【ちんこを硬くする方法と秘訣】これで勃起時ペニスの硬さがガチガチにアップ!

「年齢を重ねるとともに、勃起力が低下してきた気がする」
「セックスのときに、フル勃起できなくなってきた・・・」

とお悩みの中高年は少なくないのではないでしょうか?

加齢による自然現象であらがえないとはいっても、やはり寂しいもの。何より、セックスでパートナーを満足させられているかどうか心配になってしまうと思います。

実は、勃起力低下が気になる男性に衝撃的なデータがあります。

メンズ専門サロン「ゴリラクリニック」が行ったアンケート調査によると、「女性がペニスに一番重要なのは勃起時の硬さ」という結果だったのです。

女性がペニスに求めるもの

出典:ゴリラクリニックdig

このアンケート調査を見てみると、ペニスの「太さ」や「長さ」よりも「硬さ」の方が大切と考えている女性が多いことは明らかです。

だからこそ、若かりしあの頃のギンギンの硬いペニスを取り戻したいですよね。

そこで今回は、「誰でも簡単にできる!ペニスを硬くする方法12選」を紹介します。この記事を参考にすれば、セックスで女性をとりこにできること間違いありません。

ペニスを硬くする方法

目次

誰でも簡単にできる!ペニスを硬くする方法12選

元気のないフニャフニャペニスをギンギンの硬いペニスにするのには、12の方法があります。

各々の方法について、分かりやすく紹介していきます。

ペニスを硬くする方法1|勃起薬(バイアグラなど)

ペニスを硬くする方法として、誰もが最初にイメージするのがバイアグラといった勃起薬だと思います。

勃起薬とは、ED(勃起不全症候群)の治療薬を指し、通常、病院の医師によって処方されます。

ED治療薬は、専門医による診察を受けたうえで、必要に応じて適切な種類・量が投与されます。

個人輸入などで手に入れられるものは、副作用のリスクが大きく、万一何か命に関わるような異変があっても対処が難しいので、おすすめできません。

バイアグラ

ED治療薬でペニスが勃起する仕組み

EDというのは、勃起の仕組みのプロセスにエラーがある状態をいいます。

元来、男性の体内ではcGMP(サイクリックGMP)という血管拡張作用があり勃起をサポートする物質と、cGMPを破壊し勃起しようとするのをブロックするPDE5(ホスホジエステラーゼ5)という酵素が、バランス良く作用することで、健全な勃起が起きます。

ただ、cGMP が作られる量は加齢に伴い減ってくるので、PDE5がバランス的に過剰な状態(普段から勃起がブロックされている状態)になることがあります。これがEDが発症する仕組みです。

勃起薬は、このPDE5の働きを阻害することで、一時的にPDE5の過剰な状態を緩和し、健全な勃起を促すための医薬品。

これによって、勃起時の硬さがアップするだけでなく、セックス中の中折れも少なくなるという利点もあります。

とはいえ、いかな医薬品でも、ED治療薬は根本的な解決とはならないので注意が必要です。ED治療薬の作用は瞬間的なもので、服用しなくなればまた元の状態に戻ってしまいます。

ペニスを硬くする方法2|コックリング

コックリング

コックリングとは、ペニスの根本に着ける輪っか状のアイテムのことをいいます。海綿体内にある血液の流出を阻止することで、ペニスの硬さがよりアップするという仕組みです。

使用方法はとても簡単で、平常時のペニスにリングの要領ではめるだけ。これによって、勃起したペニスの根本がギュっと締め付けられ、血液がペニスの外へ流出するのをブロックします。

しかし、ペニスに血液が過剰に集中するあまり、コックリングが外れなくなったり、組織が傷ついてしまうというリスクがあるので、頼り過ぎには注意してください。

コックリングを利用するときは、使い方をきっちり守りましょう。

コックリングは、見ればすぐに使っているのが分かってしまうので、彼女には内緒にしておきたい人に向かないかもしれません。
効果は瞬間的なもので、使わなければ元の状態に戻ってしまうのもマイナスポイントといえるでしょう。

ペニスを硬くする方法3|亀頭増大術

亀頭増大術

出典:ハニークリニック

亀頭増大術とは、アクアミド、パフォームといった医療用で安全性の高いことが認められた薬剤を、亀頭全体やカリの部分に注入し、ハリを出すことで、亀頭の硬度を高め、サイズアップさせる方法です。

手術というと、何となく躊躇する人も少なくないと思いますが、手術そのものは痛みを伴うものではなく、効果は手術した直後にあらわれるのが一番の利点です。

ハードルとなるのは、保険適用ではないため自費扱いとなり、高額な費用がかかってしまうこと。より安全性が高いヒアルロン酸のように、日数の経過とともに体内に吸収される薬剤が使われたときは、効果が薄まってくるため、また手術を受けなければなりません。

