SUBARU BRZ FANCLUB CLUBREEZE

CLUBRZ on Social

  • Facebook
  • Twitter

SUBARUのMOTOR SPORTシーズンがいよいよ始動!

2018年2月15日

2月22日、小雪の舞う富士スピードウェイにて、2018年シーズンのスーパーGT300クラスに参戦するSUBARU BRZ GT 300とニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦するスバルWRX STIのシェイクダウンが公開された。

BRZファンの皆さんも期待のSUPER GTでは、昨年と同じくドライバーに井口卓人選手と山内英輝選手がステアリングを握る。また、チームの指揮を執る辰己英治総監督に代わり、渋谷真氏がプロジェクトゼネラルマネージャーに就任。

 

渋谷氏は旧 富士重工業株式会社(現 株式会社SUBARU)時代にはBRZの開発エンジニアとして携わっていたBRZを知り尽くす一人だ。

渋谷氏によれば「昨年は、コーナリングでは速さを見せつけることができましたが、残念ながらストレートでの速さで負けてしまうことが多く、今年はストレートでも速いマシンを作るべく空力などにも力を入れました。ファンの皆さんの期待に応えられるマシンに仕上がったと思っています」と語った。

空力面では具体的に前後フェンダー、カナード、ドアミラーを新設計としたほか、エンジンについても燃焼室形状の見直しや冷却性能の改善などが施された。

また、昨年はブレーキトラブルに見舞われるレースもあり、今シーズンのマシンではブレンボ製へとメーカーが変更されたほか、熱容量なども改善されている。

今シーズンのBRZ GT300の活躍に期待大だ!皆さんも引き続きCLUBRZとともにBRZを応援しよう!

 

次回はニュルブルクリンク24時間レースのWRX STIについてもレポートする。

(井元 貴幸)