラックとなっています。
86のGT LimitedとGTには、タコメーターの文字盤がホワイトのものが採用され、GとRCではデジタルスピードメーターの無いものが採用されています。

ここまでの違いはご存知のかたも多いと思いますが、他にも2台のメーターパネルには違いがあります。

86とBRZ、実はメーターの針にも違いがあります。タコメーターの文字盤やデジタルスピードメーターに目が行きがちで意外と気が付かない部分です。

見た目で針の違いを認識できる部分は、針の軸の部分。BRZの針は軸の部分が真円になっていますが86の針は指針が軸を突き抜けたデザインとなっています。

このデザインはスピードメーター、タコメーター、燃料計、水温計の全ての針に採用されています。

意外と目にする部分なのに、気が付かない方も多いのではないでしょうか?

出尽くしたと思われていたBRZと86の違い。細かい所を見ていくと、まだまだ違う部分がありそうです。

(井元 貴幸)

※メルマガの内容は2013年当時のものであり、現在の情報と異なる場合がございます。

動画で振り返るSUPER GT 「Rd.5 FUJI 編」

2018年8月6日

2018年SUPER GT シリーズ第5戦「FUJI GT 500mile Race」が8月4日(土)、8月5日(日)静岡県小山町の富士スピードウェイで行なわれた。この模様はSUBARU On-Tubeにてダイジェスト版が公開されている。前戦のタイではエンジントラブルにより、残念ながらリタイヤとなったが、その雪辱を晴らすため、万全の態勢で長丁場の富士へ挑んだ。

SUBARU BRZ GT300 2018 SUPER GT 第5戦 FUJI GT 500mile RACE 予選ダイジェスト

予選Q1は、山内英輝選手がドライブ。12位でのQ1通過となった。トップとの差0.339秒のなかに12台がひしめく大混戦となった。Q2では井口卓人選手がドライブ。Q1より0.2秒ほどタイムアップをし、6位を獲得した。

SUBARU BRZ GT300 2018 SUPER GT 第5戦 FUJI GT 500mile RACE 決勝ダイジェスト

決勝レースでは、予選6位からのスタートという十分に優勝を狙えるポジションからのスタートとなった。スタートドライバーは井口卓人選手がステアリングを握り、激しい5位争いを繰り広げる。しかし、ストレートスピードが伸びず、ポジションを9位まで後退させてしまう。そしてセクター3を走行中、突然、アクセルの反応がなくなり、惰性でコースオフ。またしてもマシントラブルが発生し、リタイヤとなった。

SUBARU BRZ GT300 2018 SUPER GT 第5戦 富士スピードウェイ

タイに続き、リタイヤとなってしまいファンにとっても悔しい結果となった富士500マイルレース。次戦SUGOでは速く、強いBRZに期待したい。

富士戦の詳しいレースレポートはSUBARU MOTOR SPORTS MAGAZINEにて紹介されています。
https://www.subaru-msm.com/2018/sgt/report/
(井元 貴幸)