【効果のある精力剤/ペニス増大サプリの見極め方法】成分表記の分析法を知る

世の中には数々の、「精力剤」「ペニス増大サプリ」が存在しますが、必ずしも人気のサプリ=高品質のサプリではないのが実情です。

目立つプロモーションやキャッチコピーでさんざん煽っておきながら、その実、勃起には直接役立たない成分や、容量をかさ増しするために添加物を過剰に入れている、質の悪い粗悪品も目立ちます。

精力/増大サプリは決して安くはありません。せっかくの自分にお金をかけても、それが無駄になってしまわないよう、商品を見定める目を養いたいものです。

そこでこの記事では、悪い精力/増大サプリの見抜き方と、優良な精力/増大サプリの選び方を全力でお伝えしてまいります。

この記事を最後まで読んでもらえば、粗悪品を誤って購入してしまうことはほぼ無くなりますので、最後までお付き合いください。

キャッチコピーにだまされない

精力剤/ペニス増大サプリの宣伝文句やキャッチコピーには、守る必要のある決まりがあります。

サプリメントは、食品扱いで医薬品とは異なるので効果効能を、直接的に謳うことは法律上禁止されています。なので、ストレートな表現ではなく、湾曲的にペニス増大効果をアピールしなければなりません。

多くのペニス増大サプリは、海綿体への血流量を増加させるためのアルギニンとシトルリンを主たる成分としており、結果としてその配合量の多さをアピールすることにつながります。

また、男性ホルモンへの働きかけも必要なので、マカやトンカットアリなどアルギニン・シトルリン以外の成分も不可欠です。

これらの理由から、大半の精力剤ペニス増大サプリは宣伝文句やキャッチコピーに、成分の種類の数や配合量、カプセルのデカさなどを、各社それぞれが商品のメリットとしてアピールしています。しかし、次のようなうたい文句には注意してください。

100種類以上の成分を配合!
・有効成分を100倍濃縮し、1000mg相当を配合!
・500mgの大容量カプセル

それでは、こういったうたい文句のどこがアウトなのでしょうか?

次から順番に、詳細に分かりやすく解説していきます。

「100種類以上の成分を配合」に注意!

注意警戒

例えば、ある人気増大サプリの箱には、「従来の原料はそのままに、さらに100種類以上の成分を追加配合!」と書いてあります。

そのうえ、主成分のL-シトルリンは「従来の2倍」と記載されています。この商品の原材料名を数えてみたら、約120種類もの成分名が書かれていました。

主成分は従来品の2倍もあるし、ひとつのサプリメントで100種類を超える成分が含まれているなら、ものすごくお得感がありますよね。

この商品は350mgのカプセル(内容量は273mg)が1箱に30カプセル入りとなっているので、1日に摂取する目安量は1カプセルです。

となると、1カプセル273mgの中に100種類以上もの原材料が配合されていることとなり、もし全部の成分をまんべんなく配合させたとしても、1カプセルに詰め込める1種類当たりの含有量は2.73mgにしかなりません。

実際には、この商品はL-シトルリンが主成分としていて、しかも「従来版の2倍量を配合している」と書いてあるので、L-シトルリンはその他の成分より多くの量、含まれていなければなりません。

市販されている多くのペニス増大サプリでは、L-シトルリンの1日摂取量は数百mgですので、この商品のL-シトルリン配合量がもしも100mgとしたら、残りは173mgとなるので、1成分当たりはたったの2mg未満となってしまいます。

この商品には、L-シトルリンだけでなくL-アルギニンやL-オルニチンなどの単一成分と、マカやトンカットアリなどのエキス末が使用されています。

ビタミンやミネラルなどの単一成分なら数mg程度でも効果があらわれるものもありますが、マカなど植物原料などから抽出されたエキスには、ペニス増大・精力増強とは関係のない成分が、数多く含まれています。そのようなエキスをわずか2mgくらい摂ったところで、十分な効果は期待できないのです。

配合成分は種類の数ではなく、1日にどの程度摂れるかに注目する必要があり、いくら成分そのものが優れていても摂れる量がほんの少しなら、摂ってもあまり意味がありません。
ほとんど、すべてが無駄
になってしまいます。

例に挙げた精力サプリ以外にも、配合成分の数をウリにしている商品は少なくありません。しかし、そもそも食事で補えてしまうような栄養素や、ほかのサプリで代替できるような栄養素が多く使用されているサプリは、避けるのが賢明。

配合成分の含有量が明らかでないペニス増大サプリならば、多いものでも配合成分数は30~40種類程度がベターでしょう。

「有効成分を100倍濃縮」に注意!

