SUBARU BRZ FANCLUB CLUBREEZE

CLUBRZ on Social

  • Facebook
  • Twitter

新型WRX STIの見積もりをとってみた!

2017年6月30日

6月20日に発表となった新型WRX STI。スバルのスポーツフラッグシップとしてBRZと人気を2分するスポーツモデルだ。今回の改良では新電子制御マルチモードDCCD(ドライバーズコントロールセンターデフ)の採用や、brembo製18インチベンチレーテッドディスクブレーキ、19インチアルミホイール&タイヤの採用などにより、コーナリングの限界性能が向上している。

さらにサスペンションセッティングの見直しなどにより、優れた操縦安定性と乗り心地を向上している。装備面においても、ステアリング連動ヘッドランプやフロントビューモニターなどを新採用することにより、安全性能及び実用性も強化している部分にも注目だ。今回は内外装も刷新され、より魅力的になったWRX STIの見積もりをとってみたので、紹介しよう。

今回見積もりを取ったのは、WRX STI最上級モデルのType Sチョイスした。メーカーオプションは、新型WRX STIのなかでも魅力的な新装備をセレクト。

フロントカメラを含めた安全装備「アドバンスドセイフティパッケージ」、新たに設定されたスポーツマインドを高める「RECARO製フロントパワーシート」、WRX STIの特徴的なアイテムでもある「大型リヤスポイラー」を装備したOPコードIXCとなる。

ディーラーオプションには新たに8インチに進化し、Apple Car PlayやAndroid Autoにも対応するパナソニック製ナビゲーションと、取り付けキットやリヤビューカメラ、ETC2.0車載器などをセットにした「SUBARU NAVI PACK パナソニック」と、フロアマットやドアバイザーなどをセットにしたベースキット、さらにガラスコーティングを追加したほかフロアマットなどをパッケージにしたベースキットなど必須ともいえるアイテムを追加している。もちろん新車購入時に加入できる「保証延長プラン 新車コース」もチョイスした。

WRX STI TypeS 6MT VABD4HH OPコード IXC

車両本体価格 443万8800円

付属品 46万59円

付属品内訳

SUBARU NAVI PACK パナソニック 34万9066円
(ビルトインナビゲーション、ナビ取り付けキット、リヤビューカメラ、ETC2.0車載器キット、DSRC&ETCカバー)
ベースキット 12万4740円
ULTRA GLASS COATING NE’Xメンテナンスキット
ULTRA GLASS COATING エステパック NE’X  5万6160円
ETC2.0セットアップ 3240円

諸費用明細(消費税等込)

自動車税(8月より) 2万3000円

自動車取得税 12万1600円

自動車重量税 4万9200円

自賠責保険 37か月 3万6780円

小計A 23万540円

OSS申請代行費用 3万5424円

保証延長プラン 新車コース 1万2636円

小計B 4万8060円

検査登録(届け出)手続法定費用 1800円

車庫証明手続法定費用 2600円

標板代 4100円

リサイクル法関連費用(預か金) 1万2790円

注文書印紙税負担額 200円

新点検パックオイル交換、車検5年付 14万1575円

小計C 14万1575円

諸費用合計(A+B+C) 42万215円

合計 531万9074円

新型WRX STIは、新たな装備が数多く採用されているものの、従来モデルに比べ、標準装備品をメーカーオプション設定へ変更するなどして、車両本体価格はほぼ据え置きとなっている。新型WRX STIは熟成のEJ20エンジンと先進の安全装備、そして刷新された内外装で魅力的に進化している。

(Text by井元 貴幸 Photo by 株式会社SUBARU)