SUBARU BRZ FANCLUB CLUBREEZE

CLUBRZ on Social

  • Facebook
  • Twitter

CLUBRZ MAIL MAGAZINE Archive

2018年11月26日

CLUBRZで月に2回配信している無料メルマガ。メルマガ内でBRZの豆知識を紹介する「BRZ Tips」とスバリストならではのマニアックな情報を紹介する「スバリスト井元のスバルの常識非常識」の内容を振り返る「CLUBRZ MAIL MAGAZINE Archive」今回は2013年6月25日に発行された第28号からピックアップしたものを紹介しよう。

スバリスト井元のスバルの常識?非常識?

「第19回:スバルは汎用エンジンにも水平ピストン運動の機種がある!」

スバル車を特徴づけるものとして真っ先に思い浮かぶのが水平対向エンジン。
そんな水平対向エンジンと同様に、ピストンを水平に配置したエンジンが自動車用以外でも富士重工で制作されているのをご存知ですか?
それはロビンエンジンの愛称でお馴染みの汎用エンジン。汎用エンジンとは舗装作業プレートや排水ポンプなどの動力源として使われている作業用機械動かすためのエンジンです。
ロビンエンジンは富士重工製のスクーター「ラビット」のエンジンを汎用化したものが起源で歴史のある汎用エンジンです。
国内用のロビンエンジンはピストンが縦方向に動く一般的なものとなっていますが、輸出用のロビンエンジンにはピストンが水平方向に動く縦軸型と呼ばれるものが存在します。
この縦軸型のロビンエンジンは「EA-Vシリーズ」と呼ばれ、主に芝刈り機やミニ耕運機、高圧洗浄機などのエンジンとして使用することを想定して作られているそうです。
洗練された外観デザインや、軽量、低騒音、低振動などの作業負担軽減、チョークや燃料コックなどの操作系を集中レイアウトにすることによる簡単始動など、ユーザーの使いやすさに配慮した設計となっています。
「EA-Vシリーズ」は、世界で最も厳しい米国EPA/CARBの排出ガス規制にも適合する高性能なエンジンとして広く作業用機械に搭載されています。
この縦軸型のエンジンはその名の通り、クランク軸が縦方向へ出ているため、芝刈り機のカッターなどにギヤなどを介さずに直結することができることが特徴となっています。
シリンダーは単気筒になるため、BOXERエンジンとは呼べませんが、自動車用の水平対向エンジンと同じく全高を抑えたコンパクトなサイズを実現しています。縦軸型エンジンはチェーン駆動のOHC機構を採用するなどBRZに搭載されるFA20エンジンにも通じる機構を備えています。
このEA-Vシリーズには上部に樹脂製のカバーが備わり、前面には六連星とSUBARUロゴが入り、海外の芝刈り機ではこの六連星が誇らしげに輝くものが多く発売されています。
もしかしたらEA-Vシリーズを搭載した芝刈り機は、芝刈り機界のBRZと呼ばれるほどの高性能を誇っているのかもしれません。

(井元 貴幸)

—————————————————————————-
◇~~BRZ Tips~~◇
—————————————————————————-
【メーターパネル右側のブランクパネルには何のスイッチが入る?】

BRZのメーターパネルの右側に並ぶ2つのスイッチ。この2つのスイッチは、上段がオドメーターとトリップメーターの切り替えなどを行うODO/TRIPスイッチ。下段が外気温、瞬間燃費、平均燃費などを切り替えるDISPスイッチとなっています。
この2つのスイッチの1番上にはブランクパネルが備わり、何やらスイッチが入りそうな形状になっています。
しかし、このブランクパネルの位置には最上級グレードの「S」でも、ディーラーオプション群を装備してもスイッチが設置されることはありません。

実はこのブランクパネル部分には輸出仕様車になるとスイッチが備わります。
そのスイッチとはデジタルスピードメーターの表示をkm/h(キロメートル表示)とMPH(マイル表示)に切り替えるスイッチ。
輸出仕様のBRZではアナログメーター部分も内側がkm/hスケール、外側がMPHスケール表記になっています。

そもそもなぜ2つの表記が必要なのか?米国内では標識はすべてマイル表示となっているためメーターのkm/h表示や、デジタルスピードメーターの切り替えも必要ないのですが、米国と隣接しているカナダでは標識がすべてkm/h表示になっています。

米国からカナダへはそのままクルマで入国できるため、米国仕様車はカナダ国内を走行する際に必要になるkm/h表示が併記されています。
つまりMPH表示のみのメーターだと、カナダへ入国した際にkm/h表示の標識が出てきても速度をとっさに判断することは難しいため、両方表記されているのです。