さらに根本的な解決手段ではないのも、マイナスポイントといえます。

亀頭増大術は、安全性が十分に確立されていない薬剤を用いているクリニックもあります。相場より極端に安い料金は、特に気を付けてください。また、手術を受ける前にどんな薬剤を使用するのか確認することも必要です。

ペニスを硬くする方法4|チントレ「ジェルキング」

ジェルキングは、チントレ(ペニスのトレーニング)の一つです。欧米ではメジャーですが、日本では認知度が低く、ほんのわずかな人しか行っていません。

有名人で言うとガクトさんが、テレビ番組でチントレをおすすめしていました。あのガクトさんは筋トレで身体を鍛えていますが、ペニスも鍛えていたんですね。

このチントレは、手指を使ってペニスに刺激を与えることによって、ペニスへの血流を促進し、勃起力を向上させることが目的です。

方法はそれほど難しいものではなく、半勃起の状態で、人差し指と親指でリング状を作り、ペニスを15~20分程度、刺激します。

こうすることで、ペニスへの血流が促進され、普段以上にペニスが膨張し、硬度も増してきます。長期的に続けなければなりませんが、早くて1~3ヶ月の継続で効果があらわれてくるケースもあります。

ペニスを硬くする方法5|PC筋トレーニング

PC筋とは?

PC筋

PC筋とは『pubo coccygeus muscle』の略語で、日本語名は「骨盤底筋」「恥骨尾骨筋ちこつびこつきん」などと称されています。お尻の穴の周りにある筋肉で、主に排泄を制御する役割を持っています。

また、PC筋は勃起時にペニスに集まった血流を、海綿体の外に流れ出すのを阻止する作用もあるため、PC筋をトレーニングすることで勃起を長時間、維持できるようになったり、中折れも少なくなります。

さらに、射精を自由にコントロールできるようになるという利点もあります。

PC筋の鍛え方

PC筋のトレーニングをするときには、特に道具などは必要ありません。やり方はごくシンプルで、単に肛門を開け閉めすることで、少しづつ鍛えられていきます。

とはいえ、トレーニングのしすぎは炎症が起こってしまうといった、トラブルの原因になるので、正しいやり方で行いましょう。

【PC筋トレーニングのやり方】

  1. 5秒かけて徐々に肛門を締める
  2. 締まり切った状態を5秒キープ
  3. 5秒かけて少しずつ肛門を開く

1~3を10回で1セットとして、1日4セット続けてください。効果は徐々にあわられるので、毎日継続するようにしてください。

早い人なら1ヶ月程度で、効果があらわれてきます。

ペニスを硬くする方法6|スクワット

スクワット

スクワットと勃起力アップには、あまり接点がなさそうにイメージされると思いますが、そうでもありません。

太ももはペニスとごく近いところにあり、スクワットで太ももの周りの筋肉をトレーニングすることで、海綿体へ流れ込む血液量も格段に増してくるという仕組みです。

かの有名なAV男優しみけんさんも、「精力増強にはスクワット!」と断言していることからも、その効果の高さが垣間見えます。

スクワットも、先ほど解説した「PC筋トレーニング」と目的は同じような感じです。下半身(太ももやお尻)の筋肉を刺激することによって、PC筋をはじめとするインナーマッスル(体幹筋肉)が鍛えられ、勃起力アップ、精力向上の実現につながります。

超初級者向けスクワットの方法

腰痛の症状がある人や、日ごろ運動不足でいきなりきつい運動をするのは困難という人は、最初にこちらのスクワット法から実践しましょう。

イスに座ったままでできるこのトレーニングは、デスクワーク中でも行うことができます。

参考:YouTube

スクワットは最高の体幹トレーニング!!(体幹部と下半身の連動性を高める)

中級者向けスクワット「SIT」の方法

SITとは、「スプリント・インターバル・トレーニング」の略語です。

「全力での運動(20秒)とインターバル(2分間)を3回反復する」という非常に短い時間でのトレーニングで、4有酸素運動を45分行ったのと同じくらいの運動効果が期待できます。全部通して行うと5分強で終わります。

最高クラスの時短運動ともいわれ、効果が高い分、トレーニングは非常にキツイです。

毎日続けて実践することで、インナーマッスルが鍛えられ、全体的に筋肉量もアップするほか、勃起力アップ、硬度向上にもつながります。

参考:YouTube「How To Do a Burpee」

トレーニングによって、筋肉量が増加すると、男性ホルモンの働きも活性化し、分泌量もグンと増えます。男性ホルモンは、精力増強、スタミナアップ、性欲増進などに寄与するため、ペニスを硬くできる以外のメリットが大きいのでおすすめです。

