SUBARU BRZ FANCLUB CLUBREEZE

CLUBRZ on Social

  • Facebook
  • Twitter

CLUBRZ MAIL MAGAZINE Archive

2017年11月15日

CLUBRZで月に2回配信している無料メルマガ。メルマガ内でBRZの豆知識を紹介する「BRZ Tips」とスバリストならではのマニアックな情報を紹介する「スバリスト井元のスバルの常識非常識」の内容を振り返る「CLUBRZ MAIL MAGAZINE Archive」

今回は2012年11月27日に発行された第13号からピックアップしたものを紹介しよう。

◇~~BRZ Tips~~◇
—————————————————————————-
【BRZのドアグリップ、実はモータースポーツ向けの形状だった!】

BRZのドアグリップは、一見何の変哲もない縦型の握りやすいグリップですが、実はその形状にも秘密があるのをご存知ですか?

一般的にドアグリップとはドアの開閉の為に握る部分で、シートに着座した状態でドアの開閉を行う為に、実はグリップの位置や形状等は綿密に計算され装備されています。

最近のクルマではドアアームレストのポケットを兼ねた物が採用される事が多いですが、BRZにはしっかりと握れる縦型タイプの物が採用されています。

これには一般的なセダン等に比べ2ドアのBRZはドアも大きく重い上、風の強い日でもしっかりドアを支える事が出来る様に、力の入れやすい形状を採用しているそうですが、実はこの形状、ドアを支えたり、開閉しやすくする為だけの形状ではないと言う事をご存知ですか?

モータースポーツを楽しむ事も前提に作られたBRZは、競技に参加するために必要なロールバーを組み込んだ際にも、ロールバーとドアハンドルが接触したりする事が無いよう設計され、ロールバーを入れた状態でもしっかり握れる形状になっているそうです。

ロールバーを装着する事を前提に設計されたドアグリップは、BRZをモータースポーツで楽しみつつ、日常での使い勝手も考慮したBRZならではの装備と言えるのではないでしょうか?

(井元 貴幸)

スバリスト井元のスバルの常識?非常識?

「第6回:エンジン停止後も燃料残量が確認できる?」

スバルのクルマに限らず、最近のクルマではエンジン停止後、つまりキーがOFF状態になっている場合、燃料計の針がEmptyの位置まで下がるものが、殆どです。

これは最近のクルマは電気式の燃料計を使用している為で、燃料タンク内のフロート(浮き)の動きを可変抵抗を用いて、電気的に抵抗値を残量に変換して表示する物で、昔のクルマに多かった機械式に比べ、針の動きが穏やかで急激な車体姿勢の変化などでも比較的残量の確認がしやすい事からも、殆どのクルマが電気式を採用しています。

しかし電気式燃料計はその名の通り、電気で駆動している為、エンジンキーをOFFにした場合は計測の為の可変抵抗への通電も停止する為、残量はEmptyの位置まで下がります。

しかしスバルのクルマの場合、エンジンキーがOFF位置でも残量の確認が出来るのをご存知でしょうか?

実はスバル車で液晶デジタル表示のODO/TRIP計が装備されているクルマは、キーOFF状態でもODO/TRIPボタンを押すと、メーターパネルが一時的に点灯し、燃料計とODO/TRIP計が起動し、走行距離や燃料残量を確認する事が出来ます。

意外と知られていない機能ですが、帰宅した際に駐車場等でエンジンキーを切った後に「あれ?今日どれくらい走ったっけ?」とか「明日遠出するんだった!燃料どれくらい残っていたっけ?」と言った場合に、わざわざキーをONにしなくてもボタンを押すだけで確認出来ます。

かなり裏ワザ的機能で、説明書にも書いていない車種もありますが、もちろんBRZでも動作しますので、是非一度キーOFF状態で愛車のODO/TRIPボタンを押してみて下さい。

とっさの時に覚えておくと、意外と使える機能です。

(井元 貴幸)

 

CLUBRZメールマガジンではBRZ情報をはじめ、SUBARUに関する話題、モータースポーツ、イベント告知など様々な情報をお届け!2週間に1度発行されるメールマガジンはCLUBRZ WEBサイトTOPページ右上のバナーから会員登録していただけるとご覧になれます。この機会に是非ご登録ください!

http://clubrz.jp/