リスク2

次も人気のある某ペニス増大サプリのうたい文句を参考にしてみましょう。

「効果を最優先にした配合量は100倍濃縮製法によって実現」とあり、配合量はL-シトルリン3000mg(相当)、L-アルギニン300mg(相当)です。

ただ、これはネットにある公式サイトに載っているうたい文句で、商品の箱には具体的な配合量は書かれていません。

この商品は1カプセル467mgで1箱90カプセル入りなので、1日3カプセル摂取するとすると全部で約1400mgという計算になります。

当然のことながら、L-シトルリンを3000mg配合することは、物理的に無理です。

L-シトルリンが100倍濃縮されているということは、実際的には1400mg中にたった30mgしか含まれていないということになります。

現在、日本国内で市販されているL-シトルリンの原材料は発酵法で製造されたものが大半で、次に合成法となっており、その他の製造法はほとんどありません。

発酵法で作られたサプリメントも合成法によるものも、原料のメーカーが製品に添付する規格書には「純度98.5%以上」と書かれています。

このような一般に流通している原材料を使っている限り、濃縮する必要がないばかりか、これ以上濃縮するのは無理といえるでしょう。

粗悪品見極め

仮に、純度100%のL-シトルリンを100倍に濃縮することが可能だとすると、L-シトルリンの結晶を超高圧で100分の1の体積に圧縮することになります。

とすると、それは濃縮ではなく厳密には圧縮ですが、それが技術的にできるかどうか不明ですし、そもそもカプセルの中身は粉末なので不可能といえるでしょう。

このサプリメントは、そのほかにも「ニンニク1日の摂取量1500mgを配合」とうたっていますが、1日の総摂取量が約1400mgなのに対して「1500mg配合」するのは物理的に無理です。

前提として1日4カプセル以上を摂るというのなら、可能かもしれませんが…。

成分配合量や濃縮成分が多いほど、効果が強く発揮されて、いかにも効きそうなイメージがしますが、サプリメント業界ではそんな数字のカラクリがあるのです。

賢い消費者になるには、カプセルに詰められる内容には限りがあることを知っておかなくてはなりません。

なので、「100倍濃縮」は疑ってかかる必要あり、さらに、「特定の成分が1日分の総摂取量を、明らかにオーバーしている配合量とうたっていないかどうか?」必ずチェックしてください。

 

「500mgの大容量カプセル」に注意!

大容量カプセル

アメリカブランドのサプリメントには、非常に巨大なカプセルやタブレットが多く見受けられますが、日本人向けに製造された国産のサプリメントは大半が長さ約1.9cmの1号カプセル(内容量約300~400mgの大きさ)です。

しかし、ペニス増大サプリの中には、その更に上を行く大きなカプセルも少なくありません。

特に、とある有名ペニス増大サプリは1粒733.5mgと、とてもビッグサイズなカプセルをアピールポイントにしていて、公式サイトには「とにかくでかい!0号サイズにギュッと濃縮」といううたい文句まであるほどです。

サプリメントに使われるカプセルには、000号~5号までのサイズ等級があり、0号は000号、00号の次に3番目に巨大なサイズです。

0号カプセルの長さは2.2cm以上あり、中身は約800mgまで詰め込むことができます。しかし、サイズがデカい分、非常に飲みづらく、お年寄りには大変危険です。

ストップ1

また、このように巨大なカプセルはカプセルそのものの重量が大きいので、1箱あたりの内容量は増やしづらく、この有名商品も1箱60カプセル入りで内容量は44gと、その他の類似品と箱単位の内容量にそれほど明確な差は見られません。

かえって、カプセルのサイズが巨大で飲みづらい分だけ、商品としての価値は下がるといえるでしょう。

カプセルのサイズは普通でも、1日の摂取カプセル数を多くしてカバーしている商品の方がおすすめ。飲み続けやすいほか、有効成分量を効率的に多く摂ることができます。

 