ペニスを硬くする方法7|適度な射精

射精

仕事が多忙過ぎたり、精力が低下してくると、オナニーの回数も自然と減少してきます。全然射精しなくなると、男性機能そのものが弱体化してしまうので、時には、オナニーで出すことが重要です。

(ただ、毎日のようにオナニーしても、特に健康には害はありませんが、男性ホルモン分泌量が減少してきた中高年世代は、若かりし頃と同じ頻度で抜いていると、精子量が減少したり、勃起力低下に陥ることがあるので注意が必要です。)

最近、勃起力の減退が気になるという人は、3日に1回程度に抑え、セックス前の3~数日間はオナ禁することをおすすめします。

ただ、オナ禁を長くしすぎると、男性ホルモンの分泌量が減ってしまうことが、ある研究で判明しており、男性機能の弱体化に直接的につながってしまいます。

セックスする予定がないのであれば、適度な頻度でオナニーすることを意識しましょう。

ペニスを硬くする方法8|禁煙

禁煙1

ED(勃起不全)患者の約5割にタバコを吸う習慣があるというデータがあるほど、喫煙が男性機能にとって非常に有害なのは明確です。
喫煙習慣がある人の中で最近、勃起力が減退したなと感じる人は、すぐにでも禁煙をスタートさせましょう。

ちなみに、タバコのにおいは、吸わない女性にとってはとても不快なものです。女性からの「モテ」を意識するなら、タバコを吸わない方が有利かもしれません。

ニコチンには血管を収縮させる作用があり、喫煙を続けると、動脈硬化やED(勃起不全)などにかかるリスクが高まってしまいます。

男性機能の面だけでなく、健康面、老化予防面、全ての面において喫煙は害にしかなりません。

できれば、これを機会にスパッと禁煙したいところ。とはいっても、なかなかすぐには禁煙できないよという人も多いでしょう。

その場合は、タバコの本数を減らすだけでも、多少は男性機能を取り戻す効果があることが判明しているので、最初は減煙から取り掛かってください。

ペニスを硬くする方法9|減酒・禁酒

禁酒禁煙

少しくらいの飲酒なら、アルコールが脳の中枢神経の働きを抑制して、緊張やストレスを緩和するというメリットもあります。

いざ女性を相手にするというときに、緊張のあまり勃起できなくなるといケースには、アルコールは良い影響を与えることもあるでしょう。

ただ、お酒の飲み過ぎは勃起中枢を麻痺させて、逆に勃起力低下を引き起こしてしまいます。

また、アルコールは体内で分解される段階で肝臓に負担をかけますが、肝機能が低下すると、男性ホルモンである「テストステロン」の分泌量が減ってしまうことが明らかとなっています。

そのため、基本的に飲酒は男性機能低下につながることを心に留めておいてください。

ペニスを硬くする方法10|ダイエット

ダイエット

肥満傾向の人は、健康面だけでなく、お腹のぜい肉にペニスが引っ張られ、脂肪の中に埋没してしまい、「短小になってしまうというところがマイナスポイントです。

中年太りが原因で埋没包茎になるケースもありますが、基本的には標準的な体型にダイエットすることで、改善が見込まれます。

BMI(体格指数)が肥満にあてはまる人は、標準体重まで減らす努力をしましょう。

BMI指数では25以上で「肥満」と判定されます。

BMI値が高めの人は運動習慣や食生活に留意し、適正体重(BMI数値:18.5~25未満)まで下げるようにダイエットしてください。

先ほどの「ペニスを硬くする方法6|スクワット」で紹介したスクワットは、ダイエットにもつながります。特に、中級者向けスクワット「SIT」は、効果絶大。筋肉量アップ&体脂肪ダウンと、メリットがいっぱいです。

ペニスを硬くする方法11|食生活の改善

栄養バランス

若かりし頃の勃起力を取り戻すためには、毎日の食事内容の改善が、絶対に必要です。

基本的には「ビタミン」「ミネラル」「たんぱく質」をバランス良く摂取することで、男性機能の回復が見込めます。

脂肪分・糖分が多すぎるファストフードやインスタントラーメンなどをなるべく避け、「肉・魚」「野菜」「大豆製品」といったものをバランス良く摂取できる献立を意識してください。

