SUBARU BRZ FANCLUB CLUBREEZE

CLUBRZ on Social

  • Facebook
  • Twitter

SUBARU 2018 MOTOR SPORT FUN MEETING EVENT REPORT【Part1】

2018年3月16日

3月11日に、株式会社SUBARU本社 恵比寿ショールーム「SUBARU STAR SQUARE」にて、毎年恒例となった「SUBARU2018モータースポーツファンミーティング」が開催された。

このイベントはSUBARUが参戦するSUPER GT、ニュルブルクリンク24時間レース、全日本ラリー選手権、86・BRZレースの総監督やドライバー、レースクイーンが集合し。ファンの皆さんと交流を深めるイベントだ

まず、STIの代表取締役社長 平川良夫氏から、挨拶があり60年前の3月に「スバル 360」が発売され、STIが30年前の4月に誕生した貴重な節目にモータースポーツを通じてスバルとユーザーの絆が深まればとの想いと、7年前の東日本大震災で犠牲になった方々への冥福を祈りたいと語った。

最初のパートでは今シーズンはSUPER GT GT300クラスにBRZで挑むほか、ニュルブルクリンク24時間レースにWRX STIで参戦する井口卓人・山内英輝選手が参加したほかSUPER GTの渋谷真監督、ニュルブルクリンク24時間レースの辰己英治監督が登場した。すでにシェイクダウンがおこなわれ、シーズンインに向け様々なテストが繰り返されている。今回のイベントではマシンの感触や今年の抱負などが語られた。

SUPER GTのBRZについては、テストで今までにないLAPタイムをたたき出しているという報告も井口選手からあり、ファンにとっては期待できる1年となりそうだ。

また、渋谷総監督から昨年の反省点を踏まえ、得意なコーナリングを伸ばしたうえ、ストレートでの速さに磨きをかけていると語られた。エンジンについては燃焼効率の向上と空力についてもボディを進化させコーナリングでもストレートでも速いマシンを作り上げているそうだ。

ニュルブルクリンク24時間レースについては、山内選手から昨年より確実に速くなっているという感触で早くニュルを走ってみたいと語られた。また井口選手が新たに、WRX STIでニュルブルクリンク24時間レースに参戦することで王座奪還への熱い思いも語られた。

続いて全日本ラリー選手権、86/BRZ Raceのパートでは、競技の裏話が語られたほか、今シーズンの意気込みが語られた。全日本ラリー選手権の新井選手はシリーズチャンピオンはもちろん、シーズン最多勝も目指していきたいと語られた。勝田選手はシリーズ優勝連覇はもちろん、唐津での13連勝を目指しているそうだ。鎌田選手は開幕戦での優勝で気分的には楽であると語りシリーズチャンピオンを目指していくそうだ。

また、86/BRZ Raceについては今シーズン過去最大数のエントリーを誇るそうだ。久保選手からはもっと多くの人に86/BRZ Raceを知ってほしいと語り、ぜひサーキットへも足を運んでほしいと語った。井口選手は数少ないBRZで1-2を目指すと語った。また、ドライバーの紅一点、池島選手は昨年からBRZを駆り、フォーミュラやカートの経験は豊富ながらもワンメイクレースでは当初不慣れな部分もあったものの、シーズン後半は慣れも出てきたこともあり着実にステップアップしているようだ。 今シーズンは参戦するレースも数が増える予定で是非応援をしてほしいと語った。

 

次回はモータースポーツファンミーティングでの後半の様子をお届けする。

(Text by 井元 貴幸 Photo by 土屋 勇人・重田 信哉)