良いサプリメントと悪いサプリメント

優良サプリと粗悪サプリ

サプリメントとは、「配合されている栄養素や機能性成分が、人間の身体の生理機能に何かしらの影響(メリット)を与えることを期待する食品」と例えることができますが、

「科学的根拠(エビデンス)によって効果効能が明確にされているもの」医薬品または医薬部外品です。すなわち、効果効能を直接的にアピールできるのは医薬品のみということになります。

ただ食品の中にも、ビタミンやミネラルといった栄養機能食品や特定保健用食品(トクホ)、機能性表示食品のように、一部は機能性をうたえるものはありますが、いわゆる精力増強ややペニス増大を目的としたサプリメントは一般の加工食品に区分けされ、「これこれに効果があります」というような内容を、製品の箱や公式販売サイトに書くことは、法律上できません。

いかにも、具体的な効果がありそうなキャッチコピーや広告文には、思わず飛びつきたくなりますが、サプリメントは医薬品と違い、症状改善効果に対する裏付けがあるわけではないのです。

こういったことを踏まえると、質の高いサプリメントとは、次の通りになります。

・安全と品質が保証されている

品質

加工食品扱いであるサプリメントの安全性や品質の高さを担保するためには、原材料の品質管理や製造プロセスでの衛生状態、製品の保管方法などをしっかり管理しなくてはなりません。

品質を保証するために製造プロセスにおいてはGMP、原材料の安全性についてはHACCPという管理基準があり、食品の安全性や品質の高さを担保する目安となっています。

・生理作用が期待できる機能性成分が安全&適正な量として配合されている

精力増強・ペニス増大サプリでいうと、L-シトルリンといった主要成分が人間の身体の生理機能に作用できるだけの、必要十分な量を配合していることが明らかとなっていて、さらに記載された量がしっかりとカプセルに詰め込まれているということです。

世の中に毒性のない物質は皆無で、人間や動物にとって不可欠な水や酸素でさえ、摂りすぎれば身体には害となります。少量で人間の身体の生理機能に影響する成分の場合、その効果が高ければ高いほど、少しの量でも毒性があらわれてしまうので、害にならない安全な量で、なおかつ生理作用を十分に期待できる量を適正に配合されていることが必要条件になります。

・不純物はできるだけ排除去する

サプリメントで一番多くみられる健康被害の要因は、原材料や製造プロセスで混入した重金属や化学物質による中毒によるものです。このような不純物は許容される含有量の下限が法律で定められていますが、高品質なサプリメントは検査で検出されないレベルまで不純物が取り除かれています。

次に、食品表示の観点から優良なサプリメントと粗悪なサプリメントを比較してみましょう。

サプリメントの原材料表示について

サプリメントは加工食品扱いなので、食品表示法によって原材料表示の義務が定められています。

食品表示法とはJAS法、食品衛生法、健康増進法の食品表示に関する部分を統合した法律で、2015年に施行されたものです。

しかし、中小事業者が対応しようと思うと、多額のコストと専門的な知識が必要になるので、2020年4月までの猶予期間が設けられています。

なので、今のところ精力増強・ペニス増大サプリは、旧JAS法のまま原材料を記載している商品が大半です。というのは、粗悪なサプリを作るメーカーにとっては、そのほうが都合が良いからです。

旧JAS法では加工食品の原材料を、配合した量の多い順に記載することが決められているのですが、原材料と添加物との違いは明らかにされていませんでした。

そのせいで、ごく普通の消費者にはどの成分が原材料で、どの成分が添加物か見分けることは難しく、添加物なのにまるで有効成分のように記載しているケースが多く見られました。

しかし、2020年4月を過ぎれば、原材料と添加物の間に「スラッシュをはさむ、改行する、別欄にする」というように分かりやすく区分けしなければならなくなり、粗悪なサプリメントが淘汰されていくと予想されます。