精子の原材料となる「亜鉛」を豊富に含む牡蠣やレバー、血行改善や成長ホルモン分泌の活性化作用のある「アルギニン」を豊富に含む大豆食品は、できるだけ多く食べたい食材です。

食事改善のポイント

アミノ酸を摂る

アミノ酸の一つである「アルギニン」は、勃起時の硬度に非常に貢献する成分です。

アルギニンを摂取すると、体内ではNO(一酸化窒素)が生成され、結果的に、血管が拡張されます。

この働きによって血行が促進され、ペニスの海綿体に流れ込む血流量が増すことで、ガチガチにフル勃起した硬いペニスが実現するワケです。

アミノ酸を効果的に摂取するには、低脂肪・高たんぱくな肉・魚類を食べたり、プロテインドリンクの利用も効果があります。さらに、「すっぽん」「まむし」などのいわゆるスタミナ食材も、良質なアミノ酸を豊富に含んでいます。

脂質・糖質を控えめにする

いくら肉類にアミノ酸が豊富といえども、摂り過ぎれば脂質過剰になります。さらに、ごはんや麺類が中心となる日本人の食生活は、万年、糖質過剰な状態です。

放置しておけば、血液がドロドロになり、血流が停り気味になってしまいます。このような状態では、海綿体に十分量の血液が流れ込みません。

なお、糖尿病患者がEDに罹患しやすいのは、血糖値が高まることで血液がドロドロになることが原因です。

脂質・糖質を少なくする食生活に留意し、野菜をなるべく多く食べるようにしましょう。

アリシンを摂る

アリシン

アリシンは、「タマネギ」「ネギ」「ニンニク」などに、多く含まれている栄養素です。

血液サラサラ効果があるため、海綿体への血液量増加にも貢献します。さらに、滋養強壮・疲労回復効果もあるので、精力増強にも。

ペニスを硬くする方法12|精力剤(サプリメント)

精力剤(サプリメント)とは?

ペニスを硬くするサプリ

精力剤(サプリメント)とは、勃起力アップや精力増進に効果的な成分を、バランス良く配合した健康食品のことをいいます。

マルチミネラルやマルチビタミンの、男性向けバージョンといった感じでしょうか。

セックス前の景気づけに飲む、滋養強壮ドリンクとは違い、継続して服用することで、根本的な改善を実感できるのが最大の利点でしょう。

精力剤というと、何となく「実際のところ、ちゃんと効果があるのな?」と疑ってしまう人もいるかもしません。

しかし、サイト管理人も様々な種類の精力剤を飲んでみましたが、勃起力アップ、精力向上効果が、はっきりと実感できています。

精力剤で自信復活

精力剤で勃起力がアップするメカニズム

ギンギンのフル勃起ペニスを取り戻すには、「アルギニン」と「シトルリン」の2大成分が不可欠です。

アルギニン

アルギニンは、一酸化窒素(NO)を生成して血管を広げる働きがあるため、勃起力アップにダイレクトに貢献します。

勃起力が減退するのは、血液がドロドロになって血管が硬化し、必要な量の血液がペニスに流れ込まなくなることが、大きな原因の1つです。

アルギニンは、そういった状態を改善させる作用が期待できるのです。

シトルリン

シトルリンにも、アルギニンと同じように、血管を広げる働きがあります。

この作用によって、海綿体内の毛細血管が拡張し、大量の血液が流れ込むことで、ギンギンのフル勃起状態へと促します。

「アルギニン」「シトルリン」の同時摂取でさらなる相乗効果!

2つの矢印

アルギニンとシトルリンを一緒に摂取すると、相乗効果が働き、さらに多くの一酸化窒素を産生し、ペニスに流入する血流が増加して、より効率的に勃起力が向上します。

そのため、最低限、アルギニンとシトルリンの2大成分が配合されていることが、高品質な精力剤選びのボーダーラインになります。

また、男性ホルモン「テストステロン」量を増加させ、精液・精子の原材料でもある亜鉛も、精力向上に有効です。

勃起力アップに寄与するには、「アルギニン」「シトルリン」「亜鉛」の3つの成分が、バランス良く配合されているものが、ベストな精力剤選びの重要なポイントといえます。

精力剤にデメリットはある?

