SUBARU BRZ FANCLUB CLUBREEZE

CLUBRZ on Social

  • Facebook
  • Twitter

CLUBRZ MAIL MAGAZINE Archive

2018年3月19日

CLUBRZで月に2回配信している無料メルマガ。メルマガ内でBRZの豆知識を紹介する「BRZ Tips」とスバリストならではのマニアックな情報を紹介する「スバリスト井元のスバルの常識非常識」の内容を振り返る「CLUBRZ MAIL MAGAZINE Archive」今回は2013年1月22日に発行された第17号からピックアップしたものを紹介しよう。

「スバリスト井元のスバルの常識非常識 第9回:スバルの原点は直4+FRだった!」
2013年は富士重工業株式会社設立60周年、スバルのブランド55周年という節目の年です。富士重工業の設立とスバルのブランド設立に時間差がある理由は、富士重工業が当初「ラビット」でお馴染みのスクーター等を作っていた会社であり、その後1958年に自動車部門を設立し、初めてスバルというブランド名を冠した市販乗用車であるスバル360を発売した経緯があるためです。


しかし、実は初めてのスバルの乗用車は、スバル360とは別に存在するFRレイアウトを採用したクルマだったということをご存知ですか?
既に記したようにスバル初の市販乗用車は“てんとう虫”の愛称でお馴染みスバル360です。しかし初めてのスバルの乗用車は、それ以前に市販されなかった幻のモデルが存在しているのです。


それが1954年に公開された富士重工初の乗用車であるスバル1500。1.5L直列4気筒OHVを搭載する6人乗りの小型乗用車で、駆動方式はFRを採用していました。このモデルは試作段階で“P-1”と言う名前が与えられていた…と聞けば、知っている方も多いのではないでしょうか?
スバル1500は国産初のモノコックボディを始め、フロントに独立懸架サスペンションを採用するなど、当時としては最新の技術を取り入れた1台でした。またデザインも輸入車に負けない美しさを有していました。
スバル1500は当時の運輸省(現在の国土交通省)の性能テストで最優秀の成績を収め、群馬や埼玉のタクシー会社へ6台がモニターテストの形で販売されました。


そして1年間にわたるモニターテストも好評で市販化が期待されていましたが、残念ながら当時の国内情勢その他の事情により市販には至りませんでした。
しかしスバル1500の開発で得られたノウハウはその後に登場するスバル360やスバル1000に活かされました。その意味でもスバル1500が歴代スバル車の原点といえるでしょう。


スバル360がスバル初の乗用車ではないということは意外に知られていないようですが、実はBRZのルーツがスバル初のFR車であるスバル1500にあるということも意外と知られていないのです。
(井元 貴幸)
BRZ Tips【ドライバーを不安にさせないメーカーの心配りとは?】

現代のクルマはあらゆる部分がコンピュータ制御されています。エンジンをはじめABSやVDC(横滑り防止装置)などの走りに直接関わる部分から、メーターパネルやルームランプといった細かい部分まで、ECUと呼ばれるコンピュータが制御を行なっています。


エンジンやABSといった重要なメカニズムはセンサーから送られた情報により、ECUで異常がないかチェックする機能も備えており、万が一の際にはメーターパネルの警告灯等でドライバーに異常を知らせます。
そうしたチェック機能のひとつにABSのシーケンスチェックというものがあります。これはABSユニットが正常に作動しているかをECUがチェックする機能です。

かつてのスバル車に乗っていた方で、エンジンを始動した後にクルマからコトコトという音が聞こえてきた経験がある方もいるのでは? 実はこれこそがABSユニットが発するシーケンスチェックの音なのです。

この音はある意味、異音ともとれるもの。それだけに敏感なドライバーの方からは「異音がでている」という指摘が少なからずあったそうで、スバルではシーケンスチェックの動作やタイミングを変える改良がなされた経緯があります。


2代目レガシィが登場した1998年頃のスバルのモデルでは、エンジン始動後の最初のブレーキング時にシーケンスチェックが作動していました。しかし駐車場などからクルマを出した時などはすぐにブレーキを踏むことが多く、それだけに低速なので音に気がつく人も多かったようです。
その後の改良でブレーキを踏んだ時にシーケンスチェックができるようになり、時速15キロ前後で走行中にこれを行うようになりました。結果シーケンスチェックの作動音に気がつく人はかなり減ったそうです。

BRZではそのシーケンスチェック機能がさらに進化しています。これは現行型インプレッサから採用されている最新のシーケンスチェック機能で、時速40キロでシーケンスチェックを行なうため、ほとんどの人は音に気がつかなくなったそうです。
安心してクルマに乗るためにはこうしたチェック機能は必須ですが、作動音でドライバーを不安にさせない制御もメーカーの心配りともいえるのではないでしょうか?

(井元 貴幸)

※内容は2013年1月現在のものです。