参考までに、一般的なサプリメントに配合されるおもな添加物を紹介します。

カプセル、錠剤に使用される添加物

賦形剤

もっとも頻繁に使われる添加物で、容量や重量を増やす目的で用いられます。

炭酸カルシウム、リン酸カルシウム、セルロース、デキストリン、ブドウ糖、果糖、マルチトール、ソルビトール、デンプンなどが、それにあたります。

結合剤、滑剤

結合剤は、その名の通り錠剤やカプセルの結合に、滑剤は原料粉末が製造機械に付着してしまうのを防止し、錠剤の表面にツヤを出すために用いられます。

結合剤アラビアガム、アルギン酸、セルロース、デキストリン、ゼラチン、グアーガム、マルトースなど、滑剤炭酸マグネシウム、二酸化ケイ素などが、それにあたります。

コーティング剤

錠剤の酸化防止の目的と、飲みやすくさを増すために用いられます。
ワックス、シェラック、ミツロウなどが、これにあたります。

そのほかにカプセルの原料としてゼラチンがありますが、大きなサイズのカプセルをウリにしている人気増大サプリのなかには、原材料表示の2番目にゼラチンの表記がある製品も存在します。

成分表示に、原材料と添加物の区別を明確にして記載されるようになれば、原材料のチェックもしやすくなりますが、なぜこの添加物が使われたのか?ということまで分かるようになれば、ハズレのサプリをつかまされるリスクも激減するハズです。

優良サプリメントの表記はここをみる!

これまで、粗悪なサプリを見分けるための方法・知識を中心に紹介してきましたが、最後に高品質なサプリの選び方をお伝えします。

有効成分の上限は30~40種類が目安

いかにも効果のありそうな成分名を、ずらっと100種類以上記載してある製品でも、実際の含有量がほんのちょっぴりでは勃起力向上やペニスの増大は、とうてい期待できません。

1日の摂取量が限られた中で、必要十分の量を配合するためには、成分の数は多jくとも30~40種類くらいにとどめたものがベストです。

100種類、200種類と配合成分数がやたら多いサプリメントは、魅力に映りますができるだけ避けてください。

配合されている有効成分をしっかりチェックする

ペニス増大サプリはその大半がL-シトルリンとL-アルギニンの2つを主たる成分としています。

L-アルギニンは、ペニスの海綿体にある血管を広げて、血液の流入量を増加させることで、勃起を促します。L-シトルリンは、摂取するとその大半が、体内でL-アルギニンに変換されます。

この2つのアミノ酸は勃起の両輪のようなもので、ペニス増大サプリに不可欠な主力となるものです。

しかし、いくら血管が広がっても脳が性的刺激をキャッチしなければ、勃起せよという命令が下らず、せっかくのシトルリン・アルギニンを摂っても無意味になってしまいます。

そこで、性欲のスイッチを押すためのカギとなる成分の配合が、高品質な優良サプリには必要です。

ベガリア成分凝縮イメージ

おもなスイッチ成分トンカットアリとマカでしょう。

トンカットアリ男性ホルモンの一つであるテストステロンを増加させ、その働きを活性化させる効果が研究によって明らかになっており、マカ男性ホルモンには影響はないものの、男性を性欲をアップさせるといわれています。

この2つの成分もペニス増大サプリには不可欠な成分です。

そのほか、精子を作るのに不可欠なL-オルニチンや、精子の動きを活発にする、セックスミネラルとも呼ばれる亜鉛、古くから滋養強壮剤として用いられてきたアカガウクルア高麗ニンジンなども、高品質なサプリに絶対必要な成分といえます。

先ほどの述べたように、配合されている成分の数が過剰に多いと、その分、本当に必要な有効成分の配合量が目減りしてしまうので、要注意です。

 

⇒これらを元にした人気の【精力/増大サプリ】徹底分析はこちら!

