吉原ソープ コスモスのさとみ嬢を体験!NSはOK!? 口コミ検証した

【場所】東京・吉原

【業種】コスプレソープランド

【店名】コスモス
〒111-0031 東京都台東区千束4丁目42−7
電話番号:03-3872-6963

【嬢の名前】
さとみ

【総額料金】
90分 30000円(室料込)
90分28,000円+指名料2,000円+コスプレ代2,000円-コスプレ半額デー1,000-ポイント割引1,000

【突入月】
2019年

・お店の対応★★★★☆
・写真通りか★★★☆☆
・スタイル★★★★☆
・満足度★★★★☆

予約受付の対応
今回は飲み会の予定がなくなったので急遽サイトでお店を調べてここに行きました!

当日のお店の対応
予算の問題もあるのですが初めてのお店ってこともあり短い時間で入店しました。
地雷を踏んで悪夢を見てしまわないよう今回はショートコースです。
このお店はコスプレがメインなんですがオプションになるのでこちらもやめました。
なので何も付けずお店に行くことを決めたのですが、いざお店に行くと揺らぐもので結局コスプレオプションをつけちゃいました。すみません笑

ご対面
そして初めて会うお嬢にドキドキしているとJKのコスプレをしたお嬢が私の前に現れました。
パネルで見たときは結構大人っぽさが目立っていたのでてっきりオフィスレディやら秘書やらを考えていたのですがJKだったので若干無理があるなと思っていました。
身長が高いのでこちらも無理があるかなとと思っていたのですがおかげでミニスカートになって美脚があらわに。これはこれでエロいですね。今回セーラー服だったのでコスプレ感が強かったです。顔はと言うと私のタイプではなかったのでそこは結構マイナスでした。

プレイ内容
部屋についてベッドでしばしのご歓談です。その間も手を握ってくれてお嬢の手の柔らかさと温かさが伝わってきて優しさを感じました。

お嬢が恋人のように頭を私の肩に預けてきていいムードに。
いい感じになったのでアソコをそーっと触ります。お嬢が「あっ、んうん…」と声を漏らしながら感じていました。
これだけでは満足いかないので激しめのキスをしながら触ります。

まだこの段階でシャワーを浴びてなかったので移動してシャワーをあびます。
お嬢はコスプレと言うことで私1人だけシャワーをしたのですが、上がって1人すっぽんぽんだったのでもどかしい気持ちでお嬢に体を拭いてもらいました。

そしていよいよ本番を迎えます。オプションのコスプレをどう脱がすか悩んでいたのですが全部脱がすとオプションの意味がないのでめちゃめちゃ悩みました。
そんな苦労があったのですがブラジャーのホックを上手に外してスカートをまくると綺麗なお尻がお目見えに。想像を超える美尻さに興奮した私はスマタで激しくお嬢にイジイジされるとフィニッシュ。
一度冷静になってお嬢を見るとおっぱいが丸見えでお尻も丸見えでほぼ全裸だったのでかわいそうと思って服を全て脱がしてあげることに。

その後雑談で時間が過ぎ、空調の音が聞こえるほど静寂な時間が続きます。

この間もお嬢とイチャイチャしていたので私のアソコも再び元気になってきました!
そしてお嬢から2回戦の申し込みがあったので準備を整えて挑みます。

NSはできたのか⁉

2回戦目はNSで・・・と思い、交渉を試してみようと思いました。

体も冷えたのでお風呂に入ってもう一度体を洗ってもらい、念願の混浴を果たすとお嬢からイチャイチャしたいとの要望があって攻め立てます。
いつの間にかお嬢を抱いた体勢になると自然な流れからキスをします。
今回の課題点はいかにお嬢と触れ合っていられるかだったので、コスプレをオプションで付けたとは言え試行錯誤しながらお嬢の肌を存分に味わおうと頑張ります。

お嬢から攻めてもらい乳首やおへそ、アソコといい感じに舐めてくれて敏感になったアソコが余計に敏感になり、お汁がダラダラ出ちゃいました。

体勢を入れ替えて下から攻めちゃいます!
お嬢のアソコはビチョビチョになってきたので、さぁ!!っということで、
NSをこっそりしようかと思いましたが「着けてからね!^^」
とかわいい感じで言われてしまい、そのまま着用(笑)。

騎乗位、正常位、対面座位やらを存分に味わってお嬢の体も満喫していると私の体に限界が来て「イクぅ」と叫んで2度目のフィニッシュ〜!

ピンポーンと鳴るインターフォンに催促しつつお茶を飲んで体を洗ってもらい今日はおしまいです。キスでバイバイして部屋を出ました。

今回の総評
コスプレに期待し過ぎたので若干のガッカリ感があり、心の底から楽しめなかったです。
あんまり会話も続かなくてそこもマイナス点でした。
でも恋人のように接してくれたのでそこは満足でしたね!若干私に気を遣ってるのか攻めが甘かったような気もしますがそれもクセになったらたまらないのかなと思いました。
でもまた来たいと思ったのでこれはもう一度来ちゃいますね。