ただし、精力剤はあくまで加工食品扱いのサプリメントであり、ED治療薬と異なり、医薬品に指定されてはいないため、服用して即日効果を実感できるという性質は有していません。

勃起力アップ・精力向上に期待できる有効成分を長期的に摂取することで、徐々に効果があらわれていくものなのです。

人体の細胞は、完全に入れ替わる(ターンオーバー)には、最低でも約3~6ヶ月はかかるため、短くても3ヶ月以上は続けて服用しましょう。

医薬品ではありませんが、その分副作用はほとんどないので、安心して継続できます。

サプリでガチガチペニスに!高確率で実現させる唯一の方法

サイト管理人は、一部の高品質な精力剤を飲み始めてからは、勃起した時のペニスの硬さも増し、増大効果も実現しています。

中身がしっかりとした精力剤は、続けて摂取することで本当にギンギンのフル勃起ペニスが手に入ります。

しかし、そんな精力剤の効果に懐疑的な人も、少なからずいるでしょう。

実際、私も前まではそのうちの1人でした。

ただ、私が実際に数えきれない種類のサプリを飲んでみたところ、ある精力剤は格が違いました。

他の精力剤ではほとんど変化がみられなかったフニャフニャペニスが、飲み始めてから2ヶ月くらいで、明らかに勃起時のペニスが硬くなってきたのです。

硬い勃起ペニス

精力剤の服用を続けることで、ガチガチにフル勃起できるようになっただけでなく、精力も増強され、近ごろでは考えられなかった二回戦目へ持ち込むことも可能になりました。

とはいえ、当然のことながらどのサプリでも効果があらわれる訳ではありません。(というより、効果をまったく実感できない粗悪品の方が遥かに多いのが実情です)

やはり、勃起力アップやペニス増大に期待できる成分が、必要十分量、なおかつバランス良く配合されていることが大前提で、これは、精力剤のパッケージ表記を買う前に、しっかりと分析調査する事で見極めることができます。

しかし現実は、正確な分析をするにはそれなりに専門知識が要るため、一般人にとっては容易なことではありません。

そこで当サイトでは、今ちまたで人気あるいは効果アリと口コミの多いあらゆる精力剤パッケージ表記を徹底的に分析本当に効果が期待出来る銘柄を3つに厳選することができました。

そのうちの1つが、先ほど述べた精力剤という訳です。

では、気になる「その3つの精力剤」とはどんな銘柄なのか?

次の記事で紹介していますので、これから精力剤を買おうかなと思っている人の参考になると思います。

この記事を読めば、質の悪い精力剤を誤って買ってしまうリスクも劇的に減らせますので、オススメです。

⇒【最新】人気の精力剤 成分分析/効果比較結果はこちら!

【まとめ】

いかがでしたでしょうか?

ここで改めて、ペニスを硬くする方法を振り返ってみましょう。

ペニスを硬くするには12の方法があります。

  1. ED治療薬(バイアグラなど)
  2. コックリング
  3. 亀頭増大術
  4. チントレ「ジェルキング」
  5. PC筋トレーニング
  6. スクワット
  7. 適度な射精
  8. 禁煙
  9. 減酒・禁酒
  10. ダイエット
  11. 食生活の改善
  12. 精力剤(サプリメント)

1~11のマイナスポイントとしては、次のような点が挙げられます。

  • 即効性はあるものの、根本的な解決にならない(ED治療薬、コックリング、亀頭増大術、オナ禁)
  • 副作用を伴う(ED治療薬)
  • 効果を実感できるまでに長期間かかる(禁煙、禁酒、ダイエット、食生活の改善)
  • 毎日続けるのが面倒くさい・飽きやすい(ジェルキング、PC筋トレーニング、スクワット)
  • すぐに完全に行うのが困難(禁煙、禁酒、ダイエット、食生活の改善)

その点、12の精力剤(サプリメント)は、

  • 体内から体質改善がされるので、根本的な解決につながる
  • 副作用を伴わない
  • サプリを服用するだけなので、毎日飽きずに続けられる
  • サプリが到着したら、その日のうちにスタートできる
  • すぐには効果はあらわれないものの、早い人なら1~3ヶ月程度で効果があらわれ

のように、良いところがたくさんあります。
当サイトの管理人も、最もおススメしたい方法です。

ただ、精力剤は亀頭増大術ほどではないものの、その他の方法と比較して、それなりにお金がかかります。
そうなれば、精力剤選びに絶対失敗したくありませんよね。

そこで、サイト管理人が様々な種類のサプリメントを取り寄せ、実際に試した結果、本当におススメできる商品のみを、次の別記事で厳選して紹介しています。

⇒【最新】人気の精力剤 成分分析/効果比較結果はこちら!

 

さらに、パッケージの成分表示の分析の仕方を詳細に解説した記事も、優良な精力剤選びに役に立つと思いますので、併せて読んでみてください。

⇒「パッケージ成分表記の分析方法」解説記事

最後まで読んでいただき感謝します!

ペニスを硬くする方法

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

アクセスの多いコラムランキング

error: Content is protected !!