SUBARU BRZ FANCLUB CLUBREEZE

CLUBRZ on Social

  • Facebook
  • Twitter

世界初!?10万キロBRZの下取り査定をしてみた!【下取り査定編】

2014年8月18日

前回ご紹介した稲富さんのBRZ。購入からわずか2年で10万キロを突破し、まだまだ走行距離を伸ばしている。

今回はいよいよ気になる下取り査定の結果を紹介しよう。下取り査定には栃木スバル 栃木店様にご協力いただいた。

 

稲富さんのBRZは前回紹介した通り、各部をカスタマイズしている。もちろんディーラー入庫可能な完全車検対応仕様だ。

定期点検整備はもちろん、カスタマイズの多くは今回ご協力いただいた栃木スバル 栃木店で作業をしているそうだ。

 

さらに普段から気になることがあれば、すぐに相談しているため、車両の状態もディーラーで把握しているという。

しかし今回は、車両の各部を実際に確認して頂き本格的に査定を実施した。条件は、カスタマイズしている各部を純正状態へ戻すこと。稲富さんは交換部品はすべて保管しているため実際にノーマル状態へ戻すことも可能である。

さて、気になる査定結果はなんと90万円。2年落ちとはいえ走行10万キロを突破しているスポーツカーとしては驚きの高額査定といえる。

査定を実施した栃木スバルの高橋さんによれば、走行距離をのぞけばクルマのコンディションも良好であり、メンテナンスもしっかりしているとのこと。 この結果には稲富さんも驚き!自己査定額では30万円と見積もっていたそうだ。

BRZは人気のスポーツカーでありながら、市場の流通量が少ないため、比較的高値で取り引きされているそうだ。もし、稲富さんのBRZが平均的な走行距離(2万キロから3万キロ程度)であれば150万円くらいの査定額となるそうだ。

さらに、人気のボディカラーであるサテンホワイトパールやクリスタルブラックシリカ、WRブルーマイカ(現行型はWRブルーパール)であれば、加点対象となるとのこと。

 

稲富さんによれば、普段からちょっとした違和感があれば、すぐにディーラーに相談している。 良好なコンディションを維持するにはディーラーとの信頼関係が重要と語った。

今回の査定で、BRZは中古市場を含め人気の高いスポーツカーであることがうかがえる。さらに、高額査定を引きだすには日常のメンテナンスとディーラーでの点検整備、いつでもノーマルに戻せるカスタマイズが重要なポイントといえる。

オーナーの皆さんにも、長くBRZと付き合うために是非ディーラーでの点検整備をおすすめする。スバルのプロによる愛車のチェックは安心感にもつながる。さらに、全国のスバルディーラーで有効な保証もつくため、転居の際も安心だ。

今回取材にご協力いただいた栃木スバル 栃木店 では、高い技術を持ったスタッフによってもたらされる“安心”と“愉しさ”をSUBARUを愛してくれているお客様やファンに提供し、感じてもらうこと。そして、より多くのお客様にSUBARUを好きになっていただくこと。をモットーに『クルマのある愉しい生活』を提供している。

 

※ 今回の査定は取材時のものであり、10万キロを走行したBRZの査定額を保証するものではありません。査定金額は車両の状態、査定時期によって変動します。

 

栃木スバルオフィシャルWEBサイト:http://www.tochigi-subaru.co.jp/

栃木スバル 栃木店:http://www.tochigi-subaru.co.jp/map/map.htm#toti

(Photo&Text 井元 貴幸)