ちなみにこの切り替えスイッチでデジタルスピードメーターはマイルとキロの切り替えはできますが、オドメーターやトリップメーターはマイル表示のままとなります。

確かに島国の日本ではクルマで他の国へ行くことはないでしょうから必要のないスイッチといえます。国内仕様ではブランクパネルとなるのも納得です。

(井元 貴幸)

動画で振り返るSUPER GT 「Rd.8 Motegi 編」

2018年11月20日

11月10日~11日の2日間にわたり開催されたSUPER GT最終戦「MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL」。2018年のSUPER GTの締めくくりを全力で戦ったBRZの様子を動画で振り返る。

SUBARU BRZ GT300 2018 SUPER GT 第8戦 MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL 予選ダイジェスト

SUBARU BRZ GT300 2018 SUPER GT 第8戦 MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL 決勝ダイジェスト

SUBARU BRZ GT300 2018 SUPER GT 第8戦 ツインリンクもてぎ

今シーズンは前半はトラブルに悩まされたBRZ GT300だったが、後半戦ではその速さを確実なものとし、SUGOではポールtoWinで完全勝利を手にした。来シーズンの戦いにも期待が高まる!2018シーズンを応援していただいた皆様、本当にありがとうございました!

CLUBRZ MAIL MAGAZINE Archive

2018年11月19日

CLUBRZで月に2回配信している無料メルマガ。メルマガ内でBRZの豆知識を紹介する「BRZ Tips」とスバリストならではのマニアックな情報を紹介する「スバリスト井元のスバルの常識非常識」の内容を振り返る「CLUBRZ MAIL MAGAZINE Archive」今回は2013年6月11日に発行された第27号からピックアップしたものを紹介しよう。
スバリスト井元のスバルの常識?非常識?

「第18回:全高の低いBOXERエンジンならではのエンジンルームの活用法とは?」

BRZの低く構えたフロントフードは全高の低いBOXERエンジンだからこそ実現できたといえます。ではフロントフードの高さが一般的なクルマと変わらない他のスバル車はエンジン上のスペースはどうなっているのでしょうか?
スバル車の場合、WRX STI、レガシィ、フォレスター、エクシーガにターボモデルがラインナップされていますが、スバルのターボモデルではこのエンジン上のスペースにインタークーラーが搭載されます。
エンジン上にインタークーラーを搭載するメリットは、一般的な前置きインタークーラーのクルマより、タービンからインタークーラーへのパイピングを短くすることができるため、ターボのレスポンス向上を実現することが可能です。
スバルのターボモデルでは現行型フォレスターを除きインタークーラー冷却のためにボンネットにエアインテークが設置されていることが特徴となっています。
一般的なクルマと同じくらいの高さのボンネットフードでありながら、エンジン上にインタークーラーを搭載できるのは全高の低いBOXERエンジンならではといえます。
ほかにもレオーネに代表される80年代までのスバル車は、なんとこのスペースにスペアタイヤが搭載されていました。
当時のレオーネはボンネット内にスペアタイヤを設置することで、サブトランクの容量もライバル車に比べ格段に広く使い勝手の面でユーザーからはとても好評でした。
現行モデルではBRZをはじめ、パンク修理キットを採用するモデルが多く、ラゲッジルームやサブトランクを広く使うことが可能となりました。一方エンジンルームはターボモデルのインタークーラー設置スペースを残し、それ以外のスペースはフードを低くすることでデザインに回されるようになりました。
まさしく、BRZのスタイリングは全高の低いBOXERエンジンならではという裏付けともいえるのではないでしょうか?

(井元 貴幸)

—————————————————————————-
◇~~BRZ Tips~~◇
—————————————————————————-
【BRZにアシストグリップがないのはなぜ?】

アシストグリップとは、クルマの乗降時につかまったり走行中に車体が揺れた時につかまる取手の事で、Aピラー(フロントガラス横の柱の部分)や、ルーフライニング(天井)端部分に取り付けられ、ほとんどのクルマに標準装備されています。

しかしBRZにはこのアシストグリップが装着されていません。
なぜBRZにアシストグリップが装備されていないのか?その答えは、車高の低いスポーツカーならではの乗り降りの方法にあります。
BRZの場合、もしアシストグリップを使って乗り降りができたとしてもルーフが邪魔になってしまうため、逆に乗り降りがしづらくなってしまいます。
車高の低いスポーツカーでは乗り降りの際に手を掛けるのはサイドシルがほとんどで、
BRZも「S」、「Rスポーツインテリアパッケージ」には乗降用のアシストパッドがサイドシルに装備されています。
では、助手席の乗員が走行中に体を支える場合にはどうしたらいいのか?
走行中に体を支える場合にはドアグリップを使用するそうです。BRZのドアグリップの形状は縦長で、ドアの開閉だけでなく体を支えるのにも適した形状になっています。

車高が低いBRZではルーフにグリップが装備されていても使用頻度が少ないため、必要のない部品を装備して重量が重くなったりコストが高くなったりすることを考えると装備されていないのもうなずけます。
実際、先代WRX STIspecCではセダンタイプでありながら、軽量化のためにアシストグリップが省略されていました。
徹底した低重心化を追求したBRZでは乗降性を向上させるためにサイドシルの高さを低くする設計となっており、アシストグリップがなくとも乗り降りに不便を感じることはありません。ほとんどのクルマに装備されるアシストグリップが装備されない理由は、地上からわずか400mmの位置に着座位置が来るBRZならではといえるのではないでしょうか?

(井元 貴幸)

メルマガの内容は2013年当時のものです。

CLUBRZ MAIL MAGAZINE Archive

2018年11月9日

CLUBRZで月に2回配信している無料メルマガ。メルマガ内でBRZの豆知識を紹介する「BRZ Tips」とスバリストならではのマニアックな情報を紹介する「スバリスト井元のスバルの常識非常識」の内容を振り返る「CLUBRZ MAIL MAGAZINE Archive」今回は2013年5月24日に発行された第26号からピックアップしたものを紹介しよう。

スバリスト井元のスバルの常識?非常識?

「第17回:スバル車の給油口はなぜ右側?」

最近ではセルフのガソリンスタンドが増え、オーナー自身が給油することが多くなっていると思いますが、初めて乗るクルマで戸惑ってしまうのが給油口。
クルマによって右側だったり、左側だったりして、給油レーンに入る際に考えてしまうこともあります。
最近のクルマでは燃料計に給油口の向きを示すマークがあり、戸惑うことも減りましたが、スバルで生産されるクルマ、つまり水平対向エンジン搭載車の場合は給油口が全て右側についているので戸惑うこともありません。
なぜスバルのクルマは給油口が全て右側なのか?これはレオーネの時代から右側に統一されて来たのですが、昔は引火などの危険を避けるために給油口はマフラーの出口から一番遠いところに設置されていました。このマフラーから給油口までの距離は国の基準にも定められています。
つまり昔のスバル車はマフラーが左出しというクルマが多かったということになります。

しかし時代は変わり、次第にクルマが大型化され、マフラーも左右出しのクルマが多く登場しました。クルマが大型化されたことで、左右出しマフラーでも給油口からマフラーまでの距離が離れ、国で定められた基準もクリアすることができています。

つまり大型化された最近のクルマでは給油口はどちらに付いていても差し支えないということになります。
しかし、スバルで生産されるクルマは今でも給油口は右側に統一されています。
これは昔からスバルに乗り続けるオーナーが戸惑わないようにという理由もありますが、冒頭で触れたセルフサービスのガソリンスタンドの普及にも秘密があります。
スバルでは給油の際に運転席から一番近い右側に設置することで給油の利便性を高めているそうです。

余談ですが、国産車の場合、比較的左側に給油口があるクルマが多く、週末に混雑したガソリンスタンドでは右側給油口専用レーンが空いているので、スバル車は意外と給油が早く済むといったこともあるようです。

(井元 貴幸)

—————————————————————————-
◇~~BRZ Tips~~◇
—————————————————————————-
【BRZのフロントガラスに付いている矢印マークはいったい何?】

クルマのガラスには商品名や米国運輸局への登録番号、メーカー名、板厚・品種(色)などを記載した刻印が助手席側の下のほうに入るのは意外とご存知の方も多いと思います。しかし、BRZの「S」グレードにはその刻印とは別にフロントガラスに矢印のマークが入っているのはご存知ですか?

場所は運転席から見てルームミラーの左下あたりで、よく見ないとわからないほど小さく書かれています。この記号の正体は、矢印のマークを境目に上側が透過率70%以下、下側が透過率70%以上を示すものだそうです。
BRZの「S」グレードのフロントガラスには上端に着色されたトップシェードが備わりますが、その境目を示すのがこの記号となっているそうです。
いわれてみれば、トップシェードのグラデーションが完全に透明になる辺りにこの記号が入っています。
元々日本の法規制ではこの境目の表示は必要ないのですが、米国の法規上記載が義務となっているそうです。
スバルでは記号がない国内仕様専用のガラスの採用も検討したそうですが、ほとんどのドライバーのシートポジションでは記号がルームミラーに隠れるためコストを抑えるためにも米国仕様とガラスを共用しているそうです。
実際、ほとんどのオーナーはマークの存在に気づいていない方が多く、この記事を見て初めて知った!という方もいらっしゃると思います。

あらゆる国々に輸出され、いまや世界中で愛されているBRZらしいマークといえるのではないでしょうか?

(井元 貴幸)

※メルマガの内容は2013年5月当時のものです。