ハッピーメール 登録方法

ハッピーメールの登録方法をしっかりと解説します

〜この記事のまとめ〜
・ハッピーメールの登録方法を具体的に追っていく
・登録するときに電話番号を要求されるけど、本当に打っても大丈夫なのか?
・より幅広くアプリケーションを楽しむためにしておくべき、年齢確認の方法について

ハッピーメールの登録方法

はい、では早速ハッピーメールの登録方法を見てましょう。
ハッピーメールのwebの公式サイトにここからhttps://happymail.co.jp移動します。
そこから以下の手順で無料会員登録を行なってください。
1.プロフィール入力
居住地
年齢
ニックネーム
求めるお相手
電話番号
暗証番号
の、これら6つを入力する場面を難なく空欄を埋めてみてください。
電話番号については架空の番号を入力しても無駄なので、そこだけは注意しておきましょう。
誤入力がないよう、慎重に入力してください。

ログインする際は電話番号と暗証番号がわかりさえすれば良いので、このプロセスで入力した暗証番号は必ずどこかにメモするなどした方が良いかと。

2.ハッピーメールの会員登録を端末で認証する
認証方法には「SMS認証」と「自動音声認証」の二つがあります。
SMS認証ではつい先ほどに入力した電話番号宛にコード付きのショートメッセージが届きます。
自動音声認証を選択するとユーザーはハッピーメールが指定した電話番号に電話をかけるという仕組みです。
どちらでも無料会員登録はできるので、どちらでも良いと思いますよ。

3.登録完了したら「さっそくはじめる」
無事登録はすみましたか?

すまれた方、お疲れ様でした。これで登録は終了となります。
では、さっそくはじめるのボタンを押して、ハッピーメールの世界に飛び込んでみましょう!

安全性について

電話番号登録や年齢確認に安全性はあるのか

ハッピーメールにはJAPHICマークが付与されているので個人情報の保護についてはユーザー側から見たらなんの心配もありません。
ではJAPHICKマークとはいったいなんなのでしょうか。以下をお読みください。

 業種業態に関わらず、以下の認証基準に適合する、個人情報の適切な保護体制を構築、維持、運用等を行う事業者に対し、JAPHIC マークを付与します。
認証基準 :個人情報の保護に関する法律
個人情報の保護に関する法律についてのガイドライン
付与対象 : 日本国内に拠点を置く事業者
JAPHICマーク制度について https://japhic.or.jp/j_mark/

詰まるところ、
「全ての業種において、個人情報の保護をしっかり完備している企業にはその証明書として、JAPHICマークをあげますよ。」
という意味のJAPHICマークなのですね。

年齢確認の具体的な方法

では次に年齢確認の具体的な方法を見ていきましょう。
年齢確認は異性とメッセージのやりとりなど、コアな機能を使いこなすには必須のプロセスになるのでこの際にぜひやっておきたいところです。
また完了することでハッピーメール側からいくらかポイントをもらうことだってできるのです。

まずは公式サイトからログインをしてしまいましょう。画面右下にある『マイページ』をタップします。
そしたらマイページの中に『年齢確認』という項目があるので、そこから年齢確認画面に進みます。
書面orクレジットカード、どちらで年齢確認をするのかを選びましょう。
ちなみに年齢確認のために利用できる書類は以下の9つです

1.運転免許証
2.健康保険証
3.学生証
4.年金手帳
5.診察券
6.住民基本台帳カード
7.パスポート
8.卒業証書
9.マイナンバーカード

ハッピーメール側に提出する前には、必要な情報以外は隠しておくのも忘れずにしておきましょう。

提出してから5~10分だけの時間で年齢確認完了を知らせるメールやらが届くと思うので、確認してみてください。

まとめ

以上、「ハッピーメールの登録の方法をしっかりと解説。」でした。
いかがだったでしょうか?
安全性の観点から言いますと、ハッピーメールには少なくともあなたのLINEのIDやメアドといった個人情報の収集を狙っている悪質な業者などがいることも確認できています。
(ユーザーに不必要にポイント使用を促すサクラは優良出会い系のハッピーメールだけあり、いません。)
なので、私たちユーザーの個々人がモラルを持って行動していくこと、このことが何にもまさる安全性の確保に繋がるのではないでしょうか。

安全な出会いを楽しみましょうね。

〜〜ディスクリプション〜
ハッピーメール で出会い系デビューをしてみませんか?サクラ無しの安全性第一の超優良系出会い系サイトの無料登録方法から何やらまで全てを網羅しています。一見難しそうに見える年齢確認についても優しく解説。続きはこちらから。