 

参考知識「ペニス増大のメカニズム」解説

ペニス増大メカニズム

「デカいペニスが欲しい」というのは、ほとんどの男性の願望でもありますが、ペニスがデカく育つかどうかの初めの分かれ目は、胎児のころにまでさかのぼります。

まず、母親の胎内で誕生した生命が男子となるか女子となるかは、卵子と受精した精子が有する遺伝子の組み合わせによって決定づけられます。

男性に特有のY染色体を有する受精卵は、妊娠7~8週目くらいから、ペニス・睾丸など男性器の形成がスタートし、11~12週目ごろにはペニスの原型が完成します。

その後、妊娠20週目を超えるころには、男性ホルモンの1つであるアンドロゲンの分泌がさかんになり、胎児は大量の「アンドロゲン・シャワー」を浴びます。このアンドロゲン・シャワーを十分に浴びることで、性欲の源である「男脳」が形成され、初めのペニスの成長期がやってきます。

次のペニスの成長期は「第二次性徴」がおとずれる思春期ごろです。

12歳くらいから精巣が入っている睾丸と陰嚢(いわゆる金玉)が発達し、男性ホルモンの分泌量が桁違いにアップします。

ただ、ペニスが劇的に大きくなるのはこの時期より少し後の思春期が終わったころからで、10代後半ごろ~20代前半くらいまでに完成してきます。

ペニスの成長や女性の乳房の成長といった、幼児期~大人になるまでの性的な成長段階は「タナー段階」と呼ばれますが、普通はタナー段階が終了するときが、同時に性器の成長の完了するときだとされます。

大半の場合、ペニスの成長は20代前半ごろまでに終了します。

しかし、男性のペニスは女性の乳房とは異なり、通常下着の中に収まっているときと、実際に使うときとではサイズも形も全然別物で、通常時の見た目よりも勃起したときの大きさの方が重要です。

勃起した時のペニスの大きさと硬さは、ペニスの海綿体に流れ込む血流量によって決定づけられますが、日本泌尿器科学会の調査によると「通常の大きさと比較して、勃起時の膨張率が大きいペニスほど硬い」ということが判明しています。

逆に、普段の状態から大きなペニスは勃起してもさほど膨張せず、硬さ具合もイマイチなのだとか。

ペニス増大サプリは、バイアグラやシアリスのといったED(勃起不全)治療薬と同様に、ペニス海綿体の血管を広げて、流れ込む血流量を増加させ、勃起をサポートするのが主たる目的としています。

とはいえ、そもそも脳の性欲スイッチが押されなければ、いくら栄養成分を摂っても勃起はしません。性欲を起こすのは男性ホルモンの働きによるものなので、いくらバイアグラであっても、男性ホルモンが作用しない状態では効果を発揮することができません。

ペニスを増大させるためには、

1.健全な性欲を維持するための男性ホルモン分泌量を保つこと
2.より大きく広げられるようペニス海綿体の血管を健康&柔軟さを維持すること
3.勃起するときには、より大量の血流が流れ込めるようにできるかぎり血管を広げること

の3つの条件が必要ですが、バイアグラといったED治療薬には3番目の働きしかなく、1番目と2番目については生活習慣や食事内容が大きく影響しています。

また、毎日のようにペニスにフル勃起状態を起こしてやり、徐々に血管の拡張率を高めてあげることで、より大きく、硬い勃起につながります。

ここまで紹介した知識を参考にして、粗悪品でない、中身がギュっと詰まった高品質なペニス増大サプリを有効活用して、硬く大きなペニスを手に入れましょう。

精力剤で自信復活

終わりに

原材料が記載されている欄では配合されている成分と、使用されている添加物がしっかりと区分けされていて、さらに添加物の数が極力使っていないサプリメントを選んでください。

ペニス増大サプリに不可欠なL-アルギニンは、実は添加物に区分けされています。

とはいえ、製造プロセスで必要な添加物ではなく、栄養成分をより高めるための栄養強化剤であり、食品の栄養機能を向上させることを目的とした添加物です。

なので、L-アルギニンスラッシュ/で区切られた添加物欄の初めの方に書かれていることが、高品質のサプリメントのしるしといえます。

いかがでしたでしょうか?

粗悪なサプリメントの見分け方と高品質なサプリメントの選び方について、参考にしてもらえればうれしいです。

ここまで解説してきたテクニックを駆使して、人気精力/増大サプリの成分表記を徹底的に分析、最新の調査結果を、次の別記事にまとめてありますので、こちらも併せて読んでみてください。

⇒人気の【精力/増大サプリ】成分表記の徹底分析記事はこちら!

優良サプリと粗悪サプリ

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

アクセスの多いコラムランキング

error: Content is protected !!