SUBARU BRZ FANCLUB CLUBREEZE

CLUBRZ on Social

  • Facebook
  • Twitter

TOKYO AUTO SALON 2018 SUBARU BOOTH REPORT【Part1】

2018年1月15日

大盛況のうちに閉幕した東京オートサロン2018.今年もファンが気になるモデルが多数出展されていた。スバルブースではBRZ GT300やNBR24H参戦車両のWRX STIをはじめ、往年のWRC参戦車両といったスバルのモータースポーツの歴史を振り返ることのできるモデルの展示も注目された。今回はそんなSUBARUブースに展示された各モデルを2回にわたり紹介しよう。

■VIZIV Performance STI CONCEPT

昨年の東京モーターショーに出展れた「VIZIV Performance CONCEPT」をさらに進化させ、STI30周年を象徴するモデルとして展示された。各部の空力性能を向上させるだけでなく、市販のSTIパーツやコンプリートカーのイメージを随所に取り入れ、これからのSTIのハイパフォーマンスモデルを予感させるコンセプトモデルだ。

■ SUBARU LEGACY RS 1993 NEW ZEALAND RALLY

WRCで勝つために生まれたインプレッサWRX登場直前の93年のニュージーランドラリーでスバル初となるWRC優勝という栄光をもたらした初代レガシィのWRC参戦車両。デビュー直前の世界速度記録に続き”世界一のクルマ”として今も根強いファンの多いモデル。

■SUBARU IMPREZA 555 1996 SAN REMO RALLY

国産車初のWRC3年連続マニュファクチャラーズチャンピオンという快挙を成し遂げたインプレッサ。展示車両はグループAと呼ばれる当時最高峰のカテゴリで戦ったマシン。ボディ形状はもちろん、リヤスポイラーなどの多くの部品が市販車と全く同じものが使われていた。

■LEVORG STI Sport STI Performance

STIの手掛けた足回りと上質なボルドー色のインテリアが好評のレヴォーグSTI Sport。このレヴォーグにさらなる”強靭でしなやかな走り”を加速させるSTI Performanceパーツを追加したモデル。注目はなんといっても新作の18インチ鍛造ホイール。4月からの発売に先行し初公開となった。

 

今年のSUBARUブースも魅力あふれるモデルが数多く出展された。スバルのモータースポーツの歴史をふりかえることができたほか、今後発売予定の新作STIパーツなどの発表など、見逃せないものが多かった。次回はBRZ STI Sport STI PerformanceやS208などを紹介する。こちらもお楽しみに!

(井元